ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エリック・シンセキ


ヨミ: エリックシンセキ
掲示板をミル!
6カキコ!

エリック・シンセキ将軍とは、元アメリカ陸軍大将・陸軍参謀総長。現退役軍人長官である。


概要


広島出身の祖をもつ日系三世の出自で、アメリカ陸軍士官学校(ウェストポイント)出身。
ベトナム戦争に参加(負傷経験あり)。その後、ヨーロッパ方面で勤務。順調に昇進を重ね、1999年、陸軍参謀総長に就任。このポストは統合参謀本部に属し、大統領軍事顧問の役を負う(よって、陸軍の揮系統のラインからは、はずれている)。

陸軍参謀総長に就任後、ストライカー戦闘団(SBCT)構想を提唱。これは、地域紛争などの事案に対して従来の緊急展開部隊、機甲部隊の中間に属するC-130戦術輸送機に搭載可な装輪装甲車ファミリーにより編成された戦略・戦術的機動に優れた部隊にもって対応するというアイデアだった。以後アメリカ陸軍はストライカー装甲車による戦闘団の編成を進めることになる。

2003年イラク戦争勃発時、湾岸戦争と同様に大規模兵員の動員を唱えたシンセ将軍と、ラムズフェル防長官との間で意見の対立が発生。ラムズフェル防長官は自らが唱えたトランスフォーメーションを行った軍編制であれば最小限の兵イラク陸軍を撃破することが可と唱え、従来通り大規模兵員の動員を行うことを提言したシンセ将軍と内部対立が発生する。
結果的に同年、任期満了という形で退役する形となったが、ブッシュ政権下での意見不一致などによる退職という形であるとも言われている。

イラク戦争ではアメリカ軍事技術によりイラク軍の揮系統を壊滅させ、期の政権打倒につながったものの、揮系統がなくなっただけで実体としての軍兵治安組織が地下に潜伏、あるいは諸外からの武装集団の導入を招き、内統治システム空白とともにアメリカ軍治安の回復のためにかなりの犠牲を払うことなった。
結果的にはシンセ将軍が唱えた大規模動員と同じだけの兵員をりイラク兵する羽になり、当初から大規模動員を唱えたシンセ将軍の見識が正しかったことが明らかになる。

退役後、第2次大戦の欧州戦線で勇名を馳せた第442連隊戦闘団(日系人部隊)などに参加した日系アメリカ人についての歴史教育を行うNPO"ゴー・フォー・ブローク"教育センターに勤めていたが、2008年オバマ政権下における退役軍人長官に任命された。


関連項目



最終更新日: 11/03/08 21:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ