ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エンジェル・ハート


ヨミ: エンジェルハート
掲示板をミル!
55カキコ!

エンジェル・ハートAngel Heart)とは、

  1. 北条司漫画。およびアニメドラマ作品。『シティーハンター』のパラレルワールド。本項で記述
  2. 腕時計香水の社名&ブランド名「エンジェルハート」(間に「・」が入らない)
  3. 曲:キッドP作詞残鏡P編曲:クリスタルPによる鏡音リンオリジナル曲動画記事参照

概要


北条司漫画作品の一つ。新潮社の『週刊コミックバンチ』にて2001年創刊号から2010年の雑誌休刊まで連載し、その後は「エンジェル・ハート 2ndシーズン」とタイトルを変え『コミックゼノン』にて2010年創刊号より2017年7月号まで連載し完結を迎える。なお「2ndシーズン」という表記は移籍の都合で付与されただけで、物語上は特に影がない。

2005年2006年には日本テレビ系列にてテレビアニメ版が放送。

2015年には同じく日本テレビ系列にて実写ドラマ版が放送。連続ドラマは北条作品でも初。(なお実写に限れば海外シティーハンター香港映画gうわなにをするやめr


あらすじ


台湾の闇社会でその名を馳せていたグラス・ハートこと香瑩は、暗殺者という立場から精的に追い詰められていき、日本で任務実行後に飛び降り自殺を図る。彼女心臓柵に貫かれたが、優秀な暗殺者の喪失を恐れたマフィア組織が、同じ時期に事故死しドナーに提供する予定だった槇村香心臓を強奪・移植したことで一命を取り留める。

しかし、香の心臓移植されたことで香瑩の心には大きな変化が訪れるのであった。


解説


家族テーマに、『シティーハンター』(以下CH)の世界の数年~十数年後を舞台としたパラレル作品キャラも設定を変えたり年齢を重ねてはいるものの、続けて登場する人物が多い。

連載前からパラレルワールドとの旨を告知されていたが、物語冒頭でいきなり香が死亡する(正確には死亡と判明する)展開はCHの続編のつもりで作品を読み始めた読者に衝撃を与えた。そのため続編・後日談ではなく、パラレルであることが再度周知された。

2ndシーズンからはシティーハンター表記が、なぜか間の長音記号を除いた「シティハンター」表記に変更されている。変更前であるアニメ放送では声優も明確に間の長音を発していたが、変更後の実写ドラマでは俳優の発音から字幕ホームページまでこの表記に統一された。作品としての『シティーハンター』と作中の設定を区別する意図があるのかもしれないが、詳しい理由は不明。


キャラクター



メイン


香瑩(シャンイン) コードネーム:グラス・ハート
アニメ川崎央(幼少時:金田朋子)、ドラマCD高山みなみ実写ドラマ:三吉
本作の主人公ヒロイン。元殺し屋で、正会の朱雀という暗殺部隊のエリート中のエリートだった。繊細な手口・警心の強さから、組織は畏怖と嫉妬交じりに臆病者・ガラス心臓という意味で「グラス・ハート」のコードネームを与える。
初期年齢は15歳だが、大人びた顔でスタイル抜群。1st終盤に19歳となった。
組織の命無表情に殺しを行っていたが、心が疲弊しビルの屋上から飛び降り自殺する。柵に心臓を貫かれたものの、組織が香のドナー用心臓を強奪・移植した事で一命をとりとめる。そのため胸の谷間に大きな手術跡があり、イラストでは彼女トレードマークとなっている。
当初は心臓(香)の記憶に悩まされていたが、獠と出会い香を受け入れ二人の義となる。香の心臓の影か、ド手を好む香の性格に近づいている(暗殺者としての性格と正反対)。さらに十八番の100tハンマーまで受け継いでおり、香と違っての腕もピカイチなことから正に「歩く爆弾」である。
殺し屋の習性から、を向けられたりすると反射的に撃ってしまう可性をんでいる。現在は心の中の香に抑えられているが、当初はそれでシティーハンター資格いと悩んでいた。後に獠に「かが抱き合っているのを見て泣けるお前は十分に資格ありだ」と言われ吹っ切れる。
初期は感情が薄く日本語もやや片言だったが、日本暮らしで次第に年相応の明るさを取り戻し言葉も流ちょうになる(片言描写は実写ドラマでは見られない)。
叔父の謙徳より台湾国家予算1年分に匹敵する遺産がある。ファルコンく「知られちゃいけない(獠)に知られたな」。
原作での称はアシャン。シャンちゃんの意)。本名は香瑩(リ・シャンイン)。養子だが冴羽姓を名乗る描写はない。香のの立木小百合のことは百合伯母さゆりイーマ)と呼ぶ。
マルチリンガルで、中国語以外にも日本語アニメドラマではモッチーのごまかしに対し流ちょうな韓国語などで問いかけた。
ドラマ版は最終話以外に100ハンマーを使わなかった(ハンマー自体は何度か登場している)。またアニメ版で「シャンイン↓」だった発音が、実写ドラマ版ではなぜか一本調子、あるいは「シャンイン↑」といった語尾上がりに変更されている。
冴羽獠(さえば りょう
アニメ:神谷明実写ドラマ上川隆也
本作におけるもう一人の主人公。詳細は個別記事を参照。 香瑩の意思と堅強の頼みから彼女を義にしており「獠」(りょうパーパ)と呼ばれている。
設定はCH当時と大差ないが、痛持ちや老眼など年齢を感じさせる描写がある。もっこりも相変わらずで、肺活量は同年代とべたら化け物並みらしい。の腕は衰えておらず、気配を消した玄武の気配を感じとれる数少ない人物。
実年齢描写は乏しいが、ドラマ放送時の上川50歳で冴子役高島同様やや高め。
余談だがウェブサイトでは環境依存文字の問題で「冴羽りょう」とされることが非常に多い。
槇村香(まきむら かおり)
アニメ:伊倉一恵実写ドラマ相武紗季
CHと違い名実共に獠の妻となったものの、本作開始時点で既に故人。享年28
結婚式直前ににひかれそうになった少年をかばって脳死に陥ったため、夫婦になったと知っているのはごく一部。その後ドナー提供用に摘出された彼女心臓マフィアに強奪され香瑩に使われるところから本作の物語が始まる。
CHと異なり職業看護師。このため獠とも患者として出会ったことになっている。またの腕はホントに悪い事になっている(CHでは獠がに細工していた)。
本作では死者だが、香瑩の殺しの習性を抑えたりなど何気に物語出張ってくる。香瑩と和解後は彼女から「香媽媽」(かおりマーマ)と呼ばれ、心臓は今も元気に動いている。
リュウシンホン)
アニメ:鈴木千尋実写ドラマ三浦
香瑩同様、組織の戦闘部隊員だった青年戦闘技術は香瑩と同等で、獠が狙撃した時も的確に狙撃ポイントへ向かっている。
幼い頃に香瑩とともに組織の訓練を受けたことで好意を抱いていたが、それが原因で最終試験に香瑩と戦わされ、首をられる。香瑩の意識な手加減により奇跡的に助かるものの、その後は正会の青龍に配属されていた。
反逆者()の命で堅強(の影武者である・謙徳)を狙撃してしまうが、これは組織内の相関や狙撃の正体に気づいていなかったせいで、のちにに反発して組織を離脱する。その後、堅強により『青龍』は「射殺」され、『ただの愛しい者を守りたい』としてキャッツアイで住み込みバイトしている。
ドラマ版では割とくに組織を脱走しキャッツアイに来る。ミキからは扱い。
ファルコン
アニメ:玄田哲章実写ドラマブラザートム
CHでは伊集院隼人という日本人だったが、本作ではファルコンという名の海坊主という称や貌、猫アレルギーなどの設定は両作品共通。
獠の同僚の傭兵だったが、彼を助ける時に失明し引退現在キャッツアイ店長をする。
失明で引退したのに腕は衰えておらず、獠同様気配を消した玄武の気配を感じ取っている。
後にストリートチルドレンのミキを引き取る事になる。
野上冴子(のがみ さえこ
アニメ:麻上洋子実写ドラマ高島礼子(特別出演)
新宿西警察所の署長(CH時は刑事で階級は警部補だった)。本作では死んだ香同様、香瑩の生きた替わりのような立場である。
アラサー(8巻時点で39歳)の独身で、年齢や生年日は聞くとブチ切れるため禁句。
本来は獠たちを捕まえる立場だが、利関係によるものなのか黙認している(ちなみに獠たちの罪状は殺人銃刀法違反・公務執行妨害など即刻で死刑になるレベル)。
ドラマでは放送時の高島51歳で、獠役の上川同様、原作設定よりやや高め。
ミキ
アニメ:小山茉美実写ドラマ渡邉このみ
CHの美に当たるキャラアニメ声優も同じだが、設定は大きく異なる。
国王ストリートチルドレンで、紆余曲折の末ファルコンに引き取られるも、最初は元々いた場所に帰ってしまっていた。しかし香との対話を得てキャッツアイに帰るようになる。
ファルコンと一緒にいるため多少の荒事に対し耐性がついてしまった(流石に深夜バズーカマシンガンを使う時にはファルコンが対策と称しヘッドホンを装着させている)。
ドラマ版でもアニメ版とほぼ同じ設定だが、国王という描写はない。
陳(チン)
アニメ:矢田耕司
会の大ボス直属である隠密部隊「玄武」の指揮官にして大ボスの信頼厚き従長。
反逆を企てた青龍部隊を殲滅した後はキャッツアイの傍に玄武門という中華料理店を開き、香瑩を見守っている。店のメニューは自ら調理していて、味はかなりの評判。
堅強(リ・ジィエンチャン
アニメ:有本欽隆野島裕史青年期)、ドラマCD掛川裕彦ドラマ
会の正頭(大ボス香瑩の実。部下からは「大人」(リ・タイジン)と呼ばれる。
数年前に部下の反逆で妻子が事故にあい妻は死亡。子(香瑩)の遺体が発見されず、最近になり生存朱雀にいると気づいたはいいが、ほぼ同時期に香瑩は自殺してしまう。
香瑩の心臓移植示した本人だが、そもそも獠とは昔から付き合いがあり、香の心臓を奪ったのも本意ではなく偶然だった。後に謝罪。獠はそれに対し恨んではいない様子。
をこのに入れさせてしまった罪悪感から親と名乗るまいと心に決め、獠に父親代わりになってもらったり、彼女の名を名乗るなど一定の距離をおいている。しかし2ndシーズン終盤ではその正体もに知られることになる。
相当な親バカで、香瑩がしているという情報が入った時には極秘来日するほど。一度獠の差しで正体を隠し、香瑩とを歩いたこともある(案内した場所は少々問題ありだが)。
彼が実だと知ってるのは獠、ファルコン、陳、信、ドクくらい(冴子は不明)。実を撃ったのが信だと知っているが、事情もあって恨むような描写は見られない。
ドラマでは、地位名が正頭ではなく会長(組織トップ設定は変わらず)。獠とは面識設定すらなくなり双子もいないなど、ほぼ悪役黒幕的立場に変更された。
芳玉(ヤン・ファンユイ
アニメ緒方恵美
眼帯をした隻眼姉御肌で、獠の傭兵時代の仲間快な性格かつ
獠を運命の人と決めていたが、獠にその気がないこともあり断念し、代わりに自分の誕生日である12月25日に祝いのメールを送らせる約束をしたが…。香や冴子とは知り合いで敵。
アニメには出るが、実写ドラマではそこまで話が進まないため登場しない。
カメレオン
原作のみ登場する、香瑩を執拗に狙う殺し屋カメレオンという通り名の通り男か女か不明。
「香瑩を殺せば香瑩と香を二人殺せる」という発言をした為、獠とファルコンという、軍隊を壊滅させられるといわれる二人を全に敵に回してしまい殺されかけるも、ミキにより命拾いする。

サブ



次へ»
最終更新日: 17/05/23 02:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ