ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エンター


ヨミ: エンター
掲示板をミル!
64カキコ!
  1. エンター(enter)とは、英語で入るの意。
  2. コンピューターの鍵盤にあるエンターキーの事。確定や文章の改行に使われる。「カチャカチャカチャカチャ、ターン」の「ターン」である。リターンキーとも。厳密にはエンターキーリターンキーは別物で、Macintoshでは両方あり使い分けられている。また一般庭にパソコンが普及を初めて初期は、リターンキーと呼ばれる事が多かった。
  3. 特命戦隊ゴーバスターズの登場人物。名前は2に由来する。
  4. エンター(生放送主)

本稿では3について記述する。


概要


エンターとは、特命戦隊ゴーバスターズの登場人物である。

演:陳内

ゴーバスターズの敵組織であるヴァグラスの幹部で第1話から登場。
首領のメサイア現実世界に戻すと言う的の為にエネトロンを狙い人間界で暗躍、活動している。
フランス語を織り交ぜる特徴的な口調で喋り、メサイアマジェスティと呼んでいる。
人間界で活動している姿はアバターであり、破壊されても亜空間に存在する本体が事ならば時に新たなアバターとして復活出来る。テレビ朝日公式サイトではメサイアアバター的存在と言う記述があり、それに準じるのならばメサイアが本体と言う事になる。

終盤で全な人間してからはそれまでより格段に感情表現が豊かになり、データの残骸から作り上げた従順なエスケイプに苛立つなど人間味の強さが立っている。

第18話時点ではヴァグラスに他の幹部は確認されず、エネトロン入手の為に動いているのはエンター1人である(但しメサイアに取り込まれた転送研究センターの研究員が創造する者達としてメガゾードの設計や開発を行っている)。後にメサイアが新たにエスケイプ作り上げた。
本作ではエンターが1人で作戦の立案から怪人の製造、前線での作戦揮に潜入工作まで多岐に渡る任務を担当している。シリーズの歴代敵幹部でも屈の働き屋である。一家に一台ならぬ一組織に一人欲しい人材であろう。
普段はメタロイドに命を下しているが本人の戦闘力は非常に高く、一人でゴーバスターズと互以上に渡り合え、パソコンを操作したまま相手の方も見ずに片手でレッドバスターをあしらう事が出来る。戦闘の際には手の触手の様に伸ばして攻撃する他、ブレードを用いての兵戦も披露する。
メガゾードεメガゾードΩに乗り込んでゴーバスターズメガゾードと戦う事もあるが、生身での戦闘べてこちらの戦績は芳しくない。
ゴーバスターズとの接触が始まったかなりい段階で、エネトロンを貯めて大量のメタロイドメガゾードを用意して一気に攻める物量作戦を提案するなど長期的な視野の持ちである。戦の逐次投入と各個撃破が持つ問題に切り込んだ稀有な存在である。
また情報分析にも長け、あらゆる面で優秀な幹部である。エンターが優れている左として、ゴーバスターズの打倒には到っていないものの作戦的は達成している事が多い事が挙げられる。
自ら潜入工作を行うのだがその際にはその場に合わせた衣装を着る、言わばコスプレをするのも特徴である。戦隊シリーズでは女戦士の七変化が多いが、本作では他のよりもエンターが頻繁に行っている。
時には人間と取り引きを行う事もあり、人間の方から一方的契約を破棄し殴りかかって来られても儀に報酬を支払う一面も見せる。

自身は有能なのだが、一時の快楽を優先するメサイア作戦を却下される事が少なくない。メサイアとの通信後に密かに溜め息を吐く。理不尽な要と叱責に耐えながら健気に成果を挙げている。本人はメサイア自由に育てるのが楽しみとる。
どうやらメタロイドの知にも不満がある様で、もう少し利口であればとぼやき、メタロイドの短慮な行動に頭を悩ませている。
メサイアが新たなアバターとしてエスケイプを生み出し、彼女の奔放な振る舞いに悩みの種は増える一方。
それらの事から無能上司と部下に挟まれた苦労人の印が強い。

30話でレッドバスターに敗れメサイア本体が破壊された後も生存しており、メサイアバックアップデータから13枚のメサイアカードを作り出している。第33話で人間データを集めてメサイアを成長させるためにカードをばら撒いた。また、自らもメサイアカードを取り込んでおり、エスケイプを従わせることが可となった。
40話では強化形態であるエンター・ユナイトの姿を初披露した。首周りの形状やゴーグルなどに強化前の面影が残っており、パワード化したゴーバスターズとも互戦闘力を発揮できるようになった。

視聴者からは何れメサイアに反旗を翻し下克上を果たすのではと予感されていたが、案の定第44話でメサイア全に消滅したのを機に今度は自分が「新たなメサイア」としてヴァグラスの支配者となり、人間えた全な存在になろうと独自の行動を開始。さらにヒロムに自分のバックアップとなるメサイアカードの一つを埋め込む事でヒロムが生きている限り限の再生と進化を続けるメサイア以上の脅威と化した。

ヒロムに埋め込んだバックアップカードが多くのデータを収集した事で、レッドバスターを基本にアレンジした様なスーツダークバスターへの変身が可となった。
ヒロムのデータを持っている事でレッドバスターと似た戦い方、戦法を取る様になり、本物に優るとも劣らない高速移動やボルカニックアタックを見せ付けた。また本人のみならずヒロムが見て知っているデータも得ており、イエローバスターの跳躍やブルーバスター怪力と言った他の戦士も習得している。

エネトロンタンクをへと変異させ全人類を吸収する行動に出たがゴーバスターズにより亜空間へと連れ込まれる。
マサト作戦によりヒロムの中にあったバックアップカードが破壊され、その後の戦闘ゴーバスターズ敗北全に消滅した。


各種データ



輝かしい作戦成功実績


ゴーバスターズと交戦する傍らでエンターが見事に成功させた作戦

話数 作戦内容
Mission4 大量のエネトロンを手に入れる。
Mission6 エネルギー管理局・特命部の基地第7格納庫に潜入している。相手のシステムを利用し自爆を誘発、鹵獲されたメガゾードの奪還も行った。
Mission8 カズヤと取り引きを行い新メガゾードの設計図を入手。
Mission10 メガゾードの開発に必要なデルタニウム39を手に入れ、事に亜空間転送
Mission12 メガゾードのカメラアイに使う稀少なクリスタルを入手。
Mission16 亜空間からエネトロンが漏れている事を知り、その原因がマサトであった事を探り当て、またマサトの本体が亜空間にあり人間界に出現しているのが自分と同じアバターである事を突き止める。
Mission24 ワタアメロイドに夏祭り開場を襲わせ、エネトロンの奪取と人々を苦しませる二つの的を達してみせる。
Mission28 Mission27でブルーバスターに妨され失敗したと思われていたメサイアパワーアップが実は成功していた事が判明した。更にスプレーロイドによる陽動作戦ゴーバスターズを引き付けておき、密かにマサトエネトロンを全て奪いメサイアパワーアップに使用している。
Mission42 メガゾードロイド人間の弱さとその弱さから立ち上がる強さのデータを集めさせてメサイアの成長を促し、メガゾードζを誕生させた。

マジェスティの厳しいお言葉


エンターが具申するもメサイアに受け入れられなかった作戦

話数 作戦内容
Mission3 時間をかけてメタロイド5,6体分のエネトロンを貯め一気にゴーバスターズを殲滅する作戦を提案するが却下される。戦いは数だよ兄貴!
Mission7 エネトロンを貯めて複数体のメガゾードを用意してゴーバスターオーを破壊する作戦を提案するが、堪え性がメサイアが了承するい。

華麗なる七変化


 戦隊シリーズでは女戦士の嗜みとしてお染み七変化

話数 コスチューム
Mission1 作業
Mission2 工事現場の作業 
Mission3 医者 
Mission8 警備員、ホームセンター店員
Mission13 パンダの着包み、音楽隊の帽子を被りチューバを吹く
Mission15 さんエプロン 
Mission17 タキシード
Mission21 スポーツジムの従業員
Mission24 浴衣姿
Mission26 学校教師
Mission27 白衣の研究者
Mission43 サンタ装束

関連商品


■azB007TMNGOO


関連項目



最終更新日: 13/02/10 08:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ