ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


エヴァンゲリオン


ヨミ: エヴァンゲリオン
掲示板をミル!
213カキコ!

エヴァンゲリオンとは、アニメ新世紀エヴァンゲリオン』の略称、またはそのアニメに出てくる汎用人決戦兵器の名称である。

 本項では後者について説明する。アニメについては→『新世紀エヴァンゲリオン』を参照。


概要(人型決戦兵器について)


汎用人型決戦兵器 EVANGELION 初号機

エヴァンゲリオンとは、アニメ新世紀エヴァンゲリオン』で対使徒兵器として開発された巨大な人造人間である。

そのためアニメ作中では「人造人間エヴァンゲリオン」と呼称されることもある。

…しかしアニメ新世紀エヴァンゲリオン」を見たことがない人にとっては、100人中ほぼ100人がエヴァンゲリオンをロボットと思っているので知らない人はロボットと思っていてもいいだろう。
日常生活ではエヴァンゲリオンはロボットと覚えていても何ら支障はいはずだ。(たぶん)

実はエヴァンゲリオンはアニメ作中でもロボットのような人造人間のようななんだかよく分からない存在として扱われているので視聴者もハッキリとは分からない。 人造人間とは言っても巨大であり、主人公たちが乗り込むことによって操縦することができる決戦兵器である。

アニメ機動戦士ガンダム」などを知っている人からするとますますロボットのようにしか思えない。
しかし、明確な違いがあるとすればエヴァンゲリオンの方は人造人間なので「生きている」ことである。
エヴァンゲリオンは巨大な生きた人間であり、それに搭乗者であるパイロット神経同期させて操縦するという画期的な設定を持つ。

略称は「EVA」。
主人公たちは「エバー」と語尾を伸ばして発音することが多い。(例:エバーを操縦する。)
しかし、文章でとしてカタカナ表記する際は「エヴァ」または「エヴァンゲリオン」と書くのが公式設定になっている。
なお「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に登場する機体も「ヱヴァ」ではなく「エヴァ」と呼称する。

 エヴァンゲリオンの元となった言葉は「EVANGELION」というギリシャ語由来の単である。これはキリスト教の間では「福音(良い知らせ)」という意味の言葉であり、生して「キリスト教のもたらす救いや幸い」の意味などでも使われている単である。


作中におけるエヴァンゲリオンの設定


エヴァンゲリオンは国連直属組織ネルフという組織が極秘裏に開発した決戦兵器

人類を襲う「使徒」と呼ばれる巨大生物と戦うために作られたのが建前上の理由。(エヴァンゲリオンが作られた本当の理由はが多い)
これに人が乗り込むことによって敵と戦うことができる。

コックピットはエントリープラグと呼ばれる。機体とパイロットインターフェイスヘッドセットを介して神経接続する操縦システムを採用している(一部、手動操作あり)。そのため、基本的には各機の専属操縦者である14歳子供しか動かせない。

稼動状況はパイロットEVAの「シンクロ率」で表される。 神経接続する操縦システムなので、パイロットが「動け!」と思ったら動くし「走れ!」と思ったら走る。
しかし、最大の欠点はエヴァンゲリオンが攻撃を受けるとパイロットまで痛みを感じる。
アニメ作中ではエヴァンゲリオンが腕をもぎ取られたり、頭をもぎ取られたりしているが、その都度パイロット痛を味わっている。そのせいか主人公パイロットは何度か脱走して「もう乗りたくない」と言っている。

普段はアンビリカルケーブルと呼ばれる電ケーブル付きで活動する。アンビリカルケーブルが断線すると内蔵電に切り替わるが、活動限界がある(最大5分)。 標準装備されている武器はプログレッシブナイフオプションライフルなど。たまに暴走して手がつけられなくなる。

防御手段は1万2000枚の特殊装甲(アスカ談)とA.T.フィールド(という名のバリア)。だがA.T.フィールドで攻撃もできたりする。 お互いのA.T.フィールドで傷つけあうのはやめようね、ホント。


各機紹介



アニメ版および旧劇場版


その他の機体

4号機は消滅。

新劇場版

その他のエヴァ

4号機は消滅。

Qで登場する機体(※ネタバレのため見づらくしています)


関連立体



関連商品


■azB000QUEHTO
■azB000RE4UJ6
■azB0029NZTMK
■azB000BFJYRY

■azB000HK199O
■azB0029NZTMU
■azB000OKNKMG


関連項目



最終更新日: 17/02/26 14:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ