ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク


ヨミ: オットーフォンブラウンシュヴァイク
掲示板をミル!
88カキコ!

オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク(Otto von Braunschweig)とは、小説およびOVA銀河英雄伝説」の登場人物。担当声優小林修


略歴


ゴールデンバウム王末期貴族公爵ブラウンシュヴァイク最後の当

ブラウンシュヴァイクは第35皇帝オトフリート5世の治世に起きた跡争いの際、のちの第36代皇帝となるフリードリヒ4世を支持。オットーは彼のを娶り、同じく外戚となったウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世と並んで貴族社会での地位を確立。その過程で政敵であったクロプシュトック侯らを中央政界から排除し、ラインハルト台頭前後にはリッテンハイを除きその門と係累は類ないほどの権勢を誇った。


リップシュタット戦役


帝国487年。フリードリヒ4世が崩御すると自身のであるエリザベートを位につけようと画策するが失敗。侯爵務尚書クラウス・フォン・リヒテンラーデ侯爵元帥ラインハルト・フォン・ローエングラムにより、フリードリヒ4世の内孫であったエルウィン・ヨーゼフ2世が即位する。不満を抱いたオットーはリッテンハイム侯を中心に不貴族たちを糾合。リップシュタット貴族連合と称する反ローエンラム・リヒテンラーデ同盟を結成した。帝国488年4月、部下の暴走と言う形で全面戦争へと突入する。

ラインハルトらに首都オーディンを抑えられ出鼻こそくじかれるが、ガイエスブルク要塞への退避に成功。最終的に正規兵・私兵あわせて2,560万人もの兵を動員することとなる。また、門閥貴族の大多数とメルカッツ上級大将オフレッサー上級大将シュターデン中将ファーレンハイト中将帝国の名だたる名将を擁し、のちにラインハルトの岳となるマリーンドルフ伯さえ参加を考えるほどの正当性・兵を有した。しかし、に関係なく現場指揮官貴族を配置したこと、本来政敵同士であるオットーとリッテンハイム侯との溝、さらに盟であるオットーの狭量な将器とメルカッツを中心に当初から揮統制を危ぶむもあった。

この不安は的中し緒戦のアルテナ域会戦レンテンベルク要塞戦で惨敗、オフレッサーシュターデンの両将は捕虜になってしまう。また、自領をラインハルト旗下のキルヒアイスに制圧されたリッテンハイム侯はオットーらの篭策に反発。50,000隻の艦艇を率いてガイエスブルク要塞を出撃し、キルヒアイス艦隊とキフォイザー決戦を挑むと言う独断行動を取る。結果はこちらも惨敗、リッテンハイム侯は退避したガルミッシュ要塞で味方兵士に殺される醜態までさらし開戦からわずか3かで半数近くの兵を喪失する。

戦場はその後ガイエスブルク周辺へと移行。メルカッツの活躍もありいくばくかの局地的な勝利を得ることにも成功するが、逆に貴族らの増長を招き軍規は弛緩。メルカッツの統制が及ばなくなったところでにかけられ機動戦の大半を失うと言う事態に陥り、事実ガイエスブルク要塞は孤立化したのである。


敗北と死


これら相次ぐ敗北軍事費調達を的とした重税に民たちも反乱を画策。ブラウンシュヴァイクの自領であったヴェスターラントでは暴徒オットーの甥であったシャイド男爵を殺し制圧するという事件が発生する。激怒したオットーは熱核兵器による報復を示し、200万人もの領民虐殺。この一連の事件により民心は全に貴族連合から離れ、他の大多数の貴族でさえオットーらを見限ることにつながる。

自暴自棄になったオットーは最期の戦を結集し、艦隊決戦を決意。帝国488年8月、最期の戦いが行われる。当初は決死の覚悟で臨む貴族たちの士気の高さもあり互にわたり合うも戦の差は埋められず、時を置かずして総崩れとなり敗北は決定的となる。日頃の虐待から味方兵士も彼ら貴族に反旗を翻し、凄惨なリンチの末に大部分の艦は降伏した。

混乱の中でオットー臣であったアンスバッハ准将に「を差し出しラインハルト位を後見する」ことを条件とした講和について諮問。可性が皆無であることを諭され、逆に自決を強制された。死の直前、ラインハルトの暗殺をアンスバッハに懇願したことがのちにラインハルトにとって大きな災いをもたらすこととなる。


 評価


選民意識がを着て歩いていると評されるがごとく傲慢かつ狭量な人物。無能な人物には容赦がない銀河英雄伝説でもその描写と結末は凄惨であり、読者人気も当然ながら良くない。加えて、彼が率いた門閥貴族連合は兵士への虐待領民虐殺無能反動と言った作中でも屈の、ある意味地球教以上のブラックであり、帝国内の公式文章では「賊軍」と称されているように当時からローエンラム成立以後の歴史観に至るまで評価は芳しくないことがうかがえる。

ただし、機を見てフリードリヒ4世を擁立した点(もっとも、年齢的にオットーの前の当導した可性もあるが)や政敵の追い落とし、寄り合い所帯ながら不貴族の糾合には成功しており貴族としてはそれなりのがあったと思わせる事跡も存在する。これらを受けてか、臣でありのちにラインハルトの部下となるシュトライト准将は「決して暗愚ではない」と評している。

時代的背景として、戦乱が始まるまでは決して当時の貴族たちの均的思考・倫理観を脱する訳ではない点には留意する必要があるだろう。脅迫されて軍事部門の責任者とされたメルカッツは「精面の病気であり時代の被害者」「100年前ならあれで通じた」と憐れみをもって接していた節もある。この辺は他の悪役たちとも共通する真理銀英伝を通してられる「それぞれの正義」の一種であると言えよう。

また、救いとは言い難いものの、ヴェスターラントの虐殺を政略上の理由で止めなかったラインハルトを憎み弑逆を図った当地の出身者は「ブラウンシュヴァイク残な敗北によりその罪を贖ったのに、ラインハルトは償うどころか虐殺を忘れた大衆に持てはやされている」と心情を吐露しており、キルヒアイスも含め、少なからずその行動がラインハルトの権勢に陰りを与えたことも事実である。


係累・家臣


臣とされている人物は准将・佐官であることが特徴。意外と副官として有能な人物も多く、彼らを使いこなせなかったことが敗北につながる。なお、ファーレンハイト臣ではなくあくまで盟友の一人である。


関連動画



■sm6843743[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/01/18 21:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ