ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オトフリート5世


ヨミ: オトフリートゴセイ
掲示板をミル!
9カキコ!

オトフリート5世とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。


概要


ゴールデンバウム朝銀河帝国35皇帝(在位?~R.C.456)。フリードリヒ4世

帝国が誇るドケチの塊で、とにかく庫にを貯めこんだ。
を集めたがるという点ではジギスムント2世痴愚に似た傾向だが、オトフリート5世の場合はそのを自身のためにすら使う気がなかった点で痴愚はるかに優る。おかげさまで、国家予算の赤字はまったく解消されたという。


経歴


オトフリート位についた時、おりから同盟との戦争化していたこともあり、国家財政は赤字の一方であった。そんな中で皇帝オトフリート5世となった彼は、専制政治的な果断さをもって極端なまでの緊縮財政を実施する。とはいえ、これらの緊縮財政・庫貯蓄は、皇帝として必要に迫られての政策というよりはほとんど彼の趣味であったらしい。

彼は共事業などの費はもちろんのこと、宮廷費に至るまで削りに削った。このため、放蕩息子であった次男フリードリヒなどは遊費の工面に困って場の亭ロイヤル土下座する羽なるほどであった。

帝国452年、オトフリート5世は帝国と同盟を繋ぐ回廊に、壮大な宇宙要塞を建設しようと思い立った。イゼルローン要塞である。しまり屋の彼にはしく多額の出費を必要とする事業であったが、おそらく同盟方向に軍事拠点を置くことによる軍事費の削減を期待したものではないかと思われる。そして彼は、建設責任者として軍事土木と補給に優れた伯爵セバスティアン・フォン・リューデリッツ名した。

かしこの建設事業は、庫に予想以上の出費を強いることとなる。後悔したオトフリートは途中で幾度も建設中止を考えたが結局イゼルローン要塞の建設事業は続き、足掛け5年、オトフリート5世が崩御する帝国456年になってようやく工した。建設責任者リューデリッツはこの出費の責任を取る形で自殺を余儀なくされており、せっかく貯めこんだをやたらと使わされたことにオトフリート激おこだったことがえる。


世継ぎ


彼には三人の息子がいた。長男はリヒャルト、次男は先ほど触れたフリードリヒ、そして三男クレメンツ。
このうち次男フリードリヒは前述の放蕩ぶりによってほとんど勘当されており、次代の位は皇太子である長男リヒャルトと三男クレメンツとの間で争われることとなった。

彼らとその閥どうしの抗争は次第にエスカレートしていき、帝国452年、ついに皇太子リヒャルトがクレメンツの陰謀によって弑逆未遂の濡れ衣を着せられ、自死を命ぜられることとなる。しかしこうして得たクレメンツ皇太子下も長くは続かず、同455年、リヒャルトを陥れた陰謀がついににバレてしまう。クレメンツは亡命を図ったが、「偶然の事故」という怪しい理由によって命を落とした。

その結果、残ったのは放蕩息子フリードリヒしかいなくなった。
帝国456年、オトフリート5世は心臓病に倒れ崩御し、位は勘当息子フリードリヒに受け継がれることとなった。新となったフリードリヒ4世は以前ロイヤル土下座した場のツケを20倍にして返し、さらにへのあてつけのように土木事業のような浪費を乱発していくこととなるが、その浪費は幸いにしての立て直した庫を崩壊させる程にはならずに済んだ。もっともこれは、庫を心配しての自重ではなく、単にフリードリヒがただの凡人に過ぎなかった、という程度の理由であろうが。


子孫


第38代カザリン・ケートヘンの先祖であるとされる「先々ルードヴィヒ3世」という皇帝に当たるのが彼オトフリート5世である。このため、OVA台詞では「先々オトフリート5世」に直されている。

この場合の続柄は、オトフリート5世の第三皇女息子ユルゲン・オファー・フォン・ペクニッツ子爵とボーデンドルフ伯爵夫人の姪との間の、ないしはオトフリート5世の第三皇女とボーデンドルフ伯爵夫人の兄弟との間のとユルゲン・オファー・フォン・ペクニッツ子爵との間のということになる。


関連動画



関連項目



最終更新日: 16/04/21 01:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ