ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オヤシロ様


ヨミ: オヤシロサマ
掲示板をミル!
10カキコ!

もしかして


概要


オヤシロ様とは、雛見沢村において信仰されるである。

かつて、雛見沢村は『ヶ淵村』と呼ばれ、周辺の村落から恐れられていた。
村のであるヶ淵沼は地獄と繋がっており、そこから人喰いが現われて人間を襲うと言われていた為である。

しかし、そこにオヤシロ様と呼ばれる存在が現われ、人類とを和解、共棲させた。
以降、オヤシロ様はとして奉られ、古手が宮を務める古手神社として信仰される事になった。

慈悲深いとされる一方、オヤシロ様は村に対して祟りを起こす事があるとも言われており、
村民たちはオヤシロ様の怒りを鎮めるべく、ヶ淵に生贄として生きた人間の臓器をげる事もあった。
もちろん、現代では生贄をげる事はくなったものの、その様子を再現した綿流しが毎年六月に開催されている。

現代でもオヤシロ様は多くの雛見沢村民に信仰され続けている。
古手最後の血縁である古手梨花は、オヤシロ様の生まれ変わりとして村人たちから敬されているほか、
竜宮レナはオヤシロ様のを聞いた事があり、その事からオヤシロ様に対して強い執着を抱いている。
昭和五十年代に、雛見沢近郊で発生した連続怪死事件も、オヤシロ様の祟りであると噂されている。

また、雛見沢村に引っ越してきた後に連続怪死事件の存在を知った少年前原圭一は、
連続怪死事件に関わっていく中で、には見えない何者かの気配と足音に苦しめられていく事になり、
雛見沢そのものをも滅亡させた雛見沢大災害の、数少ない生存者ともなった。

しかし、オヤシロ様の正体はもが想像もしていなかったであろう、衝撃的なものであった。


関連項目



最終更新日: 13/08/22 22:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ