ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オーストリア


ヨミ: オーストリア
掲示板をミル!
156カキコ!
基本データ
正式名称 オーストリア共和国
Republik Österreich
国旗
国歌 山岳の国、大河の国[動]
エーデルワイス
ツバメ
公用語 ドイツ語
首都 ウィーン(Wien)
面積 83,870k世界112位)
人口 882万人(世界96位)
通貨 ユーロEUR, €)

オーストリアとは、中央ヨーロッパ中欧)に位置するである。正式名称は「オーストリア共和国」(ドイツ語Republik Österreich英語Republic of Austria)。

概要

人口は約882万人。民の多くは、ドイツ語(ただし方言色が強い)をとするゲルマン系が占める。首都ウィーン

ドイツ語とする者が多数を占めているという意味では広義の「ドイツ」の一部であるが、歴史的経緯からドイツ連邦共和国とは別の独立国家となっている。文化的に「ドイツ的なもの」と「オーストリア的なもの」とを峻別することは困難である。

現在のオーストリア領の中核はハプスブルク1278年から統治してきた「オーストリア(大)領」である。元々は神聖ローマ帝国皇帝に従う諸侯の一人に過ぎなかったが、1438年以降はハプスブルクの当神聖ローマ皇帝位をほぼ独占するようになった。1804年、ナポレオンの台頭で神聖ローマ帝国が滅びると、ハプスブルクはオーストリア大公領を中核とする自己の領土を「オーストリア帝国」として再編成し、その皇帝位を世襲するようになった。現在のオーストリア領は1918年までハプスブルクの統治下にあったため、オーストリアというとハプスブルクの印が強い。

現在のオーストリアはには接していないが、ドイツ以外にも、チェコスロバキアハンガリースロベニアイタリアスイスおよびリヒテンシュタインと領土が接している。

1995年以降は欧州連合(EU)加盟となり、を越えるのが容易になった。

ドナウ川

オーストリアの土の東西を横切る形で河川のドナウが流れている。

ローマ帝国時代はドナウで、ドナウの北が異民族の地、ドナウの南がローマ帝国だった。
ローマ帝国の領土[外部]ドナウ川の流域[外部]を見べてみると見事に一致する。
ローマ帝国北方民族に対抗するためドナウ沿いに砦を築いたが、これがウィーンの起となった。

このドナウで西はドイツバイエルン州、東はハンガリーとつながっている。
ウィーンを根拠地としたハプスブルグはドナウに沿って軍を派遣して勢を伸ばし、人を集めた。
このドナウがあったからオーストリアは第一次世界大戦以前まで大帝国を築くことができた。

歴史上3回、最前線の国になった

オーストリアは歴史上3回、異民族・異宗教・異思想のと対峙する最前線の地域だったことがある。

1回は先述の通り、北のゲルマン民族と南のローマ帝国界線だった時期。

2回は、16世紀から17世紀まで東のオスマン帝国を接していた時期。
オスマン帝国は勢い盛んで、オーストリアの東隣のハンガリーまで併合していた。
1529年と1683年にオスマン帝国軍が首都ウィーンを包囲している。ウィーンはドナウ沿いなので、
西からを通って軍需物資が運び込まれ、頑強に抵抗することができ、ウィーン陥落は免れた。
オスマン帝国イスラム教なので、欧州キリスト教オスマンの脅威に震え上がった。

3回は、1955年から1989年まで共産圏とを接していた時期。
北のチェコ、東のスロバキアハンガリー、南のスロベニアがすべて共産圏で、警備は厳重だった。
オーストリアは全土を英ソの4分割統治、首都ウィーンソの4分割統治されていて、
このままならドイツのように分断国家になるところだったが巧みな政治交渉で回避、
永世中立国になるから分割せずまるごと独立させてくれ」とソ連に訴えてこれが了承された。
1955年以降は永世中立国として独立した。永世中立国というと聞こえは良いが、実際は国際政治の場に
おいて西側諸にも東側諸にも相手にされず、ひとりぼっちになることを意味する。
資本主義営の一員ではあるが米軍基地駐留が許されない心細い環境の中、共産圏と対峙し続けた。


2回と3回はどちらもオーストリアが含まれる営が最後に勝利を収めている。
オーストリアには勝利女神が住んでいるのだろうか・・・

音楽

オーストリアの首都ウィーンヨーロッパを席巻した名門ハプスブルグのお膝元としての期間が長い。
ハプスブルグ音楽家を盛んに招いて保護する伝統があり、ウィーン音楽の都として栄えていった。

ウィーンは、古くから数々の音楽家を輩出してきた。また、オーストリア圏以外の作曲ウィーン
暮らすことも多く、クラシック音楽世界において、ウィーンは重要な存在である。
世界でも有数のオーケストラウィーン・フィルハーモニーがある場所で知られる。

詳しくはウィーンの個別記事を参照のこと。

民族衣装

男性向けの伝統的な民族衣装は、肩紐と半ズボンから構成されるレーダーホーゼン。革製で茶色い[外部]
もともとはアルプス山脈の農家の作業だった。皮は、布よりも強く、重労働に適していて汚れに強い。

女性向けの伝統的な民族衣装は、ディアンドル。(ニコニコ大百科の個別記事あり→ディアンドル
もともとはアルプス山脈の農家女性が着ていた労働着である。農村からウィーンへ出稼ぎに来た女性
これを着ていて、それを見たウィーン貴族たちの間でも流行していった。
オーストリアの隣バイエルン州ミュンヘンで行われるオクトーバーフェストビール盛り)で、
ディアンドルを着たウェイトレス1リットルジョッキを何本も持ってくる[外部]のが恒例の風景である。

レーダーホーゼンとディアンドルはオーストリア固有の民族衣装ではなく、ドイツバイエルン州
イタリア・チロル地方といったアルプス山脈沿いのドイツ人が多い地域共通の民族衣装である。

オーストリアの料理

寒いので野菜果物が豊富にとれない。牛肉豚肉鶏肉、ドナウで獲れるジャガイモが多い。

ドイツチェコと同じようにビールの生産が盛んであるが、ぎりぎりブドウの栽培ができる土地柄のため
ワインの醸造も行われている。

ウィーンの宮廷に集う上流階級が食したお菓子もおいしい。ザッハトルテというチョコケーキが有名。

コーヒーも盛んに飲まれていて、首都ウィーンにはカフェが多い。

オーストリアの産業

ドイツバイエルン州と隣同士なので、自動車産業が盛んである。
バイエルン州にはBMWアウディの本社があり、その下請け企業がオーストリアにある。

もっとも大手の下請け企業首都ウィーン近郊にあるマグナシュタイア
この会社は世界最大の自動車委託生産企業で、自動車製造の腕前が良いことで評判が高い。
オーストリア南部のグラーツ[外部]マグナシュタイア工場がある。

もともとはシュタイア・ダイムラープフという会社が自動車を作っていた。
カナダ自動車部品企業のマグナ・インターナショナル自動車部品製造で世界3位の巨大企業)に
自動車製造部門を買収され、2001年マグナシュタイアとして設立された。

 西部のマッティヒホーフェン[外部]KTMがある。オフロードバイク(土路面走行のバイク)に強みがある。

西部のザルツブルグ[外部]近くのフシュル・アム・ゼー[外部]というの畔の田舎レッドブルの本社がある。
同社はエナジーリンク最大手で、モータースポーツ飛行機レースサッカーへの投資が盛ん。
KTMと手を組んで、二輪レースの最高峰であるMotoGPで席巻している。

首都ウィーンbwin[外部]Interwetten[外部]といったインターネットギャンブル運営企業がある。
この両企業ともMotoGPスポンサーでおなじみ。bwinはレアル・マドリーの胸スポンサーだった。

スポーツ

アルプス山脈が国土の62%を占めていて、[外部]が寒冷でがよく降る。
そのためウィンタースポーツが盛んである。冬季オリンピックではオーストリア国旗を多く見かける。

が多いので室内競技も盛ん。卓球ハンドボールアイスホッケー柔道など。

サッカーはオーストリア・ブンデスリーガを抱えている。このリーグからドイツブンデスリーガ
移籍していく選手が多い。サッカーオーストリア代表はなかなかワールドカップに出場できていない。

ドイツ・バイエルン州と親しい

ドイツバイエルン州とは色々な点で共通点があって親しい。
ローマカトリックが優勢で、自動車産業が得意で経済的にも豊かで、ビールをガブ飲みする。
歴史的にもバイエルンとオーストリアのハプスブルグは親しかった。

カトリックという宗の特徴は、爛な教会を建て、お祭りで盛大に騒ぐ、そういう特色がある。
系の宗教と考えておくと良い。バイエルン州やオーストリアもカトリックなので、
オクトーバーフェスト大晦日の年越しパーティーでは飲めや歌えの大宴会になる。

ドイツ北部で優勢なプロテスタントは質素な教会お祭りも慎ましやかで節度をわきまえている。
ドイツ北部の住民からすると、「バイエルン州やオーストリアの連中は軽薄で騒ぎすぎだ」となる。

ドイツと合併したらいいんじゃないか


次へ»
最終更新日: 18/08/01 23:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社