ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


オート三輪


ヨミ: オートサンリン
掲示板をミル!
11カキコ!

オート三輪

オート三輪とは、輪が3つからなる自動車(三輪自動車)の通称である。この項では便宜上、トラック等の貨物車両す場合はオート三輪、乗用は三輪自動車と表記する。


概要


三輪自動車のうち、トラックなど貨物用途に使われるものを特にオート三輪という。そもそも日本における三輪自動車はほぼ99%トラックであり、乗用として誕生したのはダイハツBeeやフジキャビンぐらいである。その事から、日本における三輪自動車三輪トラックと置き換えても問題はないと思われる。輪配置はほぼ前1輪後2輪である。

軽トラックの台頭で1970年代には日本でのオート三輪の生産は途絶えているが、世界中では今でも生産を行っているもある。


メリット


この項においてはその当時の法規におけるメリットも記述する(太字)


デメリット



日本における事例


日本におけるオート三輪は戦前より存在していた。それこそ初期はバイクの後部を2輪にした、今で言うところのトライクみたいなであった。その後、徐々に「自動車化」の様相を見せ始めてきたが、一旦戦争のために系譜が途絶えてしまう。その戦後に再び復権し、1960年代にかけて日本各地で見られた。日本では諸外に見られるような乗用の三輪自動車が存在せず、また諸外では見られないレベルの大化を遂げた特徴がある。

日本特有の狭い道路事情の中で圧倒的な小回り性と4輪並みの積載性爆発的な広がりを見せた。特に中小のメーカーがまだまだ多く存在してたこの当時はこぞって、どこのメーカーでも生産をしていた。それこそ、日本の路地裏や田舎における点描としてどこにでも見かける一風景ともなった。一番有名なのはダイハツミゼットであろう。その他、マツダは「けさぶろう」ことK360やT1500・2000を生産した。

しかし、オート三輪の時代は長くは続かなかった。安定性に対する問題が出てきたのである。一昔前における日本風景の中に田んぼで転げるオート三輪という言葉をにした事をあるだろう。それぐらいに転倒が付き物だった。それが顕著になりだしたのが1960年代で道路事情がよくなり、速度を出せるようになると安定性のデメリットがいよいよ顕在化し、また安全で快適で、(オート三輪には劣るがそれでも)コスト面や小回り性も好条件な4輪のトラックが多くなり、あえて三輪とする意義を見出せなくなった。

それでも山間部など、道路状況が狭隘な場所では非常に重宝がられ、オート三輪の究極の進化と言うべき4トントラックトクサン号」が誕生した。しかし、道路事情がよくなればよくなるほど、オート三輪の立つ瀬がなくなり、1974年マツダが生産を中止し、日本におけるオート三輪の命脈に終止符が打たれた。

かくして4輪軽トラック日本田舎や路地裏の風景の点描として取って代わられたが、近年のノスタルジーブームにより、「古きよき時代」のアイコンとしてたびたびオート三輪が出てくる事が多い。論それとは関係なく、21世紀にいたってもまだまだ現役で走る個体もある。


日本における主な車種


一時期は中小のメーカーが、こぞって生産していたがそれらはほとんど資料の世界でしか見る事ができない。また、メジャーメーカーの中でも偏りが見られた。


ダイハツ



マツダ



三菱自動車



ホープ自動車 



日野自動車



高知自動車工業


まだまだ多く存在するが、割愛する。 


諸外国における事例


海外では地域に偏りがあるが、オート三輪を見る事が出来る


東南アジアの場合


東南アジアではオート三輪をベース客用車両に転用される例が多いのも特徴である。ルーツをたどると大きく分けて2つの系統に分けられる。タイラオストゥクトゥクに代表されるミゼットベースインドオートリクシャーに代表されるピアジオ・アペベースのものである。これらは(リクシャー)や輪タク(サムロー)の系譜からの延長であり、現地における名称にもそれが表れている。


中国の場合


中国ではあらゆる地方都市で現地製のオート三輪を見かける事ができる。大きなものはマツダT2000ぐらいのサイズが存在する。また、クローズデッキにしたタクシーも見られ、百花繚乱の様相である。中にはアメリカに輸出しているものも存在し、オート三輪をもっとも見かける事の出来るの一つである。

特徴的なのは一部の車両エンジンに耕運機のエンジンをつけている事であり、「バタバタ」と自動車らしからぬエンジン音を発する。大小のオート三輪が現地で走っており、中には日本に輸入をされるものも存在する。


ヨーロッパの場合


イタリアではピアジオ社がAPEを生産している。エンジンは50cc2ストガソリン220cc2ストガソリンと420ccディーゼルエンジン電気駆動がラインナップがある。50ccの小トラックの他にも一回り大きなサイズのもの、パネルバン、4人乗り、さらに復刻版の様な初期モデルフィーチャーのものもあり、非常に豊富なラインナップとなっている。今もってオート三輪が残っているのは隘路の多いイタリア都市の構造もさることながら、免許制度もAPEぐらいの場合は非常に簡便であるから。

イギリスの場合は三輪自動車較的多く存在していた。バイク免許で乗れる制度や車検等々の理由で安価に乗れるとして、免許取得に時間を割けない労働者層に人気を博した。特に有名なのは「リライアント・ロビン」であろう。Mr.ビーンのいじられ役として登場するこのは転げる事に定評があるが、他方で労働者階級にとっては安価で労をかけずに取れるバイク免許で乗れる事で人気を博した。現在もスポット生産を行っており、人気が高い。なお、こけやすさは演出であり、本来はそこまで転げるではない。


オート三輪の登場する映像作品



トライク


トライクは厳密にはオート三輪の範疇ではないが、構造などにおいて共通する部分が多いのでここで紹介する。

オート三輪との違いはオート三輪が自動車の構造に近いのに対し、トライクは最初期のオート三輪のようにベースがあくまでバイクである事にあるがそれに当てはまらない、自動車エンジンや一部コンポーネンツを使用している場合もあるので一概には断言できない。そもそも、トライクという言葉自体が本来的には三輪全般の意味を内包しているので少々ややこしい。

狭義のトライクの場合はバイクの延長線上に当たり、その用途も乗用のものが多い。立ちごけの心配がない事やオート三輪と同じく積載出来るものが4輪並みである事がメリットにある。

日本におけるトライクの扱いは道路運送車両法では三輪自動車としてではなく、側付二輪自動車、つまりサイドカーの扱いを受ける。一方、道路交通法では自動車の扱いを受ける。その為、税金などは二輪車のものが適用され、乗に当たってはヘルメットの着用義務がない代わりに運転に当たっては排気量相当の二輪免許ではなく、普通免許が必要となる。

なお、近年は日本においてトゥクトゥク中華製オート三輪が輸入されるようになったが、従前の三輪自動車登録では安全基準などの面で厳しく、非常に煩雑な手続きを踏まねばならない為、トライク扱いにする例が見られる。


関連動画


マツダ・T2000                           ダイハツ・CO型(CM?)

■sm12777428[ニコ動]

 ■sm15408768[ニコ動]

ダイハツミゼット                          今の60代位ならしも知るあのCM
■sm6335640[ニコ動]
 ■sm1916199[ニコ動]

オート三輪の消防車                       こうなったら、近くの人を呼ぶのが昔のお約束
■sm11935605[ニコ動]
 ■sm1937119[ニコ動]

けさぶろうの兄貴分のT600                  オート三輪のレース
■sm12832430[ニコ動]
 ■sm10436194[ニコ動]

ミゼットが生まれ変わって、こうなった。           スクリーンを所狭しと駆け巡るオート三輪
■sm7656360[ニコ動]
 ■sm1682609[ニコ動]


関連商品


■az4876872082
■azB0057DLXUQ
■azB000DZTT5O
■azB000DZTT5E
■azB000AY1TCE
■azB000DZTT54
■azB003M27WTK
■azB000DZXC3Y


関連コミュニティ


オート三輪に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/02/03 15:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ