ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オーバーマン


ヨミ: オーバーマン
掲示板をミル!
24カキコ!

オーバーマンとは、アニメーション作品「OVERMANキングゲイナー」に登場したロボットの一系統の名称である。

フォトンマットリングに包まれて飛翔し、各個体ごとに異なる特殊オーバースキル」を備えているのが特徴。


概要


キングゲイナー」は、総監督富野由悠季が考案したシルエットマシンと呼ばれる、「外観そのものがエンジンの役割を果たす」機械が普及した世界であり、オーバーマンもその進化発展形とされる。しかしオーバーマンには富野の「UFOのように不可思議な存在にしたい」というコンセプトもあって、彼がこれまで作ってきた「ガンダム」「ダンバイン」ほどには詳細なメカニズムが設定されていない。

そもそもオーバーマンの基本となっている「オーバースキル」自体、ストーリー構成・メイン脚本の大河内一楼の案であり、「監督NGすれすれで通った」というしろものだった。さらに富野が序盤や最終話以外、ほぼ脚本に注文をつけなかったこともあり、脚本スタッフによる自由な発想が、理論的に説明しがたいオーバースキルとして採用されている。言わば、脚本が何でもありの無法地帯となっていたのである。

NGすれすれだったとはいえ、時には富野も脚本にワル乗りし、結果――
ケジナンプロポーズ
ゲイナー告白
ドミネータープリン
といったアニメ史上に残りそうな迷シーンが多数生まれた。これらは「アデット先生」「ヤーパンニンポー」なども含めて、脚本無法地帯がもたらした怪の功名のようなものである(※ヤーパンニンポーに関しては、オーバースキル元ネタ用に脚本の野村一へ忍者漫画を渡したら、なぜかガウリ忍者になっていた、という訳の分からない経緯がある。しかも絵コンテ段階で富野が新たな法を書き加えている)。

本記事では、富野御大およびオーバーマンの基本デザインを担当した安田朗らの初期設定案や、DVD付録ブックレットなどを参考に、時には私見を交えながら「オーバーマン」というメカニックについて解説している。


オーバーマンの仕組み


上述したように、オーバーマンも本作品の一般的メカシルエットマシンの技術を踏まえて作られている。

劇中でシルエットマシンあるいはシルエットエンジンと呼ばれる機械は、金属筋肉メタルマッスル)という構造材に分子レベルで組み込まれた素子が、振動発熱することでエネルギーを生み出す仕組みになっている。このため現代文明で言うところの内燃機関エンジン)と呼べる部品は存在せず、そのマシンの外形(シルエット)そのものがエンジンであるという意味でそう呼ばれる。よって厳密にはシルエットエンジン機関で、シルエットマシンはそれを搭載したメカの名称なのだが、劇中では区別せずに呼ばれることが多い。

こうした構造のため、シルエットマシンは内部容積にとても余裕がある。パンサー、ドゴッゾなどのコックピットは一見狭そうだがオーラバトラーアーマードトルーパーレイバーなど、近いサイズロボットべるとずっと広く、天井や足元に余裕が見られる。

オーバーマンとは「シルエットマシンの技術を底的に高めたもので、その段違いな性差が外見上の形状によっても明確であるため、いつしかその種のシルエットマシンを『オーバーマン』と呼ぶようになった[※1]」というものであり、性質があまりに違うことから別種のマシンのようにも見えるが、一応シルエットマシン仲間である。

オーバーマンはバッテリーを内蔵した格にメタルマッスルを固定し、アタッチメントとして皮膚的外装(装甲=ファッション)を取り付けた構造[※2]になっている。その仕組みは通常のシルエットマシンよりずっと人間に近い。ファッションを換装(着換え)することによって、用途に特化したさまざまな機オーバースキル)を発揮できるのが最大の特徴。この着換えをコートといい、劇中ではキングゲイナーブラックメールの、エンペランザがプラネッタのコートを重ね着して、それぞれのオーバースキルを使用した。

このオーバースキル概要で述べたとおり、「なんでもあり」前提なので、いわゆる超能力魔法の同類とみなしていい。解釈の緩さはキングゲイナーという作品の魅でもある。

シルエットマシンはるか駕する出によって、オーバーマンはいずれも自由に浮遊、飛行することができる。その機を支えるのがフォトンマットリングと呼ばれる場で、これはブレンパワードオーガニックエナジーと表現的に近いものだが、よりメカニカルでアクティブな装置であり、コンクリートをたやすく分解するほどの威を持つことから、シールドあるいは飛び道具として用いられる[※3]。

シルエットマシンとオーバーマンは同じシステムで動いているが、フォトンマットオーバースキルといった突出した性差によって「ある種の干渉波」が起こる場合がある。これが劇中でたびたび描かれるシルエットマシン停止現の原因である。これを避けるにはゲインのガチコのように、オーバーマンのパーツを取り込むといった裏ワザが必要になる[※4]。

オーバーマンは総じてシルエットマシンより強だが、ヤーパン天井一般人が生産できないのは、ロンドン・イマやシベが技術独占しているか、パーツの生産には特殊な設備が必要なためと考えられる(私見)。ただし整備調整は一般の施設でも可なようで、劇中において運び屋エリアルが運んできたオーバーマンのパーツを、「ヤーパン天井」の整備スタッフが組み立て、エンペランザを完成させている。


※1 シルエットマシンを越える(OVER)もの、装甲で覆った(OVER)ものといった意味がらしい。
※2 この構造は富野の初期案からあり、これを聞いた安田朗が「サバイバルゲームのたるみに弾があたっても痛くなかった」といった経験から考え出したのが、他に類を見ない「着ぐるみロボット」である。 安田案によれば、装甲ワイヤーで織られた繊維になっており、これによって可動部にできるシワが、もろい関節部を守る一種の防御機構として働くのだという。そのためオーバーマンの表面は、くと「ゴンゴン」というより「ペチペチ」という感触になっているとのこと。
※3 富野の初期案には「シルエットエンジンフレーム格)とメタルマッスルエンジンが排出する余剰熱を、加速転化するアタッチメントが善されると、シルエットエンジンはかなりの距離飛翔し、ホバリングもできるようになった」とあり、これがフォトンマットリングの仕組みの一部と思われる。
※4 安田朗による落書き同然のメモによれば「オーバーマンのメタルマッスルは、シルエットマシン100倍に達するほど高度に集積されているので、それをコントロールするも強。このためオーバーマンがアイリングを上げると余剰コントロールによって半径50m以内のシルエットマシンが影を受け破壊される(意訳)」とある。そのはあたかも土下座する下級武士、とも。この設定は「UFOに遭遇すると自動車が停止」する、という超常現象を取り入れたものである。 


オーバーマンの種類


オーバーマンはシルエットマシンの上位カテゴリとしてひとくくりにされているが、さらにその中でも性や発祥によって三つの種類に区別することができる。

オーバーマン

フォトンマットリングオーバースキルを備える普通のオーバーマン。ゴレーム、ブラックメールジンバなど。設備しだいでは量産も可らしく、実際ロンドン・イマの特務隊セント・レーガンには、オーバーマン・ゴレームが多数配備されている。

アンダーゴレーム、ブラックドミのように、二機以上で連携しないとオーバースキルを発動できない廉価機体もいちおうこちらに振り分けられる。

アーリー・オーバーマン

名称的には初期(early)の技術を用いたオーバーマンと推定される。ブリュンヒルデキングゲイナードミネーターなど。別名を「オーバーデビルの末裔」。基本に加え、「オーバーフリーズオーバーコールドと呼ぶ場合もある)」というオーバーデビルスキルも発動できる(※ブリュンヒルデに関しては不明)。オーバーマンのテクノロジーは、オーバーデビルが作られた数年前のほうが高かったらしい。

DVDブックレットにはドミネーターが「最新鋭のオーバーマン」とされ、ロンドン・イマ側にアーリーオーバーマンが出なかったことから、劇中の時点でアーリーオーバーマンを製造できるのは、デビルを隠匿していたシベだけのようである。

セミ・オーバーマン

オーバーマンとしての性が限定的な機体。アントリオン、マッチョン(シンシアが訓練中に乗っていた機体)など。オーバーマンとして飛行は持つが、スキル発動が局所的だったり、そもそもなかったりする。この区分けでいくと、ブリュンヒルデの左腕を持つガチコセミ・オーバーマンと言えそうだが、区分けはシルエットマシンになっている(たぶん、飛べないので)。


主要なオーバーマン


以降は劇中で活躍した要なオーバーマンについて解説している。出身地となっているのは製造された場所とは限らず、劇中で所有していた勢安置されていた場所の場合もある。添えている画像は、お絵カキコキングゲイナー以外の画像がないので、それぞれ縁のあるものを採用している。

キングゲイナー

髪の毛のオーバーマンウルグスク出身。全高:成人男子の4.2倍、全重量:毛長の1.4頭分。

ウルグスクの領であるメダイユが、美術品と偽って秘蔵していた高性のオーバーマン。名称は主人公であるゲイナーがつけたもので、正式名称は不明。力武装はリボルバーガンとチェーンソー合体させた武器「チェンガン」。チェンガンの弾倉には三発しか弾を込められないのだが、劇中では何度も四連射以上していたような気がする。弾薬が特殊な構造をしているのかもしれない。

しかし最強の装備はなんといっても左についているポシェットである。この内部ではチェンガンの弾薬尽蔵に生産されているほか、状況に応じてチェンガンランチャーと呼ばれる特殊弾頭を作り、終盤にはもう一丁チェンガンを作り出し、オーバーデビルをあと一歩のところまで追い詰めた。どう見ても四次元ポケットです本当にありがとうございました。

オーバースキルは「加速」。周辺分子や自分自身を加速するがあり、これにゲームチャンプであるゲイナーが合わさることによって、「時間停止を打ち破る」「数の弾丸をかいくぐる」「数の幻を全滅させる」といった荒業をなしとげた。

顔の形状からも間違いなくオーバーデビルの末裔であり「オーバーフリーズ」も使うことができる。最終回ではそのオーバーフリーズを打ち砕く「オーバーヒート」も使ったが、これは「加速」を極限まで高めたものか、あるいはキングゲイナーの第三スキルであるかははっきりしていない(おそらく前者と思われる)。

安田朗によるデザインコンセプトが「ウルトラ怪獣のウー」というのは有名な話。そこにスノーボーダー的なコスチューム付けされ、「スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク」にも登場した「XAN」を経て、現在知られるデザインになった。「加速」というは、標に向かって動き出すエクソダスという行為と重ねられたものであり、停滞し凍ってしまうフリーズと対局をなす、とは大河内の案である。

ラッシュロッド

[画像を見る]リマン・メガロリス出身。全高:成人男子の4.7倍、全重量:毛長の2.3頭分。

シベリア鉄道警備隊隊長ヤッサバジン専用のオーバーマン。信号機を連想させる頭部が特徴。固定武装として両手の付け根に二連装ランチャーを内蔵しているが、兵器はベロウズというフイゴ状の火炎放射器

オーバースキルは「時間停止」。手のひらから放たれるストップビームを浴びたものは、すべて一定時間動けなくなり、ラッシュロッドによって一方的な攻撃が加えられる。またストップビームで停止した物体には、本来使うはずだった運動エネルギーが蓄積されるため、解放時にはそれが一気に爆発する。ヤッサバはこの性質を利用し、気を停止した場所へキングゲイナーを誘導して、自分に有利な戦況へ持ち込んでいる。ヤッサバ脳筋な見たよりは策士である。

時間停止は全編を通して見てもかなり強な部類のスキルなので、キングゲイナースキルが「加速」でなければ負けていたかもしれない。

※本当なら最終回あたりに出そうなスキルだが、大河内は「だからこそ最初に出した」と述べている。おかげで他のライタースキルアイデアに苦労させられた。時間停止オーバーフリーズは性質が似ているので、ラッシュロッドもアーリーオーバーマンだったのかもしれない……というのは記事作成者の私見である。

ブラックメール

[画像を見る]リマン・メガロリス出身。全高:成人男子の3.7倍、全重量:毛長2.2頭分。

撃破されたラッシュロッドに代わり、シベリア鉄道警備隊に配備されたオーバーマン。ケジナンが形ばかりのヤッサバ救出に使用したあと、ヤッサバに奪われキングゲイナーと戦った。武装は両手のと両にある二連機関銃×2。


次へ»
最終更新日: 13/03/06 11:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ