ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


オーボス


ヨミ: オーボス
掲示板をミル!
10カキコ!

時が来れば々は燃え尽き、物質は崩壊する。
ワシはそれを少々めているにすぎん

オーボスとは、勇者シリーズ第三作「伝説の勇者ダ・ガーン」に登場したキャラクターである。
同作のラスボスであり、彼(?)以外の全ての宇宙の生命にとっての敵。CV千葉
名前の由来は「大ボス」。直球である。

※以下、作品のネタバレを含むので未見の方はご注意下さい。


概要


ロボダ・ガーン地球勇者たちの敵役である「オーボス軍」の首領。
作中では名前こそ中盤でようやく明かされるものの、その存在はにつつまれており、レッドロン、デ・ブッチョ、レディピンキーら、序盤以降代わり替わり登場する地球攻撃部隊の隊長揮を執っている期間はその姿を現すことはなく、オーボス直属の部下であるビオレッツェすら、オーボス初登場時に彼のを知らないような素振りを見せるなど、首領でありながら軍内部ですら知られざる存在だったようだ。
オーボスと直接接することのできる部下は、実質最高幹部であるUFO怪物シアンだけであり、その圧倒的な強さから絶対の信頼を置いている。

オーボスという球形の機動要塞を本拠地として宇宙をめぐり、々を滅ぼしては惑星の持つ生命(プラネットエナジー)を吸収していたが、その的とは…


伝説の力


宇宙に伝わる話によれば、生命の溢れるには伝説なる、特殊なエネルギーの発動が起きる可性があるという。それは、そのが消滅・破壊の危機したとき、そのに住むすべての生命体がひとしく救いの願いを持てば、伝説が発動し、を救うというものであった。

とはいえこ伝説、滅多なことでは発動しないらしく、宇宙開闢と同時に存在するオーボスですら体験したことがなかった。それほどにしい現だったのである。
現に、中盤に登場するキャラクターであるヤンチャー王子では、危機に現れる"勇者"セブンチェンジャーを復活させるなどその兆が見られたものの時すでに遅く、伝説が発動することのないまま、オーボス軍によってプラネットエナジー解放され火の玉の死のと化したのであった。


とんでもない侵略目的


物語後半、主人公高杉史とその高杉一郎(高杉大佐)、そしてダ・ガーンはオーボスに乗り込むことに成功。
高杉大佐は、伝説を欲しているオーボス本人と直接交渉を行おうと、彼らを出迎えた部下のビオレッツェを巧みな話術で翻弄する。するとどこからともなくけたたましい笑いと共にオーボスは初めてその姿を現したのだった。

しわがれたから老人男性のような喋り方をするが、その姿は、性別すら分からないような紫色エネルギーの塊というものだった。そしてそれは、色こそ違えど番組当初よりオープニング映像意味深に登場していた(「ねぇ、も一人じゃそんなに強いわけじゃないんだ」の部分)、史に襲い掛かる炎の塊の姿でもあった。

高杉大佐狂言を「笑わせてくれた礼に…」と評し、老いた穏やかな口調でオーボスはり始めた。自身は宇宙の誕生とほぼ同時に誕生した生命体であり、銀河の各地で、生命の宿る々を滅ぼしていること。そして、それは実はプラネットエナジーの吸収だけが的ではないということを。

なんと、それは伝説の発動をただ体験したい」という、とてもシンプルな理由だった。

オーボスく、あらゆる宇宙上の快楽をやり尽くし、何もかも飽きてしまった彼は、一やり残した「伝説をその身に浴びる」というたった一つの楽しみのため、数多の危機に陥れ、伝説を引き出そうとしては失敗していたという。

数えきれない程の命をその手にかける理由を「退屈しのぎと言い放つオーボスに、然とする史と高杉大佐

欲望に任せて、全てのを食いつぶし、全ての命を奪えば、
その後に残るものはい!それでもいいのか!!

何故いかん?ワシは宇宙そのもの、いずれ全宇宙エネルギーを吸収する。
そして、永遠の静寂と安らぎが訪れる。それが、この宇宙法則なのだ。

つまるところ、オーボスの惑星侵略全て彼自身の好奇心暇つぶしのための茶番という、恐ろしく途方もない考えに基づいたものであり、それは(最高幹部のシアンを除く)宇宙的だと勘違いしていたオーボス軍幹部にすら知らされていなかった。

また彼は、伝説が発動した場合その危機ししている本人の自分自身が滅びるという可性も承知していたようであり、最終回伝説の発動をの当たりにした際、どこか満足気な発言と共にオーボスごと消滅したのであった。


正体


かくして多くの犠牲の上に的を達成しながら、死を迎えた悪の首領、オーボス。
しかし彼は一つだけ、視聴者を残したまま退場することとなる。

それは彼のの姿。
劇中、達の前ではオーボスそのものに充満するエネルギーの塊のようなあやふやな存在として表現されていたが、実はその姿は仮のものであることが劇中で描写されていたためである。

それはビオレッツェがオーボス広大な基地間を迷ってしまった際、偶然数十メートルはあろう大きな部屋の前に辿りついた時のこと。
から差し込む閃光。そのの先にはオーボスがいるようで、何やらシアンに命を下しており、ビオレッツェがを覗く場面のみが描写される(シアンもこの部屋にいたかどうかは台詞もなく描写されていないため不明であり、別の場所と交信している可性がある)。
そしてを覗いたビオレッツェは、普段とは異なるオーボスの"の姿"を垣間見てしまったようで、恐怖に慄く。

そ、そんな…あれがオーボス様だっていうの…
オーボス様は!この宇宙で一番強くて!賢くて!美しいお方ではかったのッ!

このシーン以降、オーボスを「宇宙で最も強く美しい」と評していたビオレッツェは一転態度を変えオーボス軍を離反し、同僚のレディピンキーに「別次元生き物」だと述べているように、明らか常的な存在ではあったようだ。
それが如何なる想像をも越したものなのか、はたまた表の姿やとは似ても似つかない何かであったのかは、最後まで描写されることはなかった。


類似した宇宙侵略者のかたがた



関連動画



■nm11068352[ニコ動]

■sm6984810[ニコ動]


連商品


■azB00030GSYO
■azB0007N36L0


関連項目



最終更新日: 17/04/15 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ