ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カップ焼きそば


ヨミ: カップユデユキリソバ
掲示板をミル!
14カキコ!

カップ焼きそばとは、カップ麺インスタント麺)の一種で焼きそばを模したものをす。


概要


インスタントの性質上、「焼きそば」と銘打ってはいるが焼く工程が存在せず、湯で麺を戻して附属の調味料で味付けするものとなっている。そのため「焼きそば」とは似て非なるものと看做すも強い(→カップ焼きそば現象)。

同様の工程を経る商品にカップ焼きうどんスパゲッティなどが存在する。

カップ麺の中では具材の量がラーメンうどん等と較して少なめになる傾向があり、製造各社はその分だけ麺の内容量を増やして補う方針をとっている。そのため、カロリー量もカップ麺の1.5倍以上、500kcalをえる商品が多い。

また湯切りしても分がある程度残ることから、メーカーではソース粉末のものを使用したり、濃縮した液体のものを利用したりと工夫をこらしている。
湯切りのお湯活用し、スープを作るようになっている製品も存在する(「やきそば弁当」など)。

カップ焼きそば同様に、焼く工程を経ず茹でる工程のみで代替している製品は海外にも存在する。代表的なものはインドネシアの「ミーゴレン」を袋麺化したものであり、特にインドミーブランドのものはインドネシアを代表するインスタント麺となっている。


代表的なカップ焼きそば


地域別に支持される商品が大きく異なるのもカップ焼きそばの特徴である。

関東など東日本では、もともと地域ローカル商品であったまるか食品(群馬県)の「ペヤング」が最大のシェアを有している。
一方で近畿以西では、全販売されている日清食品の「U.F.O」の支持が強い。
また明星食品の「一ちゃん店の焼きそば」がそれに次いで高い全シェアを持っている。

ローカル製品が強いシェアを持つ地域は他にも存在する。北海道では東洋水産の「やきそば弁当」が圧倒的であり、東北・信越では同社の「焼そばバゴォーン」のシェアが高い。

その他の製品としては、日清食品の「北の焼そば」(内限定)、「ソース焼きそばカップ」、エースコックの「JANJAN」「大盛りイカ焼きそば」、東洋水産の「」「昔ながらのソース焼きそば」、サンヨー食品の「オタフクソース焼きそば」「アラビアン焼そば」、徳島製粉の「金ちゃん焼そば」(西日本限定)などがある。


関連動画



■sm5230412[ニコ動]

■sm19790014[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/07/19 13:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ