ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カナタ王子


ヨミ: カナタオウジ
掲示板をミル!
64カキコ!

カナタ王子とは、『Go!プリンセスプリキュア』に登場する人物である。CV立花慎之介

本名はプリンス・ホープ・グランド・カナタだが、どこかの王女様の本名のみたいにフルネーム非常に長いため、たいていの場合この名称で呼ばれている(EDクレジットも「カナタ王子」→「カナタ」表記)。


概要


今回の物語に登場する異世界ホープキングダム王子。薄紫色褐色の肌をしており、を基調とした正装とティアラを身につけ、長いステッキを携帯している。ちなみに普段からがかかっているため分からないが、や両親同様にとがっている。

がディスピア率いるディスダークに侵攻された中で一封印されずに残った人物であり、今なおと封印された両親である国王夫妻(CV川島得愛天野由梨)や民を救うため孤軍奮闘しつつ、パフとアロマ妖精兄妹プリンセスパフュームを授けてはるか達のいる世界に送り出し、プリンセスプリキュアを探し出すことを命じた。

はるか達とはプリンセスレッスンパッドを通じ、立体映像として現れて会話することが可となっており、時折示やアドバイスを送っている。また、自身の戦闘もゼツボーグを倒したり、トワイライトが放ったい炎を防いだりなど、かなりの物がある。この為前作のどっかの神よりも、はるか有能だともっぱらの評判である。

実は物語が始まる以前、勝手に飛んでいったキュアフローラドレスアップキーを追いかけているうちに異世界へと行ってしまったことがある。そして花畑で一人絵本を持っていた少女と出会うことになる。そう、後にキュアフローラとなる少女春野はるかに。この時「プリンセスになりたい」という夢を持っていたはるかに夢を信じることの大切さを教えて、ドレスアップキーを与えていた。そしてカナタ自身もはるかに出会ったことで失いかけていた夢の大切さを思い出し、これが元となってディスピアのに耐える、立ち向かえるようになったという。

バイオリンが弾け、最初はミス・シャムールから手ほどきを受けていたとのこと。それを見てバイオリンを習うようになったがいたという。その名前はトワプリキュアしかなれないとされる「グランプリンセス」のような、強く優しく美しいプリンセスを夢見てしていたのだが、ある日然と姿を消してしまう。希望の元であった王女行方不明になったことで民の希望は薄れ、ディスダークの侵攻を許す端緒となった。

それから数年後、先代のプリンセスプリキュアによって万が一の事態に備えて用意されたパフュームを守るために動いていたカナタとプリキュア達。その前に現れたパフュームを持った少女、ディスダークプリンセストワイライトを見たカナタは一瞥しただけで行方不明となったトワであると気づく。しかしディスピアによって記憶を消され洗脳されたトワイライトはそういうことが分かることもなく、攻撃を与えてくる。トワの記憶を取り戻すため、かつてと共に弾いたバイオリン演奏、その音色はトワイライトに影を与えるようになり、トリニティエクスプロジオンと共に元のトワへと戻すことができた。

しかしながらディスピアの逆鱗に触れてしまい、その猛攻に逃げることとなる。そしてカナタの決断は、を託した上ではるか達を元の世界に戻し、自らは攻撃を食い止めるというものだった。結果、今度はカナタの消息が分からなくなってしまうが、彼のバイオリンを引き継いだトワは、キュアスカーレットとなったときにそのバイオリンからの息吹のようなものを感じ、生存していると信じているようである。果たしてカナタの消息や如何に。

なお、このカナタの消息が分からなくなることに合わせて、OPの成長したカナタとはるかが向かい合うシーンに変更が加えられ、カナタの姿が消えている。


再会、そして……


その後、はるかたちはプリキュアとして戦いつつ、カナタの消息を気にかけていたのだが、ある時ミス・シャムールと付き合いのあるたちを助けたことで一つの贈り物を得ることになる。それはカナタのに付けられていたホープキングダムの紋章入りのボタンだった。

手がかりを探すべく、占いに従ってはるかチョコレートプリンセスグランプリに応募したりしたが、そこでは別段得られた訳ではなかった。しかし、その時見覚えのある薄紫色褐色の肌の青年後ろ姿撃する。カナタはこのにいると確信したはるかたちはゆいの手による似顔絵を見せながら聞き込みをしていると、ひょんな事からみなみバイオリンの師、錦戸と再会する。カナタの似顔絵を見た錦戸ははるかたちをバイオリン工房に連れて行くとそこにはカナタがいたのだった。辺に流れ着いて倒れていたカナタを錦戸が保護し治療していたのだが、はるかたちだけでく、実妹のトワやホープキングダムのことなどあらゆる記憶を失っていたのである。

あらゆる手段で記憶を呼び戻そうとするが、打つ手はし。しかしはるかは決断する。「苦しめることになるのであるのならば、今は記憶を戻さなくてもいい、トワにはつらい思いをさせるけれども、何も覚えていなくてもカナタはカナタ」と。はるかとカナタは握手をし、友達としてめてスタートを切ることになる。

そんな最中。クローズの策略でひとりぼっちになっていたはるかがぼろぼろになりながら戦っているのをの当たりにする。記憶も夢も希望を失っているとは言え、はるかの姿を見かね、そこまでしてプリンセスになりたいのか疑問に思うようになり、ついに「プリンセスになるな!」と言い放ってしまう。はるかの夢を認めてくれた人からの発言ではるか絶望プリキュアにもなれなくなり、それどころかこれが元で夢ヶかれた絶望の種が一気に発芽し絶望の森に覆われることとなった。

その後この惨状が自分の失言が原因だと知りショックを受けるカナタ。はるかの元に駆けつけ謝罪するが、はるかは自らの原点であるプリンセスになることこそ自らの原動であり、止められても歩み続けると、夢と希望を取り戻していた。カナタはその夢がはるかの全てを作っていることを理解、そして「はるか笑顔でいられるよう支える」という夢ができたことで希望と記憶を取り戻し、自らのが復活しただけでなく、新たなロイヤルドレスアップキーまで生み出した。

ちなみに、記憶が戻ってもその有能さは健在で、これまで通りバリアることができるのはもちろんのこと、人間界での普段着から王子としての正装に時に変えられたり、記憶回復祝いに錦戸からもらったバイオリンを召喚したりと、この王子相変わらずなかなかの物である。


関連静画


■im4745953(静画)
■im4888283(静画)
■im4727412(静画)
■im4955120(静画)


関連コミュニティ


■co395


関連項目



最終更新日: 16/01/14 15:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ