ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カルレス・プジョル


ヨミ: カルレスプジョル
掲示板をミル!
11カキコ!

もしかして 棚町薫

カルレス・プジョル(Carles Puyol i Saforcada, 1978年4月13日 - )とは、スペインの元サッカー選手である。現役時代のポジションはDF(CBSB)。長年バルセロナキャプテンを務めた。チャームポイント巻き毛


概要


1995年スペインリーガ・エスパニョーラバルセロナカンテラへ入団。入団当初はMFやFWなど色々なポジションを経験したが、右サイドバックにコンバートされて頭を現す。1999年トップチームデビューを果たし1999-00シーズンには24試合に出場した。その後トップチームに定着し、2003年頃からは守備を見込まれセンターバックとして起用されるようになった。2004年キャプテンであったルイス・エンリケのあとを受けキャプテンに就任。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げ、初めてキャプテンとしてビッグイヤーを掲げた。

2008-09シーズンにはスペインクラブとしては初となるクラブ3冠達成(UEFAチャンピオンズリーグリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ)に貢献。翌年のFIFAクラブワールドカップ2009でも優勝を果たした。2010-11シーズンには自身3度となるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。しかし2010年代に入ってからは度重なる負傷で思うようにプレーができなくなり、2014年に現役引退を表明。バルセロナに在籍した15年間の中で合計21タイトルを獲得し、リーガ・エスパニョーラ392試合出場した。

現役時代は身長178cmセンターバックとしては小さい分類であったが、高い集中と闘志を武器にプレーをしていた。常に味方を鼓舞し続け、それは3-0で勝っていようが0-3で負けていようが変わることはなかったという。


代表


2000年スペイン代表デビュー2002 FIFAワールドカップ2006 FIFAワールドカップ2010 FIFAワールドカップEURO2004EURO2008などの際大会に出場。スペイン代表の黄金期メンバーとして活躍した。

EURO2008ではカルロスマルチェナとコンビを組んで優勝に貢献。ともに大会ベストイレブンに選出された。
2010 FIFAワールドカップではジェラール・ピケとのコンビ鉄壁の守備を形成。準決勝のドイツ戦では後半44分にそれまでの拮抗状態を破るヘディンシュートを決めた。決勝のオランダ戦も1-0の失点で抑え、スペイン至上初となるワールドカップ優勝に副キャプテンとして大きく貢献。2012年の代表引退までに100試合3得点を記録した。


関連動画



■sm17985360[ニコ動]

■sm7004260[ニコ動]
■sm7949074[ニコ動]
■sm15876044[ニコ動]


関連商品


■azB00GJFQI5Q


関連項目



最終更新日: 14/11/09 13:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社