ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カルロス・サンターナ


ヨミ: カルロスサンターナ

カルロス・サンターナとは、「キャプテン翼」に登場するキャラクターである。
ブラジルエースストライカーで、代表チームでも中心的戦となる。

登場媒体によって設定が大きく異なるため、作品発表順に紹介。


劇場版


世界決戦!! Jr.ワールドカップ」に登場。
ロベルト本郷の子であり、サッカーを楽しむ心のサッカーサイボーグと呼ばれる。どんな導をしたんだロベルト
実はファン・ディアス、ラモン・ビクトリーノたちと同期キャラクターなのだが、漫画無印には登場しなかったため影が薄い
映画版で初登場となったキャラクターは、漫画版に登場する時には多くが設定を追加・変更されており、たとえばシュナイダーが有名なファイヤーショットではミラージュボールというシュートを使ったりする。


必殺技



ゲーム版


テクモゲームキャプテン翼2」以降に登場。に「カルロス」と呼ばれたらこちら。
基本的に、呼び名がサンターナではなくカルロス、「サッカーサイボーグ」と呼ばれる事はい、ロベルトとの関係性など、映画版・漫画版と大きく設定が異なっており、名前だけを借りたテクモオリジナルキャラクターと言っても過言ではいほど。

ロベルトとは全然関係い別のチーム(フラメンゴFC)に所属しており、原作無印から三年後、ブラジルに渡ったの前に現れるライバルとして登場する。引退したブラジルスーパーストライカージャイロの再来と呼ばれる天才選手。
良心的な好青年で、敗戦にショックを受けているコインブラを慰めてチーム仲間として迎え入れたり、必殺技サイクロンの危険性を見抜いて助言したりと、敵味方のを越えてにでも優しく接する性格である。

キャプテン翼2」でと戦って以来、ブラジルの代表的なライバルとしてたびたび戦う事になる。しかし、その存在感コインブラと並ぶと薄れがちになり、ちょうどにとっての岬のようなポジションに収まっていく。
3ではコインブラと協必殺技「リーサルイン」を開発、恐怖の攻撃で挑んでくる。
4ではブラジル代表としてと一緒にプレーする場面がある。ストラットカルロスコインブラというメンバーで、これならが相手だろうと圧倒的戦で楽勝……と思いきや、そこはゲームバランスのためか、やけに酷い弱体化補正がかけられていたり、ペルーのオルミーガや、メキシコ代表として対戦する日向小次郎の前に苦戦を強いられる。

5では後述する漫画版の設定が一部理矢理押しつけられ採り入れられ、「サッカーサイボーグ」の異名や、登録名がカルロスからサンターナに変更されるなどの変が行われてしまった。
友情を深めていたコインブラが怪引退危機にあり、親友を失ったショックと怪への恐怖から思うようにプレーができず苦悩する。ブラジル代表チームの中で孤立し、のほとんどが試合をボイコットする中で苦しい戦いを余儀なくされるが、GKゲルティスの好守備に救われて試合に勝利する。
その戦いで再びブラジル代表キャプテンとしての存在感を取り戻し、日本代表との試合では後半から出場、ワンマンプレー天才児シニョーリにチームプレーの大切さを示す。


必殺技



漫画版


漫画版「ワールドユース編」以降に登場。に「サンターナ」と呼ばれたらこちら。
ロベルトとは少し関係があり、ブラジル代表に選ばれた時に必殺シュートスカイウイングシュート」を伝授されている。

悪辣な富バーラによって監禁に近い待遇でサッカーのみを叩き込まれて育成され、サッカーサイボーグと呼ばれる天才選手。
と同じく「ボール友達」という信条を持つが、それは「ボールは(自分一人だけの)友達」という発想であり、実際にボールと精的に会話するという狂気じみた描写まで存在する。
しかしとの対戦によって個人プレーに固執するスタイルめ(この時、サッカーボールに諫められるというやはり狂気を思わせる展開がある)、バーラの非教育によってもたらされた性格から、彼本来の活き活きとしたプレースタイルを取り戻す。

後にワールドユースの決勝で全日本と対戦、盟友レオとのコンビプレーコインブラ劣化パクリとして悪名高いナトゥレーザの登場で日本を追い詰めるものの、最後はの前に敗れた。


必殺技



関連項目



最終更新日: 18/12/31 06:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ