ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カルロス・モヤ


ヨミ: カルロスモヤ

カルロス・モヤはスペインの元テニス選手。ラファエル・ナダルと同郷の先輩として知られる。


概要


Carlos Moya
基本情報
スペイン
出身地 スペイン
パルマ・デ・マヨルカ
生年 1976年8月27日
身長
体重
190 cm
86 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 1995年
引退 2010年
テニス選手テンプレート

90年代後半から2000年代にかけて活躍したスペインの元テニス選手。ラファエル・ナダルと同じマヨルカの出身で、ナダルからも非常に慕われていた。

1995年に10代で既にツアー初優勝を挙げている。1997年の全オープンで初の四大大会決勝進出、ピート・サンプラスに敗れて準優勝に終わったが、ランキングTOP10に入ってきた。1998年には全オープンで優勝、全オープンでも準決勝進出の活躍があり、1999年3月にはスペイン人としては初のATPランキング1位に立っている。しかしここから急に成績が悪化。2000年には50位以下までランキングを落とした時期もあった。

復活したのは2002年MSシンシナティでの優勝、モンテカルロでの準優勝を含む活躍でマスターカップにも登場しており、年度末には5位までランキングを戻すと、以降2005年の途中までTOP10を維持している。TOP10陥落後は故障を抱えながらも中堅選手としてプレーを続けていたが、2009年の故障でシーズンの大半を欠場。翌2010年に復帰したものの5月に再び故障でツアーを離脱、そのまま引退となった。

一般的にスペインテニス選手はトップスピンのストロークでるクレーコーターが多いが、彼はそこに攻撃的なショットを取り入れることで、ハードコートまで活躍の場を広げることに成功した。通算ツアー優勝20回のうち、ハードコートの優勝は4回だけだが、準優勝が12回もある。スペインテニスはモヤとその後を受けたフアンカルロス・フェレーロによって、より攻撃的に進化したと評価されることが多い。

2016年ミロス・ラオニッチコーチに就任。故障が増えた側面もあったが、最終的ランキング3位に大きく貢献した。シーズンオフラオニッチとのコンビ解消後、ナダルチームに参加することが決まった。


主な実績



関連動画



■sm9333558[ニコ動]

■sm3508811[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/12/20 01:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社