ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カレー沢薫


ヨミ: カレーザワカオル
掲示板をミル!
6カキコ!

負ける技術(文庫版):Amazom ベストセラ1位(カ行の著者)
ブスの本懐:Amazom ベストセラ1位(カ行の著者)

カレー沢薫とは、漫画エッセイ・宗教開祖と多岐に渡り活躍しながら会社員としても勤める、大人エッセイスト・女性漫画家である。
 2009年、『モーニング』催・第26回MANGA OPEN漫画無題』を投稿するも落選。にもかかわらず、同誌増刊『モーニング2』編集長がなぜか新連載を決定し、タイトルを『クレムリン』とめて掲載が開始された。
その後漫画のほか、多数のコラムも発表。その卓越なる言葉遣いにより、多数の信者を集める、偉大なる教祖である。
布施聖地GACYA”へと日げられ、教祖の心を満たしている。


作風


漫画においては極色あふれる言葉遣いとシモネタを駆使し、底的な負け組意識と下から線で高カロリーの笑いと衝撃を与えてくれる。ギットギトのシモネタ女性特有の感性で調理し、二郎ラーメンのごとき料理完成させるシェフのような存在である。
コラムにおいてはシモネタは抑えぎみだが、キレのある言葉には変わりはい。鋭い視点と言葉遣いで、自分ごと叩き切る作だ。

 基本的に好き嫌いが強に分かれる作であり、笑えない人は底的に笑えないが、笑える人は頼まれもしないのに隙あらばステマを仕掛ける親衛隊になってしまうほど嵌ってしまう。

 正直なところここでいくら文言を尽くしても、彼女の作品を読まなければ”カレー沢とは何か”は分からないだろう。とりあえず何でもいいので何冊か著作を買って読んでみて欲しい。面くなければ呪詛をつぶやきながら燃やしてしまえば良いし、面ければご先祖に献本するため著作をお焚き上げし、めて自分用に新刊で購入すれば良いだろう。
布教用に複数買って友達に配ればベストである。

 


作品


現在詳細が記載されている作品

 ・ブスの本懐
 ・負ける技術
 ・もっと負ける技術
 ・クレムリン漫画
 ・アンモラルカスタマイズZ
 ・バイトのコーメイくん
 ・国家ムラヤマ
 ・ニコニコはんしょくあくま
 ・やわらかい課長起田総

※このページ作者が”作品別にページを作る”という作業をしていないため、やたら縦に長くなっております。ご注意ください。


ブスの本懐


Amazonベストセラ1位(カ行の著者)

”「cakes」の大人気連載「ブス図鑑」が待望の書籍化! ! ”
待望の、といいつつ、編集者タイトル変更を打診され、本当に変えてしまうところがいかにもカレー先生らしい一作。本屋でタイトルを告げると、高確率で”クズの本懐”が差し出されるので注意。
中身は世の中のありとあらゆるブスを観察し、分析し、鋭い言葉づかいで表現している。とはいってもけなすのでもく、卑屈になるのでもく、きわめていやみく笑えるエッセイである。正直説明しづらい。Amazonの紹介ページ次を羅列するという投げやりな紹介になっているが、実際この次を見て興味をもったならば、ぜひとも購入して欲しい。

・「美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れる」はブスが考えた言葉
・諦めていないブスにとって、4月はまたとないビッグチャンス
ブスの勝負化粧は「やりすぎ」。塗れば塗るほど、盛れば盛るほどに顔面をじゃれ殺す
ボタニカルブスは「パッとしない自分を変えたい女のために作られた新スタイル
デブは人に夢と希望を与え、身も引くゆかしさを持った抱きたい言葉ナンバーワン

■az4778315472


負ける技術


Amazonベストセラ1位(文庫版・カ行の著者)

”「負ける技術」という名前から、本書を生きる術を学ぶ南書だと思って手にとった方もいらっしゃるかもしれない。だが実はタイトル自体が担当編集による後付けなので、役に立つことはいっさい書かれていないのだ。”

いきなり”呪詛(まえがき)”からはじまるコラム集。”負ける技術”といいつつ、まるで技術的なことは出ない作者の体験談集である。底的な”下から線”であり、いわゆる”リア充”への呪詛が見えて隠れてない。内容的には卑屈としか思えないはずなのに、いやみを感じさせない言葉遣い、心意気を楽しんで欲しい。ブスの本懐にべると、言葉遣いは若干おとなしい(内容はおとなしくないが)ので、初めてカレー先生の作品に触れるのならばおすすめの一品。

■az4062187876
■az4062931885


もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃


”意味は気がついたら担当がそう決めていたので全然知らないが、「負ける技術」同様担当が適当につけたタイトル作家が後だしできっちり意味をつけ、ばっちり担当の後頭部を鈍器で殴るまでがたちの仕事であり流儀だ。”

負ける技術の続編であり、マイナビニュースに掲載されていたコラムの文庫版である。前作同様作者の体験談だったり日ごろ感じたこと、考え方のエッセイなのだが、本人が非日常的なため内容もあきらかに非日常的。尋常ではない人の日常は、ひどく面いのだなあとしみじみ感じられる作品である。

■az4062934329


クレムリン(漫画)


 モーニングおよびモーニングツーにて連載されていた作品。ニート引きこもりの却山(きゃつやま)とその飼い猫ロシアンブルー)3匹の生活を描いた作品。全7巻。

 連載当初はややダウナー系で、言葉のキレは変わらないもののややテンションが低い。雑誌モーニングでは、後述する連載終了決定→連載終了→すぐ再開の流れの中で、明らかギャグの熱量が上がり、密度の濃いギャグが繰り出されるようになった。

 一旦連載終了が決まったが、同じタイミングで就任した新担当が脅威の交渉を発揮して作者断で“連載終了までにアンケートで人気上位を連取したら連載継続”の条件を取り付け、何も伝えずに作者打ってネタだしさせ、見事連載継続を勝ち取った。その後一度予定通り最終回を迎えたもののすぐに再開した。このためクレムリンにはモーニング初回最終回最終回(2度)、モーニングツー最終回と、最終回が3回存在する。

登場人物(人以外も含む)

・却山(きゃつやま)
 一応大学生だが、ほとんど学校に行かないひきこもりニート勝ち組にいると下痢と嘔吐が止まらなくなるくらい負け組中の負け組である。

飼い猫
 3匹のロシアンブルー駄に血統書あり。名前は好きな三国志義兄弟劉備関羽張飛)から名付けられた。なお左から関羽関羽関羽である。

◎作中の心温まる名言
  却山「がもとめているのは勝利などではなく、勝っているやつの敗北だ」

 ■azB00BC9NVZO
■az4063729141
■az4063729753
■az406387012X
■az4063870596
■az4063871037
■az4063871541
■az4063871916

 


アンモラルカスタマイズZ


 男性風俗誌「週刊風俗大王」や「週刊デコトラ野郎」を出版するグリズリー出版編集部編集長が、「女性ファッション誌」を作ろうとするところから始まるギャグ漫画。全1巻。

 編集部メンバーヒゲハゲホモ社長熊田、「セックス恋愛もちこんでんじゃねぇ!」とマジギレする編集員小池、彼女が個性ブスの新人編集員の安。その後しゃべるムササビ”ビッチ(名前)”と女性の沢が加わり、女性誌の“お約束”に猛ツッコミを入れながら話が進んでいく。

 テレビならば放送事故レベルシモネタがほぼ全編に渡り炸裂しつづけるという、類を見ない漫画腹筋を痛めるレベルの面さなのだが、友達に勧めると人格を疑われる可性があるため、注意が必要である。
 なお発刊から約1年後、なぜか文化庁から推薦された。読者はおろか作者編集者も「文化庁ご乱心」と驚愕した事件であった。

登場人物

熊田曜助
 グリズリー出版社長。チョビスキンヘッドホモである。登場人物中もっとも女子力が高く、ホモ界のプリンス

小池瑛太
 グリズリー出版編集者。もともと男性風俗誌の編集であり、発言がもれなくゲスい。ただツッコミはかなり的を得ており、なんだかんだで彼を中心に話が進む。

・安めぐむ
 厄介な個性ブスを彼女に持つ以外は普通の新人編集者常識的観点からツッコミを入れられるため、話をマトモに進めるためにくてはならない人物である。

◎作中の明日からでも使いたい名言
   小池イスセックス中だ!」

 ■az4778321790

 


バイトのコーメイくん


 ローカルコンビニSHOCK(しょっく)」のオーナー店長劉備”と、そのバイト諸葛 ”のコンビニ営業風景を描写したギャグ漫画。登場人物の名前や一部設定は三国志から取られているが、基本的に三国志の知識がくても問題はい。カレー先生の他著作にべるとほのぼの殺伐しており、ゲスなシモネタや流血が少なめ(いとは言ってない)。そのため初めてカレー沢作品を読みたい人にオススメである。全3巻。

登場人物(人以外も含む)

諸葛 (しょかつ りょう:通称コーメイ
 24時間コンビニを1人で運営していた劉備が、さすがにつらいということで雇ったバイト死んだ魚のような目をしているが、なかなかの策士。私立房中術学園中退

劉備りゅうび)
 ローカルコンビニSHOCK」のオーナー店長。設定上であるが、特に何の問題もおこらない。両隣に競合コンビニが進出してくるという、現実にあったら血反吐を吐きそうな事態でも笑顔を絶やさないすごいである。

曹操(そうそう)
 「SHOCK」の隣に進出してきた全シェアNo1コンビニ「GIGIGI(ぎぎき)」の領土拡大担当(黒猫)。キュートな外見と癒し肉球を持つ。

司馬懿(しばい)
 「GIGIGI(ぎぎき)」の領土拡大担当(男性・人)。元々他社エリート社員であったが、務に疲れていたときに曹操肉球に触れ、真実覚めた。イケメンかつ接客態度がよいため、若い女性からよく告白されるが、本人のはすべて曹操に向かっている。

◎作中の心に名言
   司馬懿「なぜに性別をもちこもうとする!?

 ■az406387253X
■az4063883361
■az4063884562

 


国家の猫ムラヤマ


 2×××年、人以外の動物政治を行うようになった日本舞台に、支持率0総理ムラヤマ”、私設議員秘書イトウ”と“オブチ”の政治運営を描くギャグ漫画ネタ時事ネタにゲスいシモネタや危険な話題を絡めたものが多い。かわいらしい動物が大で一見ほのぼのしているが、中身が全に18禁レベルである。

登場人物(人以外も含む)

ムラヤマ
 オスのツシマヤネコ。支持率0であるが、投票率も0のため自動的に総理を続けている。割とまじめに政治について考えているが、秘書2人が色々と酷く、苦労である。

イトウ一郎(いとうふぁーすとちるとれん)
 すでに絶滅寸前のヒト科の男性私設議員秘書。だがバイト。基本無表情であるが、美人のメスにあったらダンスを踊るぐらいの情熱をもっており、表情に出さないだけの模様。楽してける輩には厳しく、そのためか国会議員にも冷たい。

オブチ
 オスのオコジョで、イトウと同じくムラヤマの私設議員秘書。外見はファンシーといっていいものであるが、とにかく言動がゲスい。ゲスすぎて感動を覚えるレベルである。毛に換毛するとデビルマンのような外見になる。

◎作中の感動的名言
   オブチ風俗で働けなんていったことないですよ!」「言わせるんです!」

 ■az4253151566
■az4253151574

 


ニコニコはんしょくアクマ



次へ»
最終更新日: 16/11/26 02:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ