ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カンタムロボ


ヨミ: カンタムロボ
掲示板をミル!
102カキコ!

カンタムロボとは、アニメクレヨンしんちゃん」の中で登場するアニメ(いわゆる劇中劇)、
超電導カンタムロボ」に登場するメカのことである。


概要


作品初期からしのすけ用している玩具として登場、映画スペシャルなどでしんのすけのいる世界に現れ、活躍することもある。
その場合は作品にもよるが、アクション仮面ぶりぶりざえもんと一緒になることが多い。

名前は一見れば判るように「機動戦士ガンダム」から来ているが、カンタムロボの形状と配色は「戦闘メカ ザブングル」のウォーカー・ギャリアに似ている。

正式名称は「超電導 カンタムロボ」。
カンタムロボのは上記のザブングル主人公役「ジロンアモス」を演じた大滝進矢氏。
劇中劇ながら、本格的なOPアニメ主題歌も存在する。曲名は「立て!カンタムロボ」。
番組中では1年ぐらいの放送本数があったことを臭わせる。

本格的登場は、93年年末スペシャル無敵のカンタムロボだゾ」が最初で、以降足掛け2年程に渡り「カンタムロポも大好きだゾ」「カンタム最後の戦いだゾ」の3本が作られた。

特に特番で登場した「カンタム最後の戦いだゾ」は、本郷みつる監督自らが絵コンテ・演出・脚本を担当し、原画を高倉西村博之の2名が担当、板野サーカスを初めとした超絶作画と、マジか間抜けか一歩手間のシリアスストーリーを兼ね備えた恐るべき代物。
ロボットアニメに下火が生じていた時期(エヴァンゲリオンの放送前後)に、このトンデモ作品を見た視聴者しも度肝を抜かれたという。
本郷・高倉西村3名の集まりは「めがてんスタジオ」と呼ばれているが、このエピソードは「めがてんスタジオ」が仕事らしい仕事をした一のアニメである。

クライマックスでの

パワーアップしていくだけの殺し合いはもう沢山だ!」

という玩具会社への皮がめいいっぱい込められたメタセリフ(とその後の展開)は一見の価値有りである。

カンタムロボの物語自体のその後だが、映画雲黒斎の野望」ならびに「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」ではそれぞれアフターストーリーが描かれている。
前者ではアフターストーリーとは別個で、しんのすけイメージがカンタムロボという形で登場し、敵と戦いを繰り広げる。
後者ではカンタムロボ劇場版ということで規模が異様に拡大しており、コミカライズに至っては最終的にどこぞのドリルロボのようなスペースカンタムロボ」進化を遂げている。


その後


冗談めかして「スパロボ参戦希望」などと言われていたが、2016年、「スーパーロボット大戦X-Ω」にてもが予想しえなかったスパロボ参戦を果たしてしまう。期間限定であり、パイロット野原しんのすけとなっており他の野原一家も会話に登場する。
映画「爆睡!ユメミーワールド大突撃」の宣伝を兼ねてか、夢の中でしんちゃんがカンタムロボに乗って戦う、という話になる。(そのためかしんのすけ精神コマンド」を習得する)
実はわざわざ夢オチにしなくても映画ではカンタムロボの操縦経験があるのだが、今回は映画の宣伝と夢オチを兼ねた手法となった。


カンタムロボのスペック


全高や重量などは不明。主人公山田ジョンが搭乗するが、実は内部に人間サイズロボットカンタム」が搭乗していることが発覚。以降は正式に二人乗りとなる。カンタムの外見はバックパック以外はカンタムロボそのものである。
普段は大に偽装した基地に格納されている。
TVアニメ作中での、劇中劇として確認できる特殊・武装は以下の通り。アフターストーリーは考慮しない。


関連静画


■im1359761(静画)
 ← えっと、多分こんな感じのロボだったような・・・


関連商品


■azB00I7MDDOS

■azB00006K0UO
■azB00006K0UP

■azB0000QTY38
■azB0041IY7PG

■azB0041G52U2
■azB00077DAL2

■azB00005HFLK


関連項目



最終更新日: 16/05/31 14:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ