ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カース・オブ・ドラゴン


ヨミ: カースオブドラゴン
掲示板をミル!
11カキコ!

カース・オブ・ドラゴンとは、漫画遊☆戯☆王」に登場するカードである。
このカードリメイク版である「獄炎のカース・オブ・ドラゴン」も本項で取り扱う。


概要


遊戯が使用する五つモンスターで、攻撃2000、守備1500のドラゴン

決闘者の王編のVSインセクター羽蛾で初登場。
「燃えさかる大地」とのコンボ攻撃でフィールドを焼き払い、「進化」のフィールドパワーソースによる強化を消した。その後、「融合」によって「暗黒騎士ガイア」と合体して「竜騎士ガイア」となった。

死の腹話術師、闇のプレイヤーキラー海馬ペガサスと、王編のデュエルでは遊戯として何度も登場していた。大して活躍できないまま敵のエースや切り札にやられることもあったが、遊戯デッキの中では較的攻撃が高く、アタッカーとしては十分なを持っていた。

しかし、バトルティ編に入ると、生け贄召喚の導入で手間と攻撃が見合わなくなったことや、生け贄数の条件が同じで、攻撃が同等かそれ以上でさらに効果を持つ「暗黒魔族ギルファー・デーモン」、「ブラック・マジシャン・ガール」といったモンスターが登場したこともあり、原作でのこのカードの出番はなくなった。

デュエルで出ることはなかったが、王の記憶編でカリム精霊として再登場。
単体ではバクラの「ディアバウンド」に敵わなかったが、千年秤のセトの「デュオス」と融合することによって「騎士デュオス・ドラゴン」となり、さらにマハードを合わせて「ディアバウンド」に立ち向かった。最終的にはバクラに千年秤を奪われたことで融合が解除された。

アニメでは王編終了後も出番が与えられており、バトルティ直前のVSバンデット・キースVSステップ・ジョニーでは生け贄なしで召喚されていた。バトルティ編以降はさすがに出番が減ったが、乃亜編ではデュエル外で召喚されたり、ドーマ編VSインセクター羽蛾では手札から「竜騎士ガイア」の融合素材になったり、KCグランプリ編のVSレオンでは「ロイヤルストレート・スラッシャー」のコストとして墓地へ送られたり、とはいえないまでも時々顔を見せていた。

アニメ版「闘いの儀」、遊戯VSアテムでは遊戯が使用。
「ワタポン」を生け贄にして召喚され、攻撃表示になった「ビッグ・シールド・ガードナー」を戦闘破壊してアテムに大ダメージを与えた。その後、「ブラック・マジシャン」によって戦闘破壊された。

攻撃名は「ヘルフレイム地獄の火炎)」。デュオス・ドラゴンの攻撃名は「ドラゴンフレイム」。


遊戯カードに(海馬城之内カードにも)割とある、バトルティ編への移行でリタイアしたモンスターの一体。生け贄召喚の導入で大きくゲームバランスが変わったためであろうが、第一期OPの印や王編での活躍、アニメオリジナルでの登場などから、遊戯カードというイメージは保っている。

初登場時には「呪われし」とルビが振られていた。カード名を直訳すると「呪い」になるが、呂を重視した結果このようなカード名になったか。英語版カード名も特に修正せず「Curse of Dragon」になっている。

アニメDMの第一期OP(voice)では、遊戯がこのモンスターに乗って、海馬が乗った「青眼の白龍」とバトルを繰り広げている。遊戯デッキの中では重な飛行を持つモンスターなので採用されたのだろう。

コミックス11巻のおまけゲームでは、攻撃2200、守備1900とされている。


バンダイ版


OCG以前にバンダイから発売されていたカードダスでは、第1シリーズ1998年4月4日発売)で登場。

4/族/攻撃 2000/守備 600
呪いの言葉を紡ぐ不死の

原作OCGべて守備が低い。バンダイ版は自分の攻撃と相手の守備較し、攻撃が勝っていれば倒せる(お互いに条件を満たした場合は両方倒れる)というルールだったため、このカードは敵を倒しやすいが自分も倒されやすいカードだったと言える。守備が落とされたのはこのルールのためだろう。

OCGとはルールが全く違うので較はできないが、もしこのままでOCGにも登場していたら、とんでもない下級アタッカーとして注されたことだろう。


バンダイ版のフレーバーテキストならば、「呪い」というカード名の直訳にも説得がある……かもしれない。


OCG版


「Vol.2」(1999年3月27日発売)でOCGに登場。

通常モンスター
5/闇属性/ドラゴン族/ATK 2000/DEF 1500
邪悪なドラゴン。闇のを使った攻撃は強だ。

レベルなどもそのままでOCG化されている。

登場当時は生け贄召喚ルールがなかったため、高い攻撃を持つモンスターということで重要なカードだった。しかし、生け贄召喚の導入やより高い攻撃を持つ「デーモンの召喚」などの登場で、レベルの割に攻撃が低いこのカードは一線を退いた。
今となってはデメリットなしで攻撃2000の下級モンスターすら存在する(同じドラゴン族には「アレキサンドライドラゴン」がいる)ため、アタッカーとしてとても実用に耐えるとは言えない。

現状、まともにこカードにアタッカーやらせる意義はないので、素材などに利用するのがとなる。闇属性ドラゴン族・通常モンスターと、サポートカードには事欠かない。

レベル5ドラゴン通常モンスターとしては「パロットドラゴン」に並んで最高攻撃を持つので、聖刻ではランク5のエクシーズ素材として利用できる。「パロットドラゴン」にべて、守備が高いことや、闇属性なのでカオスコストにできるのが利点。「連鎖除外」対策を考えるならば両方採用する手もある。
難点は、単体での利用手段が少ないために手札事故の危険性があること。採用枚数などを吟味してなるべく回避するしかない。

竜騎士ガイア」の融合素材定されているので、「E・HERO プリズマー」や「融合準備」などの融合素材サポートに対応する。このカード自体は「始祖ワイアーム」や「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の融合素材にもできる。

漫画アニメよろしくにするのは困難で、「ブラック・マジシャン」や「デーモンの召喚」のような専用サポートの類も存在しない。取り残されて使われなくなること自体は、初期のカードのほとんどが同じをたどっているが、このカードの場合、素材としては利用価値がある分、まったく見向きもされないよりは幸せなのかもしれない。


獄炎のカース・オブ・ドラゴン


MILLENNIUM PACK」(2015年12月19日発売)で登場した、OCGオリジナルリメイクカード

効果モンスター
5/闇属性/ドラゴン族/ATK 2000/DEF 1500
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
フィールドフィールド魔法1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

原作での「燃えさかる大地」とのコンボを意識したような(1)の効果と、自身を素材に「融合」なしで融合する効果が追加された。

(1)の効果はフィールド魔法破壊。
任意効果なので破壊したくないカードを破壊する心配はなく、あって損はない効果だが、フィールド魔法を利用するデッキ自体が限られるうえに、「サイクロン」等のほうが汎用性に優れるため、使いどころが少ない。
自分の「歯車」などを破壊する使い方もあり、その後に出てくる「古代の機械」と融合すれば「重装機甲 パンツァードラゴン」を出せる。「重装機甲 パンツァードラゴン」は「簡易融合」向きのカードなので、ここまでして融合する意義は薄いが……。
フィールド魔法には「フューチャー・ヴィジョン」や「クリアー・ワールド」のような自分のモンスターをも抑制しかねないカードも存在するので、そういったカード動的にフィールドから離す時にも役立つかもしれない。

(2)の効果は自身を素材としたフィールド融合
融合」なしで融合はできるが、このカードは上級モンスターなので展開に手間がかかってしまうのが難点。また、このカード素材定する融合モンスターは存在しないため、ドラゴン族・闇属性などの条件で素材定するものと融合することになる。

(2)の効果はコンボに利用できる可性があるので、全く使い物にならないカードというわけでもないが、融合素材としてカード名が定されていたり、通常モンスターであったりという形でサポートが多いリメイク元の「カース・オブ・ドラゴン」より使いやすいカードとは言い難い面がある。


竜騎士ガイア」のイラストに描かれているドラゴンはこのモンスター。その素材にすることは可だが、ドラゴンモンスターならば何でもよいので、強いてこのカードを利用する必要はない。


関連動画



■sm21329240[ニコ動]

■sm20670662[ニコ動]

■sm23691038[ニコ動]
■sm25343381[ニコ動]


関連商品


■azB019EXIBEK
■azB00E2R09F8


関連項目



最終更新日: 18/05/29 04:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ