ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カービィ


ヨミ: カービィ
掲示板をミル!
1822カキコ!

星のカービィカービィとは、任天堂ゲームシリーズ星のカービィ』及びそれをモチーフとしたアニメ漫画主人公キャラクターである。

ゲームシリーズについては『星のカービィ』の記事を参照のこと。

[画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像]

概要

ごぞんじらが星のカービィ
任天堂の誇る『星のカービィシリーズ主人公であり、スマブラシリーズも皆勤出場かつ役級をニンテンドーオールスターキャラ
1992年4月27日シリーズ第1作「星のカービィ」が発売、同時に誕生した。つまり2017年25歳である(えっ!?
CV大本眞基子さん、彼女の演じるカービィのは全世界で共通なんだポヨ。

身長20cmで、年齢は「青年」あるいは「若者」であるらしい。
初代『星のカービィ』の説明書には、「さすらいののひと」という記述すらあった。
性別は不明だが、一人称が「」二人称が「彼」な所から男の子っぽい。

2Pカラー黄色(通称「キービィ」)。3Pは、4Pはとなりその他、等がいる。
また、一部の作品では身体の色を変更できるカラースプレーというアイテムがある。

爛漫、かつ正義感が強い。(ただしマルクマホロアのように利用されることもしばしば。)食べることと寝ることが大好きで、座右の銘は「明日は明日の風が吹く」。
食い物に対しての執着度は恐ろしく、1切れのケーキのためだけに地の底から宇宙の果てまで大冒険を繰り広げた事も。
歌うことも大好きだが、歌唱は例のの通りの殺傷的レベル

能力[画像]

何でも吸い込む驚異の吸引
口に含んだものは吐き出せばの弾となって発射され、
持ちのキャラクターや物体を飲み込めばを「コピー」することができる。
(ただしコピー能力が登場したのは2作夢の泉の物語』から。)

コピー能力は当初はカービィの体の色が通常の「ピンク色」から「肌色」なっており、中盤にかけてはコピーによっては体色もいろんな色に変わり(アイスフリーズなど)、スーパーデラックスでは一発技(例外もある)コピー以外は基本的に特徴を強く出すため「帽子」をかぶるようになった。リメイク作品以降は体の色の変化は見られなくなった。

初期の頃はコピー能力が使いこなせていなかったのか、1ダメージだけでも受けるとになり抜け落ちてしまう。
夢の泉DX」以降の作品でも、1ダメージだけでコピーが抜ける作品もある。

作品が進むに連れカービィのコピー技に「コマンド技」が追加されるが、
一部には発動前または、発動後に「一定の隙」が生まれることがあり、
夢の泉DX以降の最新作ではそれが顕著になる。
トリプルデラックス」の「カービィファイターズ」ではカービィ同士のコピー能力対決ではこの隙が重要となる。

その他にも空気を口に含み、手をパタパタと動かしてホバリング飛行ができる。
時間は限だが、「カービィ64」では長い間やっていると息苦しくなるのかだんだん下降していったり口を開いて落下していったりする。
また吸い込んだ空気を吐き出せば空気弾となって、雑魚敵や一部のボスキャラダメージを与えることができる。

好物[画像]

本人く、好き嫌いは多い方なのらしいがどうもそうには見えない。
全回復することからも分かるように、マキシムトマトが大好物である。単にカービィがトマト好きというだけではないらしく、漫画作品でコックカワサキが感心したこともあったほどなので、恐らく特別に出来の良いトマトらしい。

代々、元気ドリンクで体が大回復する。
他、近年ではその他の食べ物にべての回復量が多くなってたりする。基本的にカロリーの多いものが好み?

第1作ではコピー能力かった代わりに、激辛カレーを食べて火を吐けたり、さつまいもを食べることで限飛行・空気弾連射ができたりした。(カービィはさつまいもを食べるとしゃっくりが止まらなくなるらしい)

嫌いな物

嫌いなものは毛で、ウィスピーウッズの落とす毛を吸い込もうとするとダメージを受けることからもうかがえる。
元々食べ物じゃないんだから嫌いも何もとも思えるが、他にも食用でないものをいろいろと気で吸い込んでいる点を考えると、やはり特に嫌いなのだろう。

星のカービィ ウルトラスーパーデラックスムービーの一つ「NG集」では、寝の最中ダイナブレイドにより木から毛が落っこちてしまい、しばらく麻痺した後カービィは気を失っていた。

漫画版ではデデデ大王を吸い込むこと自体嫌っていたりしていた。

アニメではサツマイモを食べると咳き込む話が2回あった。これは上記のゲーム版の設定が元。

功績

本編だけでもかなりの功績を残している。
※ネタバレ注意

他にも番外編生作品では…

これだけの功績を持っているキャラは配管工のおっさん勇者様達ぐらいしかいない。

スマブラのカービィ

初代からのレギュラー参戦。CVはもちろん大本眞基子女史彼女が担当声優になったのはここから。
どの作品にも言えることだがカービィは吹っ飛びやすく、攻撃リーチが控えめという短所を持つが、
攻撃速度が速い、復帰性に優れている、中戦や追い打ちが得意、通常必殺技コピー」による戦略の幅が広いという長所を持っている。射撃キャラコピーは、フォックスコピーブラスターを使えたり、サムスのチャージショットは腕から発射が出来るようになる。

コピーしたキャラ必殺技を、カービィでそのまま行うのも特徴的。色々なキャラを吸い込んで聞いてみよう。

初代スマブラでは吹っ飛びやすくリーチの短い技が多かったものの、その短所を十分に補える高スペックの技(スマッシュ攻撃や中下攻撃)と復帰性を備えている、強キャラであった。

スマブラDXでは新技である地上と中で性が変わる横必殺技ハンマー」を修得したものの、前作より大幅なダウナー調整をくらってしまい、キャラランクは弱キャラを通り越して、一番弱い産廃になってしまった。

スマブラXではDXより全体的に強化された。
前作のDXの横必殺技ハンマーは、中で使用する大車輪は縦回しで軽くしのぐ程度で技としては使う機会はかったが、Xでは横に2段階振り回すようになり、かなり使えるようになった。強さは中位キャラ
X初期のPVでは他キャラポリゴンパワーアップの中、一たいした変化はく、強いてあげればキラキラする程度だった。
最後の切りふだは「コック」で相手プレイヤーアイテム飛び道具、挙句の果てには一部のモンスターボールから出てきたポケモンアシストフィギュアなどをに入れて食材にしてしまう切り札。

スマブラ3DS/WiiUでは、最後の切り札が前作のコックからウルトラソードに変更。
必殺技でお染みのハンマーに「殺し火炎ハンマー」が追加。(デデデの下必殺技ハンマー同様、ためすぎるとダメージが蓄積し続ける。)その為、中でのハンマー攻撃は、チャージ体制になるのでXと違い、めに技を発動することが出来なくなった。
アプデで強化されて来たのは事実であるが、それでも着地狩りコンボリーチが弱く、重さや速度も駄な部類であるため、キャラランクは下位レベルである(特に終点では)。


次へ»
最終更新日: 19/01/05 21:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ