ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カール・フリードリヒ・ガウス


ヨミ: カールフリードリヒガウス
掲示板をミル!
131カキコ!

ガウスの学問的遺産を調するという決定は後世を待って初めて可になり、あらゆる予想をはるか駕する宝物が発見された。ガウスの遺稿に精通すればするほど、この大天才に対する々の驚異はいや増すばかりで、どのような困難、どのような限界もついにはこの人に一歩を譲らなければならなかったと考えざるを得ないのである。

フェリックス・クライン『19世紀の数学』より

カール・フリードリヒ・ガウスは1777年から1855年にかけてのドイツ数学天文学物理学者。恐らくは人類史上最強数学者であり、が呼んだか「数学王」の異名をとる。対抗できるのは多分オイラーぐらいしかいない。

概要

言葉を覚えるより前に計算を始め、5,6歳で父親駕。15歳にして素数定理を予想し、18歳の時には既に当代最強になっていた。その後はヨーロッパ数学界のドンとして君臨し、ほぼ無敵のまま生涯を終える。

要業績は……当時の数学のほぼ全分野。他の数学全員が得た大半の事実は、ガウス一人が独自に、しかも数年から数十年く発見している。まさしくチート中のチート数学者である。

もっとも、生前はそれらをほとんどにせず、手紙で知人に伝えたり、日記に発見を書き残したものが多くを占める。言わば数学趣味。何か新発見を聞く度に「それなら私が昔やった(キリッ」としか言わなかった為、まじめなルジャンドルなどは「ガウス天才に着て全部自分の手柄みたいにいうヤツだ」と思ってたようである。

またあるときは、ゼーバーという学者がある数学の問題を明しようと発表した248ページから成る論文(がんばったのだろうが途中までしか明できず結局未完成のまま発表した)を書評で取り上げ「頑りは認めるけど、論文の内容は数にまとめられる(なげーよw)」「それらの重要な部分は30年前に私がやった(キリッ 」「この書評のなかで彼の説を完成させることに貢献する(が本気出せばこんなもんヨユー)」と知らない人が読めば、中二病患者か名人様かと思うようなことを書いた後、たった1ページ半 40行ほどの計算をしただけできれいに明を完成させてしてしまった。
ガウスからすれば、頑って長い論文を書いた名の学者に助け舟をだしてやった(キリッ、ぐらいの気持ちだったのかもしれない。しかしゼーバーらすると、いきなり出現した巨大戦艦から璧な精度で大砲を撃ち込まれ、一撃で粉微になって死んだような気分になったのではないだろうか。皮なことに彼は自身の業績ではなく、この出来事のせいで”天才ガウスかませ犬”として有名になってしまった。

ガウスの死後40年ほどして遺稿が整理されると……まあ出るわ出るわ。生前からガウスは「何か隠してる」とウワサになっていたのだが、予想をかに駕する内容に数学者達は度肝を抜かれたのであった。ガウスは絶対にハッタリを言わぬ人であったッッ

ある調によれば、ガウスがもしコンスタントに業績を発表していた場合、大体50数学を進めていたとされている。まさに事実は小説よりも奇なり。こんなキャラフィクションに出してもリアリティ0です。


能力


全パラメータがカンストで何でもできた。

以上である。

超絶レベルの計算、精緻極まる論理性、自由で豊かな発想を全て兼備。歩く数学科で知らないことは何もなく、純数学、応用数学を問わず全域でを発揮した。『整数論』によって数学そのものの革命も起こしている。ほとんど「ぼくの かんがえた さいきょう すうがくしゃ」状態だが、実際にそういう人だったので仕方ない。

加えて、物理学天文学でもその才を発揮している。その業績は他の研究者と並べても、全く見劣りするものではない。

従って「ガウス最強説」の論拠は簡単である。これ以上は物理的に無理


全盛期のガウス伝説



ガウスにちなんで名づけられたもの


この他にもガウスの名を冠する用は多く存在する。何より驚くべきなのは、登場する分野が非常に多岐にわたっていることであろう。その各分野で残した業績が複素数の基礎理論だったり、マクスウェル方程式の一部だったり、統計学の根幹だったりするわけで、いずれも現在の学問の土台のような位置づけにある。これほど多岐にわたる分野でここまで大きい業績を残すというのは、リアルチートことガウスだからこそできたことなのである。

関連動画



関連商品


■az4254114575
■az4150502846


関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 16/01/06 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ