ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガイア


ヨミ: ガイア
掲示板をミル!
73カキコ!







母なる地球『ガイア』







ガイアΓαα, Gaia)とは、ギリシア神話に登場する大地をつかさどる女神の事である。
ゲーΓῆ, Ge)とも。

ローマ神話においてはテルース (Tellus) またはテラ (Terra) が相当する。


概要


ギリシア神話における大地
タルタロス奈落)、エロース)、エレボス)、ニュクス兄弟姉妹となる。

ヘシオドスの『統記』にられるところによると、まず世界の始まりとしてカオス(混沌)があり、ここより生じたとされる。

その後ガイアは独でウラノス(天空)とポントス()を産み、ウラノスを夫として多くの巨人々を産み出した。
始まりはオーケアノス、コイオス、クレイオス、ヒュペリーオン、イーアペトス、テイアー、レアー、テミス、ムネーモシュネー、ポイベー、テーテュー、そしてクロノス。十二柱ってティターンと称される古の々である。

更にガイアは一つ巨人キュクロープス(ブロンテース、ステロペースアルゲス)、五十の頭との腕を持つヘカトンケイレス(コットス、ブリアレオス、ギュゲス)を産んだ。
ところがウラノスはキュクロープスとヘカトンケイレスの醜さを嫌い、彼らをタルタロス閉する。怒ったガイアはクロノス金剛を渡し、ガイアとウラノスが同衾するところを襲撃させる。哀れtntnを切り落とされたウラノスは王座を追われ、に放り捨てられたtntnから生じた泡からは美の女神プロディーテーが産まれるのであった。

ウラノスから王座を簒奪したクロノスであるレアーを妻に迎え、ヘスティアデメテル、ヘーラーハデスポセイドンが産まれる。しかしクロノスの横暴に耐えかねたガイアと、追放されたウラノスから「お前は自分の子供に打倒される」と予言された為、恐れたクロノスは次々と生まれた子を飲み込んだ。
レアーはこれに恨みを抱き、最後に身籠ったゼウスを密かに匿う。やがて逞しく成長したゼウスの中からを救出すると、キュクロープスやヘカトンケイレスの協を得て、予言の通りにクロノスおよび彼に追従するティターンを打倒、勝利した。この戦争を「ティノマキア」と呼ぶ。

しかしガイアはが子であるティターンタルタロスの深淵に閉された事に心を痛め、彼らを救う為にギガースに助けをめる。ギガースもまた、ウラノスのtntnを切り落としたから滴り落ちた血によってガイアがみ、産んだ子らだった。
ギガースとオリュンポスの戦い「ギガントマキア」は、最終的にオリュンポスの勝利に終わり、ギガースは倒されてしまう。「々に負ける事がない」と予言されたギガースも、この戦争を予見したゼウスが「人間」との間にもうけた大英雄ヘラクレスには勝てなかったのだ。ガイアはギガースに不死を与えるを生じさせたが、ギガースに渡る前にゼウスによって刈り取られ、役に立つことはなかった。

二度の勝利に増長するゼウスに対し、ガイアはタルタロスと交わり、最強怪物テューポーンを産み出した。
怪物はオリュンポスをし、恐怖した々は動物に姿を変えてエジプト逃げ出した。単身立ち向かったゼウステューポーンに敗北霆を取り上げられた上に手足の腱を切り落とされ、洞窟に閉じ込められてしまう。とはいえテューポーンも傷とはいかず、番人としての女怪デルピュネーを置いて、ガイアに傷を治してもらいに行った。
この隙に狡猾なヘルメースによってゼウスは救出され、を取り戻した々によってテューポーンは追放、エトナ火山の下敷きにされる。これ以後ガイアの名がられる事はなくなり、大地から人へと移行していくギリシア神話から静かに退場するのである。

現在では上記の神話と大地をるという属性から『地球の意志』及び地球の代名詞という意味を持たされることもある。

最近では若い男性『もっと輝け』と囁くようにもなっている模様。


ガイア理論


ガイア理論およびガイア仮説とは、地球生物が相互に関係し合い環境を作り上げていることを、ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。

つまり、「この地球生き物としての思考ができる巨大生命体」というもの。

アメリカの大気学者、ジェームズラブロックによって1960年代にこの仮説を提唱された。理論名前ギリシャ女神ガイアより。

ジェームズ・キャメロン監督映画アバター」の一部設定(生き物)も、このガイア理論を基にしている。


曖昧さ回避



実在



架空



関連商品


■dw628635
■dw628552
■az4003211014
■az4000800132


関連項目



最終更新日: 20/02/16 18:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ