ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガブリエル


ヨミ: ガブリエル
掲示板をミル!
5カキコ!

ガブリエルとは、ユダヤ教天使である。

ユダヤ教から生したキリスト教イスラム教などの各宗教(いわゆる「アブラハムの宗教」)でも、変わらず天使として扱われている。


概要


ヘブライ語で書かれたユダヤ教典「タナハ」の一編、「ダニエル書」に登場する天使

ダニエル書」において預言者ダニエルエルサレム未来に関する幻視を得たときに、その幻視の意味をダニエルに説くためにから遣わされた存在として現れる。

要はメッセンジャー役と言うだけなのであまり容姿やの描写は多くないが、「人のように見える者」とだけ記載されている。また、「飛んできた」と記載されているので飛行があるようだ。

「大天使」などとして重要な天使を並べ立てる際には、ミカエルに次いで名前が挙げられることが多い。二大天使といえばミカエルと彼を、三大天使と言えばミカエルと彼とラファエルを、四大天使となるとミカエルと彼とラファエルとあと一人(ウリエルが多いが、死海文書などではサリエルが入っていたりする)をしていることが多い。

トビト記などの外典にも登場しており、そこでは「の左側に坐している」と記載されているとのこと。

性別については、旧約・新約問わず聖書の中では男性形で記述されている。しかし後述のようにキリスト教美術での「清らかな天使」としての描写の影を受け、創作作品などでは女性の姿で描かれる場合もある。


名前


ヘブライ語表記では「גבריאל」と書く。ちなみに2文字の「ב」(ヘブライ語は右から左に書く)はbでもvでも発音されるが、この場合はvで発音されるそうで、正しくカタカナ表記するならば「ガエル」かもしれない。

「人」や「男」を現す「גבר」、「」を現す「אל」の合成であり、その名は「の人」と言った意味となる。ただし「אל(エル)」は天使の名前によくつく接尾語なので、「人を天使」「人のような天使」と言った程度の意味かもしれない。


派生宗教において



キリスト教


キリスト教においても、ユダヤ教の「タナハ」は典「旧約聖書」として受け入れられているので、「ダニエル書」に登場するガブリエルはそのまま天使として扱われる。

また、ユダヤ教キリスト教独自の典「新約聖書」でも「ダニエル書」と同じくメッセンジャー役として登場しており、特に「ルカによる福音書」で「マリア」に「イエス・キリスト」の受胎を告げた(「受胎告知」と言い、様々な宗教絵画の題材となっている)ことが有名である。

イエス・キリストキリスト教教祖であり神の子でありそのもの(三位一体説)でもある。そのイエスの受胎を告げた天使であるため、キリスト教でも大変重要視される。

マリアに受胎を告げる」という役から、絵画などでは清らかなイメージの姿で描かれる事も多く、またマリアの純潔性を現すシンボル百合」と併せて描かれることも多い。そのせいか時代が下るにつれて徐々に女性的・中性的イメージを持たれることも多くなり、近年では女性の姿で描かれる例すらある。

なお、同じく「ルカによる福音書」で「洗礼者ヨハネ」のザカリアの元にも現れており、ザカリアの妻がヨハネを身籠ったことを伝える。しかしザカリアは自分と妻の老齢を理由にこれを信じなかったため、罰として口がきけなくされてしまう。


イスラム教


イスラム教ユダヤ教キリスト教の教えの多くの部分を受け継いでいる。そのためイスラム教においても重要な天使の一人である。詳しくは該当記事ジブリール」を参照。


人名として


聖書に登場するその他の名前と同じく、西欧での人名の由来になっている。

ブリは多くの場合男性名だが、女性名としても使われる。末尾を変化させたガブリは専ら女性名として使われる。また、ガブリエルという苗字系も存在している。

ニコニコ大百科に記事がある実在の人物としては、「ガブリエル・ユルバン・フォーレ」「ガブリエル・バティストゥータ」「マルクス・ガブリエル」「ガブリエル・アプリン」など。


創作作品において


有名な天使であるため、様々な創作作品において名前が登場する。そのまま「天使」として登場する場合もあれば、上記のように人名としても広く使われる言葉なので単なる登場人物の名前として使われている場合もある。

ニコニコ大百科に記事がある作品では、

などが例として挙げられる。


関連項目



最終更新日: 18/10/09 02:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ