ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガメラ 大怪獣空中決戦


ヨミ: チョウオンソクノダイケットウ
掲示板をミル!
25カキコ!

ガメラ 大怪獣空中決戦とは、1995年3月11日開されたガメラ映画である。


書くよ、概要はきっと書くよ!


ガメラ生誕30周年記念作品で、平成ガメラ第一作となる映画
現代にった古代文明の遺した災いギャオスと最後の希望ガメラとの死闘を描く。 

監督は当時青春映画ピンク映画で名を馳せていた金子修介で、彼の特撮第一作にあたる。
当初、製作元の大映は1966年製作された大魔神3部作の復活を考えていたが、1984年ゴジラシリーズが復活し、その後のvs路線がヒットしたことで、より人気のあるガメラの復活を望むファンを中心に高まっていた。

しかしながら、当初予定していた20周年記念映画は『ゴジラ (1984年)』が思いの外ヒットしなかったことから時期尚と判断され、より怪獣の定着したvsシリーズの大ヒットを受けて対抗としての企画にGOサインが出たという。 但し、実際にゴジラの対抗とできたのはこの作品だけで、この年にゴジラシリーズは『ゴジラvsデストロイア』でゴジラが死んで一旦完結する。

製作年はゴジラシリーズの絶頂期(直近作は『ゴジラvsスペースゴジラ』)で、スーパー戦隊シリーズ東映メタルヒーローシリーズが好調な時期も重なり、現在よりも特撮映画にとっての環境較的明るいものだった。
ガメラ復活の報が流れると、CS放送のチャンネルNECOで旧昭和ガメラシリーズが連日再放送される(中にはガメラスペシャルのような重なものも含まれた)など、宣伝面でも大きく話題になったが、金子監督に与えられた予算は僅か5億(後に6億に増額)と、平成ゴジラシリーズの半分ほどであり、ギャグ映画コメディになること(元々の昭和ガメラはそんなもんだけど・・・)を覚悟したという。

ところが、特技監督ゴジラに関わった経験のある樋口嗣を、脚本にうる星やつら機動警察パトレイバーなどの押井守SFに関わった伊藤和典という強スタッフを獲得したことで、ゴジラシリーズでは不可能だった『ゼロから全なガメラ映画のリブート』(ゴジラ映画の設定は必ず54年版をどこかに絡めなければならなかったため)を行おうということになり、実際に怪獣が出現した場合の人類を描くリアリティ追求した自由な作劇を行うことになった。
このほか、当時の特撮怪獣映画としてはしく、J-ROCKバンド(爆風スランプ)が主題歌を手がけるということも少し話題になった。 

こうして開された本作はそのストーリーと丁寧な特撮ワークが絶大な支持を集め、キネマ旬報のベストテンにまで選出されるなどしたが、業的には配給収入5億、観客動員90万人と平成ゴジラシリーズのそれに較するとかなり低調に終わり、テレビ放映権とソフト売り上げで辛うじて黒字収支となった。このため、次回作が作られるか、シリーズ化できるかは非常にシビアなところだったという(一応、この映画単体でストーリー完結するようには出来ている)。


キャラクター付けと樋口特撮


めてガメラの出自から設定を作り直す、となったものの、その苦労は並大抵ではなかったという。

まず、最初にガメラキャラクター付けとして、子供の味方というイメージが強い上層部や旧来ファンを納得させ、かつ現代の海外SF映画の肥えた映画マニアを唸らせるにはそのガメラそのもののリアリティを如何に理由付けるかという点にも重きをおかれた。

会議中では「これまでと同じように子供をストーリーの根幹に据えるべき」「現代のガメラであればロボガメラもありなのではないか?」といったブレーンストーミングが繰り広げられ、有体に言えば「ガメラに思い入れのある世代」と「新世代ガメラを作りたい世代」のぶつかり合いとなり、時には大の大人が大で大喧なるほどの本気のものだったという。
結局は「ガメラガメラである(?)」ということで落ち着き、今日知られる平成ガメラの「古代文明の創り出した地球越した生体兵器」という新生ガメラが誕生した。

一方、敵怪獣昭和ガメラで最も苦戦し、さらに人気の高かったギャオスとすることは較的アッサリと決まったという(ギャオスの方が人気なのだろうか?)

こうして始まった撮影では、低予算下という状況を逆手に取り、人間パート怪獣に巻き込まれる人々を描く方向に重点が置かれ、視点人間からとすることでリアリティを高めている。
タイアップ元の日本テレビからも当時のニュース番組だった「ニュース プラス1」の放送セットをそのまま用いて怪獣出現のニュースを使うなど、実在災害と同じように描いている。

特撮面では、随所に東宝特撮円谷英二作品へのオマージュがあり、ギャオスに一般市民が喰われた後に束が映るシーンなどは、元ネタを知っている人であればよりトラウマを増長させるだろう。
昭和ガメラで描かれたシーンリメイク的な部分も散見され、ギャオス超音波メスに緑色の血液を流すガメラシーンギャオス自身が脚を自ら切断してガメラをやり過ごす部分、ギャオス断末魔シーンなどがある。

また、当時まだ邦画ではあまり用いられなかったCGも効果的に使用され、ガメラギャオスミサイル攻撃するシーンや高速のバトル、そしてガメラの新必殺技プラズマ火球などに用いられている。
このあたりは当時オプチカルプリンターによるアナログ合成で線技を多用したゴジラvsシリーズとは大きく異なる部分で、ギャオス超音波メスやガメラプラズマ火球などは全てCGによって作られている。

一方で、やはり予算不足だったためか、怪獣による都市破壊シーンは実は総時間で見るとあまり多くなく、多くはといった簡素な部分が立つほか、破壊部分も本当に限られた部分だけになっている。
ガメラの特徴である、回転ジェットも、実はこの作品だと1回しか使われていない。しかし、そのシーンは旧版の花火ピアノ線を使った安っぽいものではなく、当時としては非常に質の高いCGによって造られ、脚からプラズマジェットを噴射して飛び上がり、過去作とはべ物にならない高速であの独特の音をかせながら飛び去っていく部分で、とても迫があり必見。

このほか、平成ゴジラではまだ破壊されていなかった箇所を襲撃ポイントにすることも考慮された。福岡ドーム東京タワー怪獣によって残に破壊されるシーンはこの映画でも特に有名なところ。

また、予算が限られていたことで先述の必殺技が使える機会も限られていたため、怪獣同士の立ち回りがバトルメインとなり、当時線技の撃ち合いになっていたゴジラシリーズとは一線を画した緊迫感のある戦闘シーンが出来上がることになった。特にラストガメラギャオスの1対1の対決にはこのあたりがよく描かれているといえる。


ストーリー


1995年日本太平洋上に突如移動する巨大な環礁が現れた。

その環礁は黒潮に乗ってやがて日本に近づいていた。
環礁を調に向かった海上保安庁保険会社の草薙はそこで古代の碑文と大量の勾玉を発見する。
そして、碑文が突如としてヒビ割れ、環礁全体がく。この環礁は生物だったのだ。 

同じ頃、五島列島姫神(架)で怪鳥によって民が殺されるという事件が発生。
鳥類学者の長峰は、そこで民を食った巨大な生物を発見する。
この羽毛が生えておらず牙があり、さらにを極端に嫌う夜行性というそれまでのどんなにも見られない特徴を持っていた。 

政府はこの日本だけに現れた学術的に重な生物だとして保護することを決定し、福岡ドームにて誘導作戦を実行。は麻酔により睡し、成功したかに見えた。
しかし、福岡ドームにもう一頭のより巨大な怪獣が現れた。
その怪獣ドームから離れようとしない。怪獣を追って日本に現れたのだ。 

頑丈な格子に閉じ込められていたは強線で檻を切断すると彼方へ飛び去った。それを追った巨大怪獣円盤のように回転飛行してそれを追い、消えていった。

最後の希望ガメラ、時の揺りかごに託す。災いの影・ギャオスと共に覚めん。

環礁の碑文に記されていた文字にはこうあった。
古代文明が人為的にガメラを生み出したのではないかと推測され、同じようにギャオスが生み出されたのではないだろうか?
こうして、巨大怪獣は『ガメラ』、怪鳥は『ギャオス』と命名され、日本政府はより巨大なガメラの殲滅作戦に打って出る。
しかし、ギャオスには単体生殖のがあり、そして人を襲うという暴性があった。このままでは、僅かな期間で爆発的にギャオス増殖世界中が危機に陥ってしまう可性があった。

その頃、草薙、浅が持ち帰った勾玉でガメラと交信するを得てしまう。
富士山麓での自衛隊との攻防や木曽山中でのギャオスとの戦闘で浅自身の身体も同じように傷ついていく。 

木曽山中での攻防を見たと長峰は、ガメラが人類の味方であることを確信する。

しかし、自衛隊ガメラによる妨を逃れたギャオス最後の一頭が成体にまで巨大化ガメラ同等の体格を得ると同時にに遮が出来て間でも活動可なように進化していた。

自衛隊ギャオス殲滅作戦はことごとく失敗。東京タワーを折られ、逆にそこに巣を作られてしまった。
もはや、碑文の通り、ガメラが最後の希望となってしまう。 

ガメラ覚めることに呼応した浅は再びガメラが現れることを告げる。

そして東京にてガメラギャオス最後の闘いが始まった。
果たしてガメラはこの災いを退けることができるのか? そして人類の運命や如何に!?


関連動画



■nm5487151[ニコ動]

■sm3884598[ニコ動]


いっぺんこういう商品買ってみたかったんだよ


■azB003NX4GQA
■azB005ENCIWG
■azB003DTLUF4
■azB003DTLUFE
■azB00CL8HCU0


関連項目



最終更新日: 15/10/10 05:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ