ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンダム


ヨミ: ガンダム
掲示板をミル!
1100カキコ!
ガンダム この記事では人兵器としてのガンダムに付いて解説しています。
同人兵器が登場するアニメ作品に付いては機動戦士ガンダム」を
アニメから続く作品系列に付いては「ガンダムシリーズ一覧をそれぞれ参照のこと。

ガンダムRX-78-2 Gundam)とは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する架モビルスーツMSMobile Suit)と呼ばれる人型機動兵器人型ロボット兵器)である。

RX-78-2 ガンダム

[画像を見る]

アニメ機動戦士ガンダム」に登場する地球連邦軍の試作モビルスーツである。デザイン大河原邦男
RX-782号機。番の-2はバージョン情報である。

作中では連邦軍の起死回生作戦であるV作戦の名のもとにガンタンクガンキャノンホワイトベースペガサス級強襲揚陸艦)と共に建造される。開発主任主人公であるアムロ・レイテム・レイ

敵であるジオン公国サイド7偵察時の部下の断襲撃に起因する出来事により、偶然アムロ・レイが乗り、以降ホワイトベース母艦に活躍する(余談だが、この時の部下の断行動がなければ、アムロがガンダムに乗ることもなく宇宙世紀歴史は変わっていたかもしれない)。

また、RX-78シリーズ宇宙世紀世界では、初めてビーム兵器ビームライフルビームサーベル)を手持ち武器として与えられた革命的なモビルスーツである(シャアく、ビームライフルの威戦艦並の威らしい)。

その他にもコックピット戦闘機コア・ファイター)に変形する「コアブロックシステム」を搭載する、大気圏突入を有するなど、あくまで試作機という意味合いが強い部分もある。

装甲材としては「ルナチタニウム」を用いて制作されたルナチタニウムが使用されており、(装甲材の設定はいろいろあるらしい)MS-06ザクⅡザクマシンガン程度の威なら、全くのダメージを受けない。

この2号機のデータを元にRGM-79「ジム」が製造された。ただジムはあくまで戦時省略であり、RX-78タイプからスペックを大きく落としている。が、生産性の高さからジム系列として地位を確立し、生機種も多い。

ジムMSとガンダムの関係はいわゆる「ハイローミックス運用」のそれで、大量生産に向かないガンダムの代わりにジムが大戦の量産機として活躍した。ハイとローにおいては、基本はガンダムがハイジムはローを担保するのだが、一年戦争末期の一部ジムMSは既にRX-78-2に匹敵するを持っていた。
もっとも「ガンダムタイプ」は当該時代の革新的な技術を持っている例が多く、時代が進むにつれてジム系では追い付けない程の差が付いてしまうのも事実

なお『MSV』『M-MSV』ではガンダムの量産型RX-81 ジーライン」が設定されている。ジーラインFSWS計画の設計を反映しており、RX-78シリーズスペックの維持は論、基本フレームに多様なオプションを装着可な拡性の高さが特徴。ガンダム7号機並のマルチロール性を持つ万機となっている。
つまりRX-78の「量産型」は、大きく分けて簡易GM系列と正統ジーラインの2通り存在する事になる。

母艦であるホワイトベース、そしてパイロットアムロ・レイと共に各地を転戦し、ジオンの名だたるエースパイロット達や、最新兵器を撃破し続け、伝説的な機体として認知されるようになった。ジオン側からは連邦の白い悪魔と呼ばれた……と言うのが有名だが、これは後年のゲーム作品において「ソロモンの悪夢」の異名を持つアナベル・ガトーが、アムロの乗るガンダムを評した言葉で、原作では登場していない呼び名である。

最終的には宇宙要塞ア・バオア・クーでの決戦時、ジオングと相打ちになる形で大破(参照:ラストシューティング)。
アムロコア・ファイターで脱出し、脱出の際に強制排除した上半身Aパーツと下半身Cパーツア・バオア・クー内部に放棄された。

派生機


RX-78シリーズ


作中のガンダムはRX-782号機であり、色はトリコロールカラー塗装されている[黄色]。他にサイド7で開発されていた機体には、1号機と3号機がある。(1号機はサイド7襲撃時に破損・放置され[色は]、3号機はマグネットコーティング試作機として、G-3ガンダムと呼ばれる。[色はグレー])

ちなみに番の数字(-2)は先述した通りバージョン情報である。2号機も当初はRX-78-1仕様であった。この辺はプロトタイプガンダムG-3ガンダムの記事を参照して貰いたい。

また上記の1~3号機以外にも、RX-78セカンドロットに分類される機体が存在する。

ホワイトベース級強襲揚陸艦サラブレッドに搭載された宇宙専用機として修を受けたガンダム4号機(G04)とガンダム5号機(G05)。通称「マドロック」と呼ばれる撃戦仕様ガンダム6号機FSWS計画を織り込み一年戦争後にロールアウトした重設計オプション込みのガンダム7号機。未だ詳細不明のガンダム8号機など。

元々は小説版で2号機という設定が付加されたものから始まった。その後、現在のガンダムの流を創った『ガンダムセンチュリー』において、ガンダムの試作機設定を含めた宇宙世紀全体の設定が発展し、公式MSVがそれを取り入れた形となる。
MSVでガンダムの1号機であるRX-78-1「プロトタイプガンダム」の設定を公式が取り入れ、旧キット1/144プロトタイプガンダム」のインストラクションで公式にガンダムは8号機まで存在していた、という設定になった。

MSV』として設定が存在していた4~7号機に1990年SDクラブ誌の『M-MSV大河原邦男コレクション)』で設定とデザインが追加された。後にカトキハジメによって大河原デザインリニューアルした機体がゲームに登場した。

RX-78タイプが少なくとも8機製造されたという事はガンダムセンチュリーから続く設定だが、8号機に関しては別バージョンに刷新されたのかは不明で、『M-MSV』でも触れられなかった(8機設定は現在も続いている)。


他のバリエーション


RX-78-02 ガンダム2号機(ORIGIN版)

漫画機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するif機。ガンキャノンガンタンクif設定の影を諸に受けているため、開発経緯から色々と違う。従来のガンダムの兵装に加え左肩部ショルダーマグナム、右肩部ガトリングを装備している。これとは別にショルダーキャノン付きのバックパックも用意されていた。

オリジン版のコアブロックシステムコアポッドという脱出用小飛行機に置き換えられている(オリジンにもコア・ファイターは存在するがコアの役割を持たないただの戦闘機となっている)。

RX-78T ガンダム(ティターンズ仕様)

制圧SLGギレンの野望』に登場するティターンズ仕様RX-78で、G-TITANST-ガンダムとも呼称される。一年戦争時にティターンズが発足したという「if設定」が基となっており、RX-78ティターンズフラッグシップ機にする為に開発された。ある意味ガンダムMk-ⅡガンダムTR-6[ウーンドウォート]泣かせのMS

初代ギレンの野望システム上高性機の生産が限定されているため、本機に限れば何機でも生産が可という二の利点があったのだが、ゲームが世代を重ねると微妙な性になってしまった。

RX-78/C.A キャスバル専用ガンダム

ギレンの野望』に登場。シャア・アズナブルキャスバル・レム・ダイクンとしてネオジオンを率い、ニュータイプの理想を掲げて決起するというifで生まれたガンダム。シャア専用機としてく塗られている。装備は変わらないが推が大きく向上している。

「ガンダム」の名前の由来

企画段階では「フリーダムファイターガンボーイ」というタイトルだった。

後に短縮され「フリーダムガンボーイ」となったが、

この「ガンボーイ」の部分が当時人気を博したアメリカ映画コンボイ』に影し「ガンボイ」に、

さらにチャールズ・ブロンソンがTV-CMで流行にした「う~ん、マンダム[動]」から「フリーダム」のダムとかけて「ガンダム」という名前が生み出された。

出典:2002年発行講談社刊『ガンダム者―ガンダムを創った男たち』

他作品でのガンダム

アニメ機動戦士ガンダム」は大ヒットし続編がたくさん作られた。
その続編に登場する役機である巨大ロボットも「ガンダム」または「ガンダムタイプ」と呼ばれている。

その多くの「ガンダム」「ガンダムタイプ」は本稿のRX-78を元にデザインされているため頭部にアンテナ・口に二つの切れアゴの部品など共通点が多く見られるものが多い。

以降の宇宙世紀シリーズでは一年戦争英雄あやかり、多くのガンダムタイプが建造された。その多くが連邦軍の徴という意味も兼ねていた。

以下、アナザーガンダム宇宙世紀舞台としないガンダム作品)における「ガンダム」の解説


次へ»
最終更新日: 19/05/23 20:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社