ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンダムスローネ


ヨミ: ガンダムスローネ
掲示板をミル!
78カキコ!

ガンダムスローネとは、機動戦士ガンダム00に登場する機動兵器モビルスーツガンダム」のひとつである。
名称の由来は第三位の階級を持つ座天使"スローンズ(Thrones)"からと思われる。

機体の系統には、スローネと、スローネデータを元にして造られたGN-Xの二種類がある。

メカニックデザイン鷲尾 


概要


初登場は15話。第1期中盤で三大勢の攻撃にあっていたCBの4機を助けに来た際に姿を現した。

以降は武介入と称して各地で過軍事行動を展開するが、第1期後半にはアインツヴァイが大破、第2期終盤にドライが大破した事で、ガンダムスローネは全滅した。(ただしスローネデータを元に造られたGN-Xなどは第2期以降も地球連邦軍側に引き続き配備されているので、スローネ系統のMS全にいなくなったわけではない)。

 

ガンダムスローネは、正確にはもともとCBによって開発されたガンダムではなく、「監視者」アレハンドロ・コーナーの先祖が、木星近くの宇宙船の残骸から見つけた情報端末(ハロ)のデータを元に開発した機体である。そのため、CB側が搭載するオリジナルとは異なったい粒子を放つGNドライヴ擬似太陽炉)を搭載しており、この粒子で生成されたビームは人体に障を引き起こす性を持っている。

また、機体の設計方針もCBガンダムとは大きく異なる。CB側のガンダム4機はそれぞれが特定戦闘を想定して頭から足まで異なる機体設計がなされており、GNドライヴメインフレームの中に格納されている。それに対してスローネの場合は量産を前提とした設計であるため、武装と頭の形が違うこと以外は全く同じ機体設計となっており、GNドライヴは格納される形ではなくドライヴそのものがメインフレームとなっている(スローネが異様に細いのはそのため)。

 

スローネシリーズ

ガンダムスローネアイン
ヨハン・トリニティの乗る、撃・狙撃に優れる長距離仕様ガンダム背中にはGN粒子を圧縮して発射する「GNランチャー」を装備している。兄弟機の連結により威と呼び方が変わり、2機連結では「GNメガランチャー」、3機すべての連結では「GNハイメガランチャー」となる。
ガンダムスローネツヴァイ
ミハエル・トリニティが乗る、近接~中距離戦に特化したオレンジ色のガンダムエクシアと同じように近接戦用の大剣を持つほか、GNファングと呼ばれる誘導兵器を8本装備している。
ガンダムスローネドライ
ネーナ・トリニティの乗る、深紅色のガンダム。前の2機とは違って戦闘用の強な武装は持たず、機体の各部にあるGNコンデンサーを使用したGN粒子供給や、GN粒子の大量散布によるジャミングなど、サポートを中心とした戦闘を行う。
ガンダムスローネアイン トゥルブレン
機動戦士ガンダム00V』に登場する、高機動スローネアイン。飛行用ユニットトゥルブレンツ(乱気流)」の追加で飛行形態へ変形できるようになった。トゥルブレンツ側にも擬似太陽炉が搭載されているため、活動時間を延長したりユニットを分離して支援マシンにすることもできる。

 

スローネ系統

ジンクスGN-X
GN-X の項を参照
アルケーガンダム
アリー・アル・サーシェスが乗る、第2期より登場のガンダム。開発に際してイノベイター側の技術が使われているが、ベースとなる機体データは大破したツヴァイのものであるため、分類のうえではこの機体もスローネシリーズである。
メイン武器であるビームライフル兼用の大剣に加えて両足にもビームサーベルを装備、さらにGNファングも8本から10本に増えており、ツヴァイよりも攻撃性が増したMSとなる。また、胸部に1つと両足に2つ、計3基の擬似太陽炉を搭載しているが、アルケードライヴは胸部の1つだけで両足にあるのはGNコンデンサーではないか、とも言われている。
名前のは権天使アルケー)。なお、アルケーギリシャ語で「根・起」を意味する言葉でもある。
ヤークトアルケーガンダム
機動戦士ガンダム00V』に登場する、アルケーガンダムの重武装。ガンダムスローネ3機がそれぞれ搭載していた武装を全て搭載しており、「ステルスフィールドによって敵を孤立化し、GNランチャーで長距離撃を行ったあと、GNバスターソードによる近接戦闘で敵を撃破する」というこれまで3機で行っていた作戦行動を単独で行える。
3機分の武装を搭載しているため重量とGN粒子消費量が著しく増えており、両部にGNコンデンサーを搭載した追加アーマーを装備している。GNファングは10本から12本に増えた。
アルケーガンダムドライ
機動戦士ガンダム00V戦記』に登場する、ガンダムスローネドライの設計思想を引き継ぎいだ戦闘支援仕様機。
ネーナ・トリニティアリー・アル・サーシェス復讐するためにリジェネ・レジェッタの協を得て開発されていた。強になったGNステルスフィールドレーダーや通信妨だけでなく敵のビーム拡散やGNファングを使用不能にし、自機のみがビーム兵器ファングにより一方的に攻撃することができる等対アルケーガンダムを意識した仕様になっている。
機体色はダークグリーン。GNバスターソードは非搭載で新たにGNハンドガンを装備しGNファングは2本に減っている。
スローネヴァラヌス
機動戦士ガンダム00V』に登場する、アレハンドロ・コーナーによって開発された試作MSスローネデータを元に開発されており、このスローネヴァラヌスを元としてGN-Xが造られた。開発に際してスローネパーツを多く流用しており、スローネGN-Xの両方の特徴が伺えるデザインとなっている。

 


関連動画



■sm8232973[ニコ動]

■sm10757076[ニコ動]
■sm10868260[ニコ動]
■sm7860861[ニコ動]

やってみた系

■nm3398957[ニコ動]
■nm7124595[ニコ動]
■sm3290347[ニコ動]
■sm3290260[ニコ動]


関連項目


■azB0012C59EM
■azB0013H61QG
■azB0015C7MZS
■azB0024MN61C


関連項目



最終更新日: 16/05/08 16:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ