ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンプラ


ヨミ: ガンプラ
掲示板をミル!
2093カキコ!

ガンプラとはガンダムプラモデルを略した称である。創通の登録商標。

バンダイによるガンプラ公式な説明では以下のようになっている。

ガンプラとは ガンダム + プラモデルガンプラ

機動戦士ガンダム」のシリーズに登場するモビルスーツモビルアーマーと呼ばれるロボット戦艦などを立体化したプラモデルの総称です。


概要


アニメ漫画小説ゲームを問わず、ガンダム作品に登場した機体をプラスチックモデルキット化したシリーズ1980年に発売されてからバンダイのひとつの顔となっている。ガンダム商品と言えばまずこの「ガンプラ」が挙げられるだろう。数々の社会なども起こし幅広い年代に人気があり、今でもガンプラは続々新作が発売されている。

基本的に接着剤は使用せず、較的組み立てが簡単なモデルが多い。また、近年のガンプラは色分けにもこだわっており、塗装がほぼ不要なほど。バンダイの高い技術が惜しげもなくつぎ込まれており、年々完成度が進化していく様は「バンダイ驚異の技術」と称され、根強いファンが多い理由の一つでもある。

なお、これらのガンプラ内の静岡に存在する「バンダイホビーセンター」で企画、開発、生産の全てが行われている。膨大な商品数を抱える割には再生産も積極的に行われており、公式で絶版をアナウンスされたモデルは「HG ガンダム」のみである(実際には短期で終了したシリーズやガンダマン等再生産が行われないモデルはいくつか存在する)。

ケールは1/144、1/1001/72、1/60、1/48、1/500、1/1200…など多くの大きさで立体化されているが、現在は1/144、1/1001/60の3種のスケール流となっている(後述)。

ニコニコ動画においては、初めから組んでいくレビューや、コマ撮りで劇場を行ったりするものが多い。


主なグレード



ハイグレード(HG)


に1/144ケール(初代ガンダムが約12.5cmサイズになるスケール)のプラモデル1990年代に展開されたHGハイグレード)シリーズと、1999年から展開が始まったHGUC(ハイグレーユニバーサルセンチュリー)が存在し、現在後者流となっている。
価格は1000円2000円程度だが、大MS・MAはこの限りではない。
飾る場所にあまり制約が出ず、コレクション的にオススメなタイプ。価格やサイズを抑えた分、色分けやギミックが不十分な点もあるが、これを補うための改造塗装入門にも最適であろう。
息の長いグレードであり、発売時期によって出来の良さが大きく異なる。一部に地雷モデルがあるのでそれはリサーチすべし。

なお、HGUCはその名の通り宇宙世紀作品のキットが流であったが、現在機動新世紀ガンダムXHGAW)、機動武闘伝GガンダムHGFC)、新機動戦記ガンダムWHGAC)、∀ガンダムHGCC)、機動戦士ガンダムSEED/SEED DESTINYHGCE)のキットもHGUCのナンバリングに含める形でリリースするようになり、ブランドの統合を図りつつある。

HGUCに相当する新作ガンダムのキットとして、その当時のシリーズガンプラである「SEED HG」、「HG GUNDAM 00」、「HG GUNDAM AGE」、「HG GUNDAM IBO(鉄血のオルフェンズ)」等が存在する。

HGオールガンダムプロジェクト

2013年7月にはHGオールガンダムプロジェクトと銘打った構想が発表された。

このプロジェクトで以下のキットが発売された。

この顔ぶれを見て「デスサイズが出てないからやり直し」などと思ってしまったのではないだろうか?
オール」と銘打たれているため、受け手からはガンダムの名を冠せられたキット」を積極的に展開していく構想だと捉えられたが(媒体によっては全ガンダムのつもりで発信されたものもあるかもしれない)、バンダイ的にはガンダム各作品の役機」を積極的に展開していくプロジェクトだったのである。(しかも各作品とは映像化された作品をしているようだ。)

「秘密兵器」のまま、出す機会を逃し続けてきたようなキットが発売されたことは評価される反面、「オールガンダムプロジェクト」という(ある程度)共通のコンセプトをもって設計されたため、F91やVの約15m級の機体のフォルムを表現するには若干理があったことや、値段を抑えるためか手首パーツが握り手・武器持ちのみという仕様は対処されている)だったことには不満のが上がっている。

2014年4月で一旦打ち止めということで落ち着いたようだが、いずれは漫画など外伝作品の役機や「オール」にを拡大して再動するかもしれない。

HG REVIVE

2015年6月からはHG REVIVE」として、HGUC初期のキットを最新技術で再構築した展開も始まった。

オールガンダムプロジェクトと時同じく、2013年スタートしたガンプラが題材とした作品「ガンダムビルドファイターズシリーズや「ガンダムビルドダイバーズ」のキットは前述の通り「ガンプラで楽しむ」を眼に置いた拡性が高いキットになっており、様々なカスタマイズに対応している(後のHGUCや多媒体のガンプラも同様なスタンスになっている)

こちらはガンキャノンギャンキュベレイといったキットが発売され、キット自体は概ね好評であったものの、「ビルド」シリーズのキットを初期HGUCのキットをベースにして発売したり、オリジンのキットを出す方向に開発ラインが割かれたりと連動感に欠ける展開が続き、2016年11月ストライクフリーダムを以って終了したとみられる。

2017年からはREVIVEのコンセプトを発展させたような、ガンダム40周年記念となる2020年に向けた「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」が始まっていて、Ζやブルーディスティニー・・・といったキットが再構築されて発売されている。

・・・更には近年のメカ少女ブームに便乗、もとい先駆者である「MS少女」を具現化させたすーぱーふみなやはいぱーギャン子HGBFで発売。ドラゴンボール仮面ライダーキャラクターをキット化しているブランドフィギュアライズ スタンダードシリーズ」でダイバーナミダイバーアヤリリース、などなど今までのガンプラを飛び出した展開が行なわれている。


マスターグレード(MG)


1/100ケール(初代ガンダムが約18cm)のプラモデル。価格は3000円~限定版でも10000円

塗装せずとも充分な色分けがなされており、内部フレームに装甲を被せるという構造や、凝ったギミックが組み入れられている。パーツ分けや工程もHG較して複雑になるため、それなりに工作欲を満たせるであろう。劇中で印的だったシーン再現するためのギミックや付属品も充実したモデルが多い。
ウイングゼロデスティニーストライクフリーダムなど巨大なのついたモデルは飾る場所に少々苦労するかもしれない。

一部に地雷モデルが存在する点はHGと同じ。2002年よりガンダムシリーズデザイナー第一人者であるカトキハジメ氏監修の『Ver.Kaシリーズがあり、繊細なディティールやデカールに特徴がある。一部のキットはリメイクされて通常のMGシリーズでのリリースもされている。


パーフェクトグレード(PG)


1/60スケール(初代ガンダムが約30cm)のプラモデル。価格は10000円30000円弱。

電飾、各部メンテナンスハッチの開放、装甲の隙間から覗かせるフレームのディテール、関節の可動に伴って伸縮するシリンダーまで再現されていたりと、スケールの大きさを利用して多くのギミックが詰め込まれている。総パーツ数が1000個をえるモデルもあり組立には長時間を要するが、完成した際の達成感は大きいだろう。
プラモデルに自信のある人しか手を出してはいけないと思われがちだが、工程が多く手間がかかる点を除けば組立の難度はMGと変わらない。工作欲や所有欲を満たすには打ってつけのモデル
飾るスペースを非常に取るので注意が必要である。


リアルグレード(RG)


HGと同じ1/144ケールながら、精密感を底的に追求したプラモデルフレームに装甲を被せるという構造はMGと似ているが、外装パーツ分割数はMGをもぐ。色分けのレベルも非常に高く、外や説明書のサンプル写真はスミ入れ、コーティングを施した以外は塗装完成が用いられているほどである。
反面、パーツ数が多い、細かい作業を強いられがちなので初心者がいきなり作ることはお勧めしない。もちろん、説明書どおりに作ればちゃんと組みあがるが、初心者には難度は極めて高い。

内部フレームはランナーの状態である程度組みあがっているのも特徴で、バンダイの技術の高さと組み立てやすさへの配慮がうかがえるが、外装パーツは非常に細かく分割されているので、ニッパーナイフできちんとゲートを切り落とさなければ組み立てに支障が出るかもしれない。
2013年1月に発売されたΖガンダムは、1/144ケールプラモデルで設定通りの変形を初めて実現した。今後も精密な設計と成を活かした商品展開に期待したい。


REBORN‐ONE HUNDRED(RE/100)


MGと同じ1/100ケールであり、非MG1/100モデルHG的位置づけ。MG正統派な機体が多いのに対し、こちらは少々マニアックな機体がラインナップされている。

RGとは逆にフレームレス化やくさびゲートなどの技術を投入し組み立てやすさを高め、制作時間の大幅な軽減をはかりつつ外装にもこだわったモデル。ポリキャップが3種類しか存在しないなど組み立ての簡略化には底している。
内部フレームしたことによる低価格化の実現により、今までプラモデル化が難しかった機体の商品化が期待される。


その他のシリーズ


ガンプラには上記の各グレード以外にも、多くのシリーズが存在する。

旧キット

その名の通り、古いガンプラす。シリーズやスケールを問わず、HG開始前のキットが全体的にこう呼ばれることが多い。ガンプラには絶版がほとんどないため、現在でも数十年前に発売された旧キットが不定期に再生産されて、当時と同じ定価で店頭に並んでいる。

ガンダムΖΖ期までのガンプラは、組み立てにプラモデル用接着剤が必要となる。そのため、「スナップフィット」(パーツをはめ合わせて組み立てる、接着剤がいらない方式)を採用している近年のガンプラべると、組み立て難易度は少々高い。また逆襲のシャア期以降は、「いろプラ」と呼ばれる多色成(複数の色パーツが一枚のランナーに混在すること)を採用しており、よりカラフルになっているが、逆に言えばそれまでのガンプラは成色が少なかった(1/144ガンダムの場合、一色のみ)ため、見栄えを良くするには塗装をすることがよりめられることになる。

また旧キットは、当時のコストや技術の問題から、パーツ分割や色分けが大雑把であったり、可動やギミックに乏かったりもする。しかし後年のプラモデルよりもアニメの設定画や劇中に忠実な部分があったり、HGMGなどでは出ていない機体があったり、発売当時 子供だった人の「懐かしい」、「リベンジしたい」というもあり、現在でもその魅人気は決して衰えてはいない。

ファーストグレード(FG)

1/144ケールプラモデルラインナップはガンダム量産型ザクシャア専用ザクの全3種類。

このシリーズは単色成・関節の挟み込み・股関節の軸パーツなど、旧キット版のリメイクとも言える内容になっており、パッケージイラストも旧キットを意識したものになっている。一方でデザインPGのものを利用しているので、組み立てたプラモデルの見たにはあまり古臭さがない。

ガンダム00でも同名グレード(「FG ガンダム00」)でファーストシーズンに登場したガンダム4機がラインナップされた。これは後述の種コレの後継と言える設計になっており、いろプラとシールによる色分けに加えて、ニッパーを使わずに手でパーツをランナーから切り離せる「タッチゲート」の採用で、より組み立てやすくなっている。

コレクションシリーズ(SEED・SEED DESTINY)

ガンダムSEED、およびSEED DESTINY期に展開された、1/144ケールプラモデル。通称:種コレ。

低価格なことと、「いろプラ」・シールでの色分け再現から、それまでガンプラに触れる機会がなかった層にも広がりを見せた。一方でDESTINY期には投げ売りが各地で見られており、売り上げは振るわなかった模様。

首・肩・股・足首などの関節がボールジョイント状のポリキャップになっており、ある程度可動させることができる。


次へ»
最終更新日: 19/03/06 05:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社