ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンランス


ヨミ: ガンランス
掲示板をミル!
848カキコ!

ガンランスとは、ゲームモンスターハンターシリーズに登場する武器である。初出はMH2

プレイヤーの間では略称として「ガンス」、ガンランスを扱う者の事を「ガンサー」と呼称する事がある。

概要

ガンランス
ガンナー

撃機構を取り付けた武器。しばしばランス較されるが、その特性は大きく異なる。

その動きはランスに似ているが独自の部分も多い。ランスと違いを構えたまま突き進む「突進」が出来ない上、納速度も非常に遅く敵を追いかけるのが苦手で、機動は全武器中でも最下位付近。ただしガードの硬さは全武器中でもトップクラスランスと同等、1位タイ)で、ガードから繰り出せる突きはランスのそれより攻撃が高く、突き攻撃全般から「キャンセル撃」での連携が可であり、足を止めての殴り合いにおける火力効率は非常に高い。
また、突きのみならず「る」動作があり、ランスとは明確に差別化されている。

最大の特徴は「撃」であろう。
武器での刺突の他に、通常の弾薬を使って撃つ「撃」と、モンスターのブレスの仕組みを参考にして作られた必殺の竜撃砲を攻撃手段として持つ。

撃は弾薬ゲージ式になっており、武器のタイプによって最大5発の弾薬を一度に装填できる。
任意のタイミングリロード行動が可で、その際一度に装填できる最大弾数まで弾薬が補充される。
この弾薬は武器の独自ゲージ扱いになっており、1クエスト中での装填制限などは存在しない。

竜撃砲弾薬の消費や装填などを行わない代わりに、一度撃った後一定の冷却時間(スキルにより軽減可。最大2分)を経過すると自動で次弾が撃てるようになる。冷却が終了したかどうかはガンランス本体の冷却機構が熱を放出しているかどうかで判断できる。
竜撃砲コマンドを入すると、武器にが集まり、 溜めに武器を2.5ほど構えた後、大きな爆発を放ちながら数歩分後ずさる。非常に必殺技感が出ており、ガンランスユーザーはこの間恍惚の表情を浮かべるという。
MHFでは反動軽減スキルによって撃後の硬直をステップでキャンセルできるようになり、竜撃砲発射時ののけぞりを減らす事ができる。
後述するが、MHXにおいてはヒートゲージという独自のゲージの管理する機が追加された。

竜撃砲撃は質、敵の皮膚や甲殻の防御視する「視攻撃」である為、直接攻撃が弾かれやすい相手への打点になりうる。また、ダメージの一部が火属性である為、火属性に弱い敵にも相性が良い。また、撃や竜撃砲は武器の切れ味低下がしく、切れ味の維持と上手く付き合っていかねばならない。余談だが初期作品では最弱雑魚の一種であるモスランゴスタすら、竜撃砲の1撃では討伐できなかった。

武器に「タイプ」が設定されてるのも大きな特徴である。
通常弾薬が標準で5発装填可フルバースト(後述)のダメージに上方倍率がかかる。撃範囲は細く短い。撃のダメージは最も低い。
放射弾薬は標準で3発装填可竜撃砲ダメージに上方倍率がかかる。撃範囲は細く長い。撃のダメージは並。
拡散弾薬は標準で2発装填可。溜め撃(後述)のダメージに上方倍率がかかる。撃範囲は太く短い。撃のダメージは最も高い。

「ガン」ランスの名の通り、士ながら一部ガンナー向けのスキルも効果があるのが特徴。「装填数UP」で弾の装填数を増やせる他、MHFでは「反動軽減」で各種撃技後の硬直を減らす事ができる。
ただし基本的にはガンナー向けスキルであるため士防具にスキルポイントが付いている事は極めて稀で、発動させるには装備に一工夫必要。

初代ではガンランスもランスの一種であり、後に太刀と同様に別武器種化しているはずなのだが、銃剣をつけた大砲や、どう見ても大砲と言った趣の武器も多い。

ガードの性が高く、初心者にオススメされやすい。
また、その溢れる浪漫から一部の熱狂的なを持つとか。

MHP3からの新動作

MH3で一旦お休みし、2010年12月1日発売の「モンスターハンターポータブル3rd」にて再度登場。
この時ガンランスの仕様が変化し、新動作が登場。
それに伴ってか、各撃の毎に一部動作に補正が入るようになった。

まず前方攻撃三回が「叩きつけ」に変化。ここから後述「フルバースト」と「竜撃砲」に生させる事ができる。
また上方突きからも竜撃砲を行う事ができる。

撃方面では、撃後1発だけ装填する事ができる「クイックリロード」が登場。
クイックリロード単体で使う事はできないが、ここから叩きつけに生させる事ができる。
ちなみにこの機の影で、連続して撃を行う事はできなくなった。
また叩きつけた後に現在装填している弾薬をすべて炸裂させる「フルバースト」が可
装填数が多ければ多いほど威が増し、通常のガンランスでは威に上方倍率がかかる。

撃後R+○ボタンで少し撃を溜めて威を増す「溜め撃」が可
溜め撃も撃同様クイックリロードにつなげられるが、クイックリロード後は溜め撃→クイックリロードとなる。
溜め撃は拡散の場合威に上方倍率がかかる。
また、通常の撃と異なり、キャンセルでステップが可。 

既存の攻撃「竜撃砲」も若干操作が変化しており、以前はガード状態からでないと出せなかったが、
今回では叩きつけや上方突き3回の後○+ボタンを押す事ですぐに撃てるようになった。
竜撃砲は放射だと威に上方倍率がかかる。

また、今作でオートガードの恩恵をもっとも受けている武器であり、クイックリロードモーション中と撃の発生した間に勝手にガードしてくれるという非常にありがたい仕様以前から、撃直後は回避並の無敵時間があったけど。難点は、オートガードを発動させるには村で村長からもらえる護石を装備するしかなく、この事が広く知れ渡っているせいで扱いされがちな点。

モンスターハンター4からの新動作

MH4』での新要素であるジャンプアクションが追加された。
ジャンプ状態からの撃や、ジャンプ叩きつけからフルバーストに連携させる事が可になった。

MHX

ヒートゲージという新たなゲージが追加され、装填弾数表示が数字になり、ヒートゲージ内に表示されている。
ヒートゲージはその名の通り撃の熱を攻撃に利用するもので、ゲージ黄色/オレンジ/の三つに分けられていて、その上に現在の熱量を表すバーが存在する。
バー撃を行う事で右へ進んでいき、バーの位置が 黄色オレンジくなるにつれて撃の威が増す。オレンジで前作MH4Gと同等でになるとわずかに上回る。
撃、時間経過によって左へ進む。

バーが右に振りきるとオーバーヒートを起こし、左端でバーが一定時間固定となってしまう。
竜撃砲を使用すると少し左へ バーが下がりその位置で一定時間固定される。
どちらの場合でもバーが固定されている間は竜撃砲を撃てない。

砲術スキルヒートゲージの管理がしやすくなる効果が追加され、ゲージが下がりにくくなりゲージに達している時の上昇量が低下する。


ガンランス固有の狩技


・覇山竜撃砲
 球状の爆炎を一定時放出する狩技がなければハンターも焼けてしまうほどらしい。
 爆炎は多段ヒットし、出始めが最も強くそれ以降は弱め。砲術等の効果は乗らず、ヒートゲージも一切関与しない。
 そのため、竜撃砲使用後だろうがオーバーヒートだろうが発動可である。
 爆炎はたこ焼きと称される事もある。

の息吹
 ガンランスのリミットを外す強引な狩技ヒートゲージが強制的に最大値で固定になり、撃が強化される。
 例えオーバーヒート最低値になっていても最大値まで上げるという明らか理な運用をするこの技は工房から冷
 たいで見られているという。
 オーバーヒートさせてしまった時のリカバリーに使用できる狩技だが、撃の強化としても使用できる。
 ただし、バーが固定になるので当然竜撃砲が撃てなくなる。
 撃の強化は正確には、エフェクトの強化と撃に追加の攻撃判定が追加されている。

ブラストダッシュ
 ガンランスを後方に発射し、ロケットのごとく吹っ飛ぶ狩技。追加入叩きつけに繋げられる。
 前方に高速で突進する狩技で、移動の遅いガンランスが高い機動を得る事ができる。
 レベルが上がるにつれて移動距離が伸び、になると中判定になるので乗りも狙える。
 崖に向けて使えばも飛べる。逆に上り坂だと地面に擦れて移動距離が縮んでしまう。


スタイル


ギルドスタイル

基本となるスタイル。前作とべてヒートゲージが追加された以外変更点はなし。
クイックリロードフルバーストを普通に出せるスタイル狩技は2つ装備可なので機動カバーできる。

ストライカースタイル

叩きつけが突きに置き換えられ、フルバーストが削除されている。
MHP2Gまでのガンランスにクイックリロードと溜め射撃を加えたようなスタイルとも言える。
フルバーストができないので素ヒートゲージを上昇させる事ができない。他のスタイルよりスロースタートスタイルである。ブラストダッシュ生で叩きつけ、フルバーストを出す事はできるのでここからヒートゲージを上げていきたい。
叩きつけが突きに変わって一点にラッシュを掛ける戦法が取りやすくなっている。
ストライカースタイルの特色である狩技3つ装備可を生かし、固有狩技3種類を付けてロマンめるのもアリブラストダッシュに加え汎用狩技 絶対回避 二種を装備して圧倒的な機動を得るのもアリ

エリアルスタイル

地上で叩きつけ、フルバーストが使用できなくなっている。ストライカーと同じくXコンボ三段が突きに差し替えられ、クイックリロード後の叩きつけは出なくなっている。
エリアルスタイルの特徴でバックステップが前方に跳ねるエア回避になっている。これにより突き→突き→突き→バックステップはできない。
踏みつけ跳躍後は撃と叩きつけに生可撃をすると落下速度が軽減され若干後退し、そのまま叩きつけに生もできる。撃を行わず叩きつけた場合、クイックリロード効果が発生し、1発装填される。
叩きつけて着地した後はフルバーストはもちろん、そのまま突きの一段に繋がるので跳躍した後、中でモンスターの方向へ向きを変え叩きつけて突き三段から跳躍叩きつけを繰り返す位置を変えながら攻撃する立ち回りも可
フルバーストを出すまでがく、跳躍でクイックリロードができるのでフルバーストが最も使用しやすいスタイル
エア回避は前に進むので他のスタイルより少し機動がある。
狩技は一つ。もともと機動はあるので選択肢は広い。

ブシドースタイル

クイックリロード不可。
ジャストガードで全弾リロードする突きをし、そのまま叩きつけフルバーストが可
移動面はギルドスタイルと変わらず狩技が一つなので他のスタイルより機動が低め。

MHF


次へ»
最終更新日: 18/09/10 03:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ