ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガーネシア・エレファンティス


ヨミ: ガーネシアエレファンティス
掲示板をミル!
6カキコ!

ガーネシア・エレファンティスとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」に登場するカードである。遊戯王OCGにも登場している。登場自体はOCGの方がアニメよりい。


概要



忙しい人のための概要


いいカードを引いたぜぇ!
ぼ、ぼくにできるかなぁ?
このカードクソガキィ!
えっと、そのカードが出てきたら……

 

 

トムの勝ちデース

 

 


忙しくない人のための概要


アニメDM16話(2000年8月8日放送)で登場したカード。全ナンバーワンの賞稼ぎ、バンデット・キースキース・ハワード)が使用する。

海馬も招待客として招かれた、キースペガサスデュエル。だが、ペガサスデュエルが始まるや否や、ペンを走らせたかと思うと、観客席の少年トムデュエルの席に座らせ、自らは下がってしまう。

勝利を確信したキースはこのカードを召喚したのだが、メモを見ながらプレイするトムは「飛行エレファント」を召喚。それによりこのカードの地割れ攻撃を効にされてしまった。トムからメモを取り上げて確認するキース、なんと、ペガサスには自らの戦術が全て見抜かれていた。

その場に崩れ落ちるキース、そしてペガサスは高らかに宣言した。

トムの勝ちデース

この日から、バンデット・キースの転落人生が始まることとなる……。


アニメ版で確認できる「飛行エレファント」はこのカードよりが低い通常モンスターである。こちらも通常モンスターなので、地割れも何もあったものではないのだが、そこは初期の内容だから、として片付けよう。飛行モンスターなので地割れは効かない、ということであると思われる。

ちなみにこの「飛行エレファント」は、海馬も所持しているのが確認できる。


ニコニコ動画において、このカードが登場する「このカードクソガキィ!」の部分は、トムMAD較的よくにする。が、このカード役ではないので、あまり話題にはならない。


OCG版


Vジャンプ 2000年7月号」(2000年5月20日発売)でOCGに登場。ひそかに、Vジャンプ初の遊戯王OCGの付属カードである。そのため、Vジャンプ版のカードナンバーは「VJ-01」である。

通常モンスター
7/地属性/戦士族/ATK 2400/DEF 2000
恐るべきパワーの持ち
あまりの体重の重さに、歩くたびに地割れが起きてしまう。

※「DUELIST LEGACY Volume.4」収録のカードDL4-JP054)による

レベル7としては攻守が低い。攻撃現在の基準で上級モンスターレベルしかない(当時でも「デーモンの召喚」がいた)ので、活躍は難しいだろう。どうせなら毎ターン割れが打てるような効果を……というのは贅沢すぎるか。
同じ種族・属性レベル8の「千年原人」がこのカードの攻守を上回っているのも痛い。そもそも、戦士族自体、サポートカード恵まれている方ではないので、出番も少ないかもしれない。(後に、炎星の登場などでサポートカードは多少増えたものの、それらは最上通常モンスターとの相性は微妙。)

レベル7で攻守が同じモンスターとして「真紅眼の黒竜」が存在するが、向こうは多数のサポートカードが存在する一方、こちらはそれがない。
このカードが付属したVジャンプでも「真紅眼の黒竜」や「魔神-ヒューガ」とべられていた。「永遠の渇」、「魔女狩り」のような種族除去が戦士族にはないのが利点らしい……。

キースファンデッキに入れるのもいいが、ほかのOCG化されている使用モンスターの多くが機械族であるキースデッキとはかみ合わないかもしれない。


Vジャンプでの登場後、「鋼の襲撃者-METAL RAIDERS-」でウルトラレアで再録、「DUELIST LEGACY Volume.4」ではノーマルとなり再録されたが、「BEGINNER'S EDITION 2」(2004年)では拾ってもらえず、とうとう絶版となった。現在カードショップやトレードなどに頼らなければ入手は難しい。

エレファント)つながりで「エレファン」とシンクロすれば「ナチュル・ガオドレイク」が出せる。


関連動画


 
■sm15500461[ニコ動]

■sm26777776[ニコ動]


関連商品


 ■azB003S1ZRNS


関連項目



最終更新日: 16/02/23 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ