ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キエフ大公国


ヨミ: キエフタイコウコク

キエフ大公国とは、9世紀から1240年にかけてキエフを中心に存在した国家である。キエフ・ルーシとも。


概要


ノブゴロドを有していたオレーグがキーエフを征して建。諸説あるが、ヴァリャーグと呼ばれる集団が関与していたといわれる。このヴァリャーグは西方ではノルマン人やヴァイキングとも呼ばれる北方ゲルマン民族であったとされる。一方で、住民の大部分はスラブをしゃべるスラブ人であり、後年になるにつれ、ヴァリャーグの影は衰える。

以後、数代にわたって、支配関係の維持と領域の拡大を的とした周辺諸への軍事行動を繰り返した。最大領域は、ヤロスラフ賢の時代である。この頃には、東ローマ帝国からキリスト教東方正教)を受容しており、キエフ府教座が建てられる。

ヤロスラフ賢の死後は、息子や親族間での大公位を巡る争いが起こり、大公は分裂をしていく。南部に割拠したポロヴェツ人(キプチャク、クマン人とも)の大公への攻撃はそれに拍をかけた。ウラジーミル=モノマフが大公位に就くと、一時的にその傾向は抑えられるが、その子、ムスチスラフの死後は、再度、諸独立、分裂はしくなる。

事実上、分裂した大公であったが、1236年に始まったモンゴル帝国の征西によって、領域はされ1240年にキエフが落とされたことで名実ともに滅んだ。


名称


号はルー(古東スラブ:Роусь、Русь)。ただし、ルーシは前時代には、ヴァリャーグをさし、のちの時代には、東スラブ人やロシア人のことをさしており、文脈により多分にあいまいになりがちである。このため、あえてルーシの呼び名を避け、キエフ大公国をはじめ、キエフ・ルーシ、キーエフ・ルーシ、キーエフ=ロシア、キエフ国家など多様な名で呼ばれる。ほかに、名称に関しては、ロシアの名を関すれば、ロシアを暗にこのの後継と見なすといった立場を示し得、キエフの名を関すれば、キエフを有するウクライナこそその後継国家とする立場となりえる、といったナショナリズムとも絡む。

大公の名を関するのは、君の位великий князьに由来する。但し、великий князьを大公とするのはリトアニア大公との対やのちの時代におけるロシア爵位の関係からで、великий князьは的にも当時の感覚としても王あるいは大王に相当する。


歴史



歴代大公


斜体:古東スラブウクライナ語、露:ロシア語、ノ:古ノルド


次へ»
最終更新日: 19/07/06 01:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ