ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キセイジョウ・レイ


ヨミ: キセイジョウレイ

[画像][外部]

キセイジョウ・レイとは、「神次元ゲイムネプテューヌV」及び、そのリメイク作品「次元ゲイムネプテューヌRe;Birth3に登場する女性である。CV小林ゆう


概要


名前の由来は規制条例。年齢不詳だが、「ぎりぎり30じゃない」という台詞から29歳と思われる。敵味方関係なく「年増」「おばさん」と呼ばれており、地味に傷ついている。
銀色の長で、背広のようなを着ている。眼鏡っ娘。非常に臆病な性格をしており、事あるごとに謝る。

女神の治世に反対し、正しい規制を敷いて女神不要の世界を作る組織、七賢人の議長を務めているが統率皆無に等しく、アノネデスが場を取り仕切っている。
実は彼女女神だが、○○ハートといった呼び名はく、単に「タリの女神」と呼ばれている。


超次元


犯罪組織マジェコンヌが壊滅し、長らく平和な時を過ごしていたゲイムギョウ界。そんな中、プラネテューヌで女神の治世に反対する呼びかけをしていたのがキセイジョウ・レイである。
しかし反対運動は小規模なもので、ビラを配ってもも読まない、集合をかけてもも来ないという有様だった。一応ギルドからを付けられており、デモ阻止的としたクエストもあったが、あまりにも運動が弱小のため大した対策が採られなかった。

運動が結実しない現実を見て、「自分のやっている事は間違っているかもしれない」と悲嘆にくれるレイであったが、突然現れたの存在(クロワール)から理やりを与えられる。普段は気弱な性格だが、を得ると暴化する二重人格だった彼女は、これを機に運動を過化。デモに参加する人々も増加し、ゲイムギョウ界を騒がす勢へと発展する。
騒動の中心地はプラネテューヌであったが、折り悪くネプテューヌネプギア次元世界に飛ばされていたため、対応が遅れて事態の悪化を招く。代わりに他女神が出撃して対応するが、覚醒したレイ都市中心部に結界をり、同時に女神コピーを生み出して女神たちを苦戦させる。グッドエンドルートでは、ホワイトハートグリーンハートを同時に相手した上で勝するという強さを見せている。の中心部にある結界のせいで女神以外は近寄れず、住人はただただ眺めている事しか出来なかった。

その後、次元から増援を連れて帰ってきたネプテューヌたちが到着。ノワール(次元個体)を捨て駒にする事で結界を突破し、を阻んだ女神コピー体を倒して最深部にいたレイと対峙。ラスボスとして戦う事になる。ラスボスだけあって強く、体が半分以下になるとエグゼドライブを繰り出すようになる。一周では即死同然のダメージを受けるため、撃破には運が絡む。撃破後の末は、ルートによって異なる。グッドエンドの場合はアイリスハートお仕置きされ、トゥルーエンドの場合は次元世界レイが現れて、説得を受ける事になる。ノーマルエンドでは物語が最後まで続かないので、戦えない。


神次元


次元とは異なる平行世界次元にもキセイジョウ・レイはいた。

レイ人間だった頃、大陸には女神が治めるが存在せず、世界は荒していた。ひもじい思いをしていたレイは偶然にもメガメモリーを食べてしまい、女神化する。この時にクロワールと初邂逅を果たしている。女神になった者はを作れるというルールに則り、レイはタリを建する。しかし、を得ると暴な人格になる要素は健在で、を作った途端に暴政を敷くようになってしまう。
民の反発を女神で強引に押さえていたが、そもそも女神の根は人々の信仰心(シェア)だったため次第にを失い、女神資格を喪失。やがてタリは崩壊した。タリショックという呼称で文献に記録されている。

タリが崩壊した事で、世界は更に荒レイも、野をさまよっていた。そんな中、クロワールにより別世界にも自分がいる事が判明する。別世界の自分を助けたいと思ったレイは、クロワールに頼んで僅かに残っていた女神を届けさせた。
その後、女神の存在を逆恨みし、女神の治世に反対する勢七賢人」を結成して自らは議長に就任する。
しかし彼女自身気弱な性格のため、常に会議グダグダの有様だった。

七賢人空中分解した頃、クロワールから増幅した女神理やり与えられ、再び女神化&暴化。世界を滅ぼさんとしたが、ネプテューヌたちによって阻止される。を失い、元の気弱な性格に戻ったレイは、七賢人結成に至るまでの経緯を説明するのだった。
そして次元世界の自分が世界を滅ぼそうとしていると聞き、説得のためプラネテューヌへと向かう。


関連項目



最終更新日: 19/05/29 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ