ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キテレツ大百科


ヨミ: キテレツダイヒャッカ
掲示板をミル!
155カキコ!

『キテレツ大百科』とは、藤子・F・不二雄の有名作品の一つナリ


概要ナリ


主人公である発明好きの少年キテレツと、発明第一号であるワガハイコロ助の織りなすハートフルコメディナリ
この作品を見るときは、青いタヌキ型ロボットの出てくる作品のことは忘れた方が幸せナリよ。

キテレツよりワガハイの方が、内容よりOPやEDの方が有名だったりと色々と困ったものナリよ…。


原作時代


1974年から1977年にかけて『こども』(現在の『ちゃぐりん』)という雑誌で連載された作品である。この雑誌は農協から出版される雑誌の漫画であり、一般書店では買えない雑誌であったために知名度は小学館などで発表された作品にべて低く、更にこの時期は色んな作品を描いていたこともあって、「藤子・F・不二雄(当時はまだコンビ解消していないので藤子不二雄)の作品の一つ」に過ぎず、連載終了後に小学館から発売されたものの他の作品にべたらやはりマイナーな作品であった。


藤子・F・不二雄が愛した名作作品へ


原作マイナー作品であったものの、この作品を一躍有名にするきっかけを与えたのがアニメ化である。1987年フジテレビで単発で放映し、1988年レギュラー放送の開始となる。

キテレツ大百科のアニメ版はF先生作品らしくない異端作品である。

まず、制作スタジオぎゃろっぷ藤子不二雄作品のアニメ制作シンエイ動画、または前身であるAプロダクションが大半)であり、放送局はフジテレビ1963年に放映以降はTBS日本テレビテレビ朝日に放送し、フジの放送後にNHKテレビ東京が放送した)という、非シンエイ制作であり、フジテレビにとっては二十数年振りに藤子不二雄作品を放送することになった作品である。

についても当初はドラえもんに似た(というよりは藤子・F・不二雄作品にありがちな)構図であったが、脚本を務めていた雪室俊一により、声優変更やスタッフ変更などを行い、結果として(良い意味で藤子・F・不二雄らしくない作確立した。「いじめっ子」のブタゴリラが「トラブルメーカー」になったり、「腰巾着」のトンガリが「いじられキャラ」となり、同時期に放映していたドラえもんとは変わった作となった。

また、90年代前半で日曜6時以降に放送していたアニメであるちびまる子ちゃん90年~92年まで。92年~95年はツヨシしっかりしなさい)、サザエさん、キテレツ大百科は高視聴率を取っていた番組であった。

1990年代 アニメ最高視聴率ベスト10

39.9% 9010月28日(日) 18:00 フジ  ちびまる子ちゃん(第一期)
36.4% 9010月28日(日) 18:30 フジ  サザエさん
28.2% 93年07月12日() 19:00 テレ朝 クレヨンしんちゃん
27.5% 94年02月23日() 19:00 フジ  ドラゴンボールZ
26.4% 9501月08日(日) 18:00 フジ  ちびまる子ちゃん(第二期)
25.7% 9401月16日(日) 19:00 フジ  キテレツ大百科
24.9% 9004月17日(火) 19:00 フジ  サザエさん火曜日
24.7% 9402月12日(土) 18:30 フジ  幽☆遊☆白書
24.3% 9003月16日() 19:00 テレ朝 ドラえもん
23.7% 9412月18日(日) 18:00 フジ  ツヨシしっかりしなさい

※ちなみに世界名作劇場は「若物語」で最高視聴率21.8を取っている(90年代の順位だと14位)である。

アニメ放送の同時期である1988年には藤子・F・不二雄監修で子の田中明が小学館コロコロコミックで『新キテレツ大百科』を執筆する。コロ助コロッケ好きなどアニメ版の性格を反映しながら連載した。

1994年に放映終了を考えるも後継の番組が決まらないことから延期を決定する。そこから2年近くの延期で1996年に放映の終了が決定。後番組はこれもまた長寿番組となる『こち亀』であった。1994年に放映予定だった最終回1996年6月に放映し、キテレツ大百科のアニメは終了した。

アニメ版のキテレツ大百科に対して要約であるが、藤子・F・不二雄はべた褒めであり、「アニメの中ではキテレツが一番好き」と述べ、キテレツ大百科の脚本を務めた雪室俊一は「クレームや注文が一切なく、よく長く作ってくれたと(藤子・F・不二雄が)満足していた」と述べ、マイナー作品から(F先生作品らしくない)異端作品となり、最終的にはF先生名作へと登りつめた作品であった。

そして、キテレツ大百科の放映終了後の3か後に藤子・F・不二雄は死去することになる。

2002年にはNHK実写ドラマが放送された。コロ助3DCG製作されたものを合成している。声優は初代キャスト小山茉美が再び担当した。

藤子・F・不二雄名作は各々によって変化するだろうが、ローソン藤子・F・不二雄に関連したフェアを行った時にクリアファイル化したのが、小学館系で初連載した『ドラえもん』、『パーマン』、『エスパー魔美』、『21エモン』(なお全作品アニメ化経験あり)に並んで、初連載はマイナーであったキテレツ大百科がそれらの作品に並んでクリアファイル化となった。

アニメ化が大きな要因であるが、キテレツ大百科はF先生の一作品ではなく、F先生名作と言えるだろう。


静岡はキテレツの聖地ナリ?


静岡県内にあるテレビ局テレビ静岡」では昔からキテレツを何度も再放送するおかげで静岡在住のアニメファンからはすっかりウザがられてしまってるナリ
「キテレツが終わった!」→「またキテレツかよ!」のコラ画像ネタ絵も作られるわで『静岡アニメはキテレツのみ』というトンデモイメージまで一人歩きしてしまってるナリよ。

一応言っておくと、確かにキテレツは静岡でよく再放送されるナリがキテレツが終わったらまた再放送を繰り返す訳じゃないナリよ。
一定期間放送されたら別のアニメこち亀ハイジといったコレまた再放送される確率の高い作品ナリが)を再放送してまたキテレツになるというパターンナリ
ついでにいうと、最近はキテレツの再放送はあまり、というか全くしなくなったナリ
最近じゃONEPIECE輩のポジションをとられたナリ
それとキテレツの舞台静岡じゃないという事は肝に銘じて欲しいナリよ・・・。


主な登場キャラクターナリ


CVは(特番→本放送)の順で書く。数人いる場合は担当順で書く。(特番)は本放送が始まる前に1987年に単発で放送された90スペシャルす。交代なし(特番・本放送が同じ人)な場合は一人のみ書く。


次へ»
最終更新日: 18/01/23 22:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ