ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギラ


ヨミ: ギラ
掲示板をミル!
53カキコ!

ギラとは、

  1. ドラゴンクエストシリーズに登場する呪文および呪文系列名。
  2. ユーザー生放送で歌っている生放送主ギラ
  3. ヘブライ語で「喜び」を意味するギラ(גילה Gilah)に由来する女性名。りは Gila(h), Geela(h), Geila など。
  4. ギラ・ジルカGeila Zilkha) - ジャズ歌手

本項では1.について解説する。


概要


炎弾を放って敵にダメージを与える攻撃用呪文の系列名、および同系列の最下級の呪文である。
攻撃対DQ1DQ2では単体だったが、DQ3から1グループになった(代わりに単体攻撃用火炎呪文としてメラ系が導入された)。

ナンバリングタイトルではDQ1DQ8まで皆勤賞だったが、DQ9では闇ので攻撃するドルマ系と入れ替わりギラ系はお役御免となった。そのため、一系統だけ第4段階の追加が遅れ、「ギラグレイド」が追加されたのはDQMJ2でのことだった。

ドラゴンクエストの看とも言える呪文であったがDQ10でも登場しなかった。2作品連続で登場しなかったため、復活を希望するが多くあがり、Ver3.0で実に11年ぶりにギラ系呪文が復活することとなった。

また、DQ11ではデモプレイ動画内でギラを使用している様子が見られ、DQ11でも登場すると考えられる。


属性


まだ属性や耐性が確立される前にできた魔法であり、グラフィック演出上は同じ炎系で、メラと被っている。
説明では閃光呪文などとして微妙メラと表現が違っていることが多いが、やはり炎と書いてある場合もあって明確な違いも感じられない。どちらかというと炎そのものではなく、熱と体の攻撃なのだろうか。
ダイの大冒険では「閃光呪文」と表記され、熱線で相手を焼き払う呪文になっていた。

呪文属性が増えたDQ3でも、メラとギラ(と、イオ)は同じ属性に設定されている。
DQ4以降は属性が分かれたが、メラとギラのうち片方に強く片方に弱いという例は稀である(たまにいる)。

なお属性の概念のなかったファミコンの初期シリーズでは閃光という表現もなく、ギラは炎、ベギラマ呪文と、攻撃方法そのものが違っていた(現在移植版ではそのような説明ではない)。
メラの登場したファミコン版3の説明書ではギラからベギラゴンまで全て「」に統一して説明していたのだが、そのファミコンDQ3の攻略本ではギラ系すべて「炎」と説明されている。

DQ4以降はメラと違う属性になったのだが、前述の通り説明を読んでも違いがはっきりしない感じになっている。
だが「閃光「光」といった表現はベギラマだった頃の名残のようにも思える。


使い手(仲間のみ)


シリーズ 消費MP 習得者
DQ1 2 主人公(Lv.4)
DQ2 3 サマルトリアの王子(Lv.3)
DQ3 4 主人公Lv.10魔法使いLv.7賢者Lv.7
DQ4 4 主人公(Lv.9マーニャLv.7
DQ5 4 ビアンカLv.8ゴーストLv10はぐれメタルLv.1)、
チマージLv.5)、まほうつかいLv5
DQ6 4 バーバラLv6ウインドマージLv.15はぐれメタル(習得済)、
ファーラット(Lv.10レッサーデーモンLv.8魔法使い2
DQ7 4 アイラ習得済)、魔法使い1サンダーラット5
DQ8 4 主人公Lv.11ゼシカLv.11
DQ10 3 踊り子(Lv.14)

関連項目



最終更新日: 16/06/19 22:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ