ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギルティギアシリーズ


ヨミ: ギルティギアシリーズ
掲示板をミル!
219カキコ!

ギルティギアシリーズとは、アークシステムワークスより制作・発売されている、2D格闘ゲームシリーズである(正確には同シリーズは必ずしも格闘ゲームではなく、一作の正統な続編に当たる『2』はジャンルが異なる)。


 


シリーズ作品一覧  


()内は略称ニコニコ動画検索用の推奨タグ
太字表記の作品は該当個別記事有り


ゲーム概要


キャラクターダッシュや二段ジャンプなど、高速で動き回る2D対戦格闘ゲームであり、格闘ゲームとして有名な「ストリートファイター」や「サムライスピリッツ」とは違うゲーム設計で作られた格闘ゲームである。

開発者である石渡太輔ゲームデザイン世界観、キャラクターデザインBGM作曲を手掛け、さらには「声優として主人公にあたるキャラクターを演じる」など、マルチディレクターとして携わっている。

キャラクターデザイン(及びイラストレーション)に加え、音楽が共に高い評価を得ているのも本シリーズの特徴の一つでもある。

GUILTY GEAR(PS・PS3・PSP)

1998年PSリリースされた、記念すべきギルティギアシリーズ第1弾。
当時の庭用オリジナル格ゲーとしては破格の出来で、独特のキャラ造形・世界観と共に話題になる。
しかし当時はAC格ゲー移植ラッシュの時代で、ギルティギアは知る人ぞ知る名作と言った評価だった。
アーク名物一撃必殺の元祖「殺界」、チャージキャンセルによる永久・即死など、
現在のギルティギアシリーズの基礎となる自由度・攻撃的なゲーム性は既に確立されていた。

GUILTY GEAR X(AC・DC・PC)

西暦2000年に稼働開始した、アーケード第1作ストーリー上は外伝扱いとなっている。
格ゲー氷河期に終止符を打つべく、NAOMIを使用した高解像度グラフィックのド手なインパクトと、庭用譲りの自由度でアーケードタブーギリギリまで迫る内容を引っさげて登場した。
「見えない2択」「起き攻め」を前面に押し出した新なゲーム性と、複雑なシステム賛否両論あるものの、従来の格闘ゲームに飽きつつあった多くの他ゲー勢・新規勢を獲得したことで、見事格闘ゲーム氷河期を終わらせる事となった。
現在あるテクニックどはこの時代に既に発見されており、異常と言う他ない密度・速度攻略進化した。
そして新作ゲームに餓えたプレイヤー達による貪るようなやり込みは、遂にFCD(フォルキャンダッシュ)」を生み出す。
FCD発覚後は抜きに「小足から死ぬゲームへと変貌し、その技術介入の高さとシビアすぎる対戦は多くのプレイヤー離れを招く一方、狂信的なプレイヤーをより一層強く囲い込む事となる。
(奇しくも後の「AC北斗の拳」における「バスケ発覚」と似た現がこの時既に起きていたのは興味深い)
FCDを駆使した「小足からFCDで気絶→即死」を始め、ハメ」を筆頭とする強な起き攻め、
今なおり継がれているの性ゼクスミリアなど、発狂しそうな対戦バランスは歴代最狂と言ってよい。
残念ながら当時は動画撮影自体がメジャーではなかったため、残っている動画は非常に少ない。
一部ニコニコ動画アップされた重な動画は当時を知る者や好事から好評を得ている。
なお、京都a-choの「GGXX関西ランバト開催7周年記念祭」として本作の大会が行われた。
 

GUILTY GEAR X ver1.5(AC)

2003年に稼働開始した、ゼクスベースFCDの撤XXの技を追加などがされた、いわゆるマイナーチェンジ版。
なんだかんだで人気を博したGGXの調整版とあれば人気が出そうなものだが、アトミスウェイブで作成された海外向けの製品であり、内ではその存在すら知られなかった。
というか、既にXXが稼動中だったため、内ではど出回らなかった。
「常軌を逸した高度のヴェイパースラスト」「移動起きあがりがついたポチョムキンなどが一部には知られている。
ニコニコ動画でも対戦動画がなく、今後のアップロードが期待される。

GUILTY GEAR XX(AC・PS2)

2002年5月に稼働した、GGXを大幅にバージョンアップしたタイトル
キャラクター・新技を追加し、サイクバースト中投げ、フォーロマンキャンセル(FRC)などの新システム、操作性の変更(Dボタンの追加)など様々な変更が施された。通称は無印
ゼクスの好評から導入店舗も大幅に増え、一躍AC格闘ゲームメインストリームへとのし上がった。
GGXにて猛威を奮ったFCDは撤され、ダウン追い討ちの見直しによって多くの起き攻めが弱体化した他、連続技を中断させるサイクバーストにより基本的に即死・永久が成立しなくなったために、若干大人しいゲーム性に変わる。
プレイヤーに必要とされる技術の敷居が下がった一方、ミスれば間違いなく即死するため「ありえない選択肢」に近かった、「ぶっぱなし」「暴れ」と言った行動が見直され、「技術:読み合い」のバランスが大きく変化した時代でもあった。
FCDはなくなったものの、今度はフォーロマンキャンセル(FRC)を駆使したコンボが大きく発展。
難しくなった起き攻めは逆にプレイヤーの研究意欲を刺し、より緻密なセットプレイへと進化していった。

そして同時期に格闘ゲームの頂点を決める大会である闘劇が始まったことで、大きな標が生まれたプレイヤーたちによって対戦シーンはより一層過熱していった。
またネット上の攻略も個人サイト、実名のキャラBBSから、現在流となっているしたらばなどの外部掲示板へと移行する。

また、このタイトルではかの高名なウメハラも参戦していた。カプコン製ゲームではほぼ最強クラスプレイヤーであったウメハラだが、GGXXではほぼゼロからのスタートであり、当初はほとんど初心者と大差ない実として評価されていた(実際、当時の2chスレッドではウメハラの動きの未熟さを揶揄されることもあった)
しかしながら、次第にゲームを理解してその高いポテンシャルを発揮し始めたウメハラは、野試合や大会などで優秀な戦績を修め始め、第一線で大活躍するプレイヤーへと成長していった。
ついには闘劇本戦に出場するという結果を叩きだし、その実「ホンモノ」であることを大いに見せつけた。
この事実は、技術偏重気味のプレイヤー達に読み合い」「やり込み」の大切さを再認識させることとなり、彼の功績は非常に大きいものであった。

反面、ゲーム自体はダメージ面に調整の甘い部分が立ち、キャラランク火力に大きく左右されていた。
キャラによってはゲージ25消費で気で6、7割を消し飛ばす事もあり、やや大味な作品だったと言える。
ニコニコ動画においては数こそ少ないが無印対戦動画アップされており、現在も活躍する有名プレイヤーの若かりし姿をにする事ができる。

GUILTY GEAR XX #RELOAD(AC・PS2・Xbox・PSP・PC)

2003年3月にGGXX(無印)のバージョンアップ版としてリリースされたのが本作である。
キャラクターロボカイ」の追加、FRC対応技の増加、その他細かな演出・キャラ調整が施された。
しかし無印から短いスパンリリースされたためか、ダスト中などの演出が入ると頻繁に処理落ちし、フリーズバグ多数、ファウスト永パロボカイの通称永久限界と呼ばれるバグに始まり、キャラ調整も非常に荒かった。
この不出来に落胆した京都プレイヤー火九」氏により、調整版を要望する署名活動が行われた。
多くのプレイヤーからの署名が集まり、結果、再調整と処理善が施された修正版が償配布される。これは後に幾度となく起こる格ゲーでの「署名活動」の先駆けであり、署名自体の賛否はともかく非常に大きな意味を持つ事件となった。

2003年5月リリースされた修正版ではタイトルの「#RELOAD」の文字からに変更された事から、初期版は「リロ」、修正版は「リロ」と呼ばれる。
現在発売されている庭用移植作は全て「リロ」の移植であり、「リロ」は交換しなかった極一部の店舗に残るのみである。修正されたリロの対戦バランスは良好で、2年以上の長期稼動となり、シリーズ最高傑作とのも多い。
バージョンでは数多くの名プレイヤー・名勝負を産み、コンボムービーネタMADチュートリアルへ発展していった。また、本作にはPC版が存在し、後に有志によってネット対戦が追加され、現在も対戦が行われている。
ニコニコ動画でのアップ数も多く、「名試合」と言われる動画も数多く残されている。
本作も京都a-choのGGXX関西ランバト開催7周年記念祭で大会が行われた。
 

GUILTY GEAR ISUKA(AC・Xbox・PS2・PC)

2003年12月リリースされた新作はプレイヤー予想の斜め上を行く物だった。
まさかの「4人同時プレイ+2ラインバトルロイヤル形式」は衝撃の一言。
当然、リロでのやりこみで培われたプレイによって、画面・内容ともにカオスゲームへと発展する。
AW-NETというネットワークを用いた3D格闘ゲームのようなカードシステムもあったが、「EXキャラが使用可」「称号集めが可」「カラーを購入して使用出来る」という程度で充実には程遠い内容と言わざるを得ない。(2013年現在ではAC格闘ゲームではたいてい付いているが、)
また、ゲームとしては知り合い4人でやって初めて楽しめるゲームのため、真剣勝負をめるプレイヤーは次第にリロへと戻って行った。(見知らぬ人に援軍として入ったり、得点稼ぎが意外と熱かったり、そういう楽しみ方は新でしかったが…)
とは言え、アーケードで2ライン制やイスカだけのFRC対応技、EXキャラ使用可など意外と作り込まれており、庭用でのパーティゲームとしては自由度はかなり高く、佳作と言ってよい作品である。
それでもアーケードで出す理由は理解できないが…。まさに誰得
ニコニコ動画では中野TRF北斗勢による野試合動画が数点アップされているので、
一度その暴力裏切り知略の交錯するカオスを見てみる事をオススメする。

GUILTY GEAR XX SLASH(AC・PS2)

リロ稼働から2年経った2005年、更なる調整を施し、新キャラとして「騎士ソル」、庭用ISUKAがデビューの「アバ」を追加した新作がリリースされる。
しかしリロの影は大きく、新しい変更の少なさや、「マイルドすぎる」とされた調整内容などプレイヤーの評価は芳しくなかった。特にリロまでの上位キャラが理不尽なまでに弱化されたのに対し、カイソルといった初心者向けキャラクター異常なほど強化され、いわゆるプレイヤーが氾濫したことも評価を下げる原因となった。(カイは当時の『闘劇魂』において満場一致で一強との評価を下されている。ソース闘劇魂Vol.3)
この頃からアーク特有のったんだけど、やらかしちゃった」的な天然ぽい壊れ方は変化し、プレイヤーを意識した、開発者の意図が透けて見える調整が増えた事で糞ゲーギルティ若干離れてしまう。
他にもリロの長い稼動期間の内に他ゲーへと移行していった者、進学・就職で辞めてしまった者も多く、リロまでの熱狂と較した時のマンネリ感、下火感は拭い去る事ができなかった。
円熟期には「上下に突出したキャラがいる」とする一方で「絶望的な組み合わせが少ない」と評価する者もあり、バランスだけを見れば歴代随一の完成度、シリーズ中一番腕前が出る作品とするも少なくない。
もう1年稼動がければ違う評価だったのかも知れない、惜しい作品である。

GUILTY GEAR XX Λ CORE(AC・PS2・Wii)


次へ»
最終更新日: 16/05/15 17:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ