ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギルバート・クリス・フォン・ミューア


ヨミ: ギルバートクリスフォンミューア
掲示板をミル!
1カキコ!

ギルバート・クリス・フォン・ミューアとは、ゲームファイナルファンタジーIV』に登場する吟遊詩人である。


概要


ギルバートのドット絵

商業国家ダムシアン王子ゲーム中での呼称は「ギルバート」だが、海外版では Edward(後述)。

SFCではジョブが「おうぞく」と表示されるが、FF3FF5に登場する吟遊詩人の系譜に属する。DS版ではジョブが正式に「ぎんゆうしじん」となった。彼が奏でる劇中曲「ギルバートリュート」が彼のテーマ曲でもある。

登場シーンは自分のを滅ぼされ、の前で人に死なれ、老人タコ殴りにされ、幼女に「弱」と罵倒され、主人公にぶん殴られるという悲惨極まりないものだった。その後も彼がいいところを見せる場面は少なく、普通にプレイしていると戦闘も弱いので、「ヘタレ」「最弱キャラ」という評価が定着してしまっている。


能力


使う武器は基本的に琴だが、これが見たに反して後列からだと命中率が落ちてしまう(DS版除く)。さらには攻撃が低く、従って頼るべきは追加効果(眠りや誘惑など)なのだがボスには効かない。防具も同然。ステータスも低く、特にHPリディアより低い。悲惨。

しかし、彼には秘めたるがある。Lv70えるとHP上昇量が善するに、各種ステータスも吟味すれば急増する(減ってしまうパターンもある)ので、理論上では・素さ・体・知性・精を全て99まで上げることもできてしまう。こんなことが可なのは彼の他にリディアしかいない(っていうかよりによってこの2人かよ)。GBA版では終盤に彼をパーティに加えることもでき、強な専用武器も追加されているので十分すぎるほど戦になっている。

うたう
敵になんらかの状態異常を与えるのだが、何を歌うのかはランダムである上、成功率も低い。そして琴を装備しないと発動しないのだが、だったら琴で攻撃して追加効果を狙う方がマシなのではということになってしまう。一、確実に狙って歌えるのが「かえるのうた」なのだが、そのためにはギルバート自身がにならなければいけない……
DS版ではレパートリーが増え、歌う曲を選択できるようになり、実用的になった。味方にバフをかける歌もある。
くすり
ポーションを1つだけ消費して味方全体に使う。一人当たりの回復量が少なすぎて何とも微妙
DS版ではポーションだけでなくあらゆる消耗品を、人数分消費して一度に全員に使うコマンドとなった。補給が万全であれば強い。
かくれる
一度「かくれる」と、「あらわれる」を使うまでダメージは受けないが攻撃に参加することもできない。ギルバート瀕死になるとこの「かくれる」が自動的に発動する。彼がヘタレと言われてしまうのはこれに拠るところも大きい。

ストーリーでの活躍


[画像を見る] この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

見聞を広めるために身分を隠して吟遊詩人としてしていたところ、カイポの村でテラアンナと出会う。テラには猛反対されるが、ギルバートアンナを連れてダムシアンに帰り結ばれる……はずだった。

クリスタルを奪いに来たバロン王国赤い翼によって底的に破壊され、アンナギルバートをかばって被弾してしまう。ちょうどそこへ、彼を追いかけてきたテラたちがやってくる(これがプレイヤー視点から見たギルバートの初登場シーン)。

ギルバートのせいでアンナが殺されたと考えたテラは逆上して彼に殴りかかる。まだ生きていたアンナは二人を止めて、ギルバートを告げて息絶えた。ここでテラアンナをとるためにパーティを離脱するが、残されたギルバートめそめそと泣いてしまう。リディアには「弱!」と言われてしまい、なおも弱音を吐くギルバートだったが、セシルに殴られて「君の助けがいる」と言われてようやく戦いに身を投じる決意をする。

その後はセシルの当初の的であった解熱剤「砂漠」を入手するために訪れたアントリオンの巣で暴化したアントリオンに襲われ「うわあ!」と叫び、帰ってきたカイポの村でに一人寂しく琴を奏でていたら魔物に襲われて「うわあ!」と叫びこのとき魔物(サハギン)を倒したときに聞ける「うっ ぐぺぺぺぺーっ!」という断末魔の叫びも有名。、さらなる被害を防ぐために向かったファブールでのクリスタル攻防戦で盛大にこけて「うわあ!」と叫び、バロンに向かう船上でリバイアサンと遭遇し「うわあ!」と叫び、に落ちてセシルと別れる。

……という感じで終始ヘタレな印しかないギルバートだが、彼の最大の見せ場はパーティ離脱後にやってくる。

土のクリスタルを手に入れるためにセシルたち一行トロイアにやってくると、そこには漂着して看病されているギルバートがいた。弱っているギルバートは戦うことができないが、再びローザを取り戻そうとしているセシルになるべく自分の代わりとなるアイテム「ひそひそう」を託す。

洞窟セシルたちがダークエルフに敗れると、危機を感じ取ったギルバートは立ち上がり、看護士の制止も振り切ってふらつきながら琴を手に取る。ひそひそうを通して流れてきた琴の音色はダークエルフを苦しめて磁の束縛を打ち消し、パーティ勝利をもたらした。

帰ってきた一同はギルバート感謝するが、ギルバートはただ謙遜するばかり。するとテラが強く彼の勇敢さを称え、アンナ幸せだったと述べる。二人のわだかまりは全に解け、テラアンナだけでなくギルバートの分もを取ると宣言した(結果的にこれが死亡フラグとなるが……)。そしてギルバート勇気の何たるかを悟ったようである。

以後、ギルバートは病床に伏せったままだが、最終決戦を前にしてトロイアの官たちとともにミシディアに駆けつけ、セシルたちのために祈る(GBA版だと彼を連れて行くことも可)。そしてテラの幻影と共に一同の前に姿を現し「みんな! ゆうきを!」とを送った。


ジ・アフター


ダムシアン王として民に慕われており、新たな危機に際しては知略のあるところも見せる。さらにはパーティのまとめ役となる期間もある。もうヘタレ王子とは呼ばせない!

戦闘面でもそれなりに強い。「かくれる」コマンド仕様はそのままに「うかがう」と名を変えて、瀕死になっても自動発動せず、たくましく成長したことをうかがわせてくれる。


海外版での扱い


ファイナルファンタジーIV英語版(名称は「Final Fantasy II」)では、図らずもギルバートにまつわる新たなネタが生まれてしまった。

まずその名前だが、ギルバート(Gilbert または Gilbart)ではなく Edward となっている。エッジの本名もエドワード・ジェラルダインなので、同じゲームに同じ名前のプレイヤブルキャラクターが二人いるというが発生している。まあエッジは普段は Edge で通しているからいいのだが、DS版だと全員登場時にフルネームが表示されるので混乱を招きそうだ。

そしてギルバート(ややこしいのでEdwardでなくギルバートで通したい)を一躍有名にしてしまったのが、彼に向けてテラが浴びせた台詞である。ダムシアンテラギルバートに殴りかかるとき、「きさま よくも むすめを‥…」「ちがいます!」「なにが ちがうと いうのだ!」というやり取りがあるのだが、この最後の台詞英語版では

You spoony bard!

となっている。Bard は吟遊詩人なので、「この spoony な吟遊詩人め!」と言っているわけだが、この spoony がネイティブでも滅多に使わない単なのだそうだ。かなり古い言葉で、くだけた感じで「馬鹿な、デレデレした」を意味するそうなので、日本語にすると

この ひょうろくだま ぎんゆうしじんめ!

とか

この あんぽんたんな ぎんゆうしじんめ!

と言ったところだろうか。シリアスなはずの場面でなんちゅー言葉使ってるんだということになる。翻訳を担当したのはスクウェア(当時)の日本人スタッフだったそうだが、一体どこからこんな単が出てきたのだろうか。

海外ではこの You spoony bard! がFF4で一番有名なセリフなのだそうだ。つまるところ日本でいう「いいですとも!」のポジションである。"All your base are belong to us" の仲間でもある。

あまりに有名になってしまったので、以降のFFシリーズ海外版を含むさまざまなゲーム漫画にこのセリフ変されて登場した。英語Final Fantasy Wiki にはこのセリフを解説したページ[外部]があり、そこには逆転裁判3英語版サイバンチョが「ワシは spoony bard ではないぞ!」と発言している画像まで……

そして翻訳が全面的に見直されたDS版でも、この You spoony bard! だけはしっかり残されたのだった。


関連動画



■sm2340746[ニコ動]

■sm1562321[ニコ動]


関連商品


■azB007Y2KORG


関連項目



最終更新日: 18/04/03 23:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ