ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギル・ベイダー


ヨミ: ギルベイダー
掲示板をミル!
29カキコ!
ゾイド > ギル・ベイダー

ギル・ベイダーとは、『ZOIDSシリーズに登場するワイバーン巨大戦闘飛行ゾイドである。
後に発売されたZRCシリーズでは「・」は省略され、「ギルベイダー」と記載されている。

商品記事は“ZOIDS RCZ002 ギルベイダー”を参照。


機体解説


ギル・ベイダー
GIL VADER
基本情報
DBOZ-017
GRZ-002
所属 ガイロス帝国
モチーフ ワイバーン
スペック
全長 43.2 m
全高 16.6m
全幅 36.7m
重量 333t
陸上最高速 80km/h
飛行最高速 MACH 4
武装
ゾイドテンプレート

ギル・ベイダー

ガイロス帝国軍が産み出したワイバーン巨大飛行戦闘ゾイド
分類こそ前脚がとなったワイバーンとされるが、その姿はEHI-7レドラーと同じく純ドラゴンであり、EPZ-6デスザウラーが“ゼネバス帝国最強ゾイド”ならば本機は“ガイロス帝国最強ゾイド”といっても過言ではなく、飛竜を紋章に掲げる同帝国にとって徴的な存在となっている。

今まで作られ続けた改造デスザウラーによって培われたデータから開発された機体で、あのRPZ-1サラマンダーえる巨体にそれ以上の武装を搭載しており、さらに他の飛行ゾイドと違って巨大で強な四肢を有しているため地上での格闘戦も可となっている。

何よりガイロス軍が開発した新飛行システムによってその飛行は驚異的な次元に達しており、その最高速度はマッハ4と今まで登場してきた全飛行ゾイド現在でも改造機としてこれだけのスピードを出せるものと言えば本機とRMZ-2グライドラーのみである)の中でもトップクラスのもので、さらに補給での大陸間移動だけでなく、単独での大気圏離脱も可という桁外れの推進叩き出す。

武装においても頭部には敵ゾイドを内部から溶かす波動を発するツインメーザー、胴体には10連発ものニードルガンと4連装プラズマ粒子、両にはDPZ-9デッド・ボーダーにも装備されていたG-カノンを2門づつ合計4門装備しているなど、その武装数と攻撃は従来の飛行ゾイドかにえている。

そしてこのギル・ベイダーの全武器の中でも最強と言われるのが、両にそれぞれ1基ずつ、背部モジュールに2基の合計4基搭載されたビームマッシャーとよばれる武器である。これは丸状の機関に荷電粒子を充填し、そのエネルギービームカッターとして飛ばすというもので、デスザウラー荷電粒子砲べれば範囲こそ限定的ながらその破壊自体はそれを上回り、荷電粒子に強いはずのRBOZ-8マッドサンダーの反荷電粒子シールドも貫通してり裂いてしまうほどとされ、なおかつこのビームマッシャーを防げる手段は通常の技術では存在しない。

そのサイズ例して有するパワーも強で、マッドサンダーを捕らえてそのまま上昇できるほどのを誇っており、格闘も極めて高く、四肢のチタンクロー尻尾の後部切断によりレドラーと同じく中での接近戦だけでなく地上における兵戦でも十分な戦闘を発揮する。さらに全身を覆う装甲も飛行ゾイドでありながらデスザウラーマッドサンダーと同等かそれ以上の強度を持つため共和軍の攻撃を一切通す事はなかった。

ZRCによるとこのギル・ベイダーの開発に当たったのは元ゼネバス帝国科学者とされている。

暗黒大陸戦争中期より登場するとマッドサンダーサラマンダーを尽く駆逐し、たちまち両軍事バランスが崩れ去るほどのを見せつける。このギル・ベイダーの出現によって共和軍はデスザウラーの時以上に追い詰められる事になり、その猛威は戦線だけでなく共和本土にまで及んだ。

どうにかRPZ-18オルディオスの活躍と共和情報操作により中央大陸攻撃からは引いたものの、暗黒大陸での戦いではDPZ-21アイス・ブレーザーDPZ-23ガン・ギャラドらと共に最後まで共和軍を苦しめ続けた。

RPZ-24キングゴジュラスの参戦により、遂にギル・ベイダーの無敵時代は終焉を迎えるが、ゾイドというカテゴリーにおいてこのギル・ベイダーに勝るとされる飛行ゾイド戦争から100年以上たったZAC2200年代以降も登場しておらず、今だ惑星Ziの歴史上における“最大最強ゾイド”の座に君臨し続けている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2053年ロールアウト。隕石に扮して共和軍前線基地に直接攻撃を仕掛けるという鮮デビューを果たし、その基地を壊滅させる。

その後ギル・ベイダーは少数ながら量産され、ヘリック共和国の本土である中央大陸の共和首都爆を敢行、陸問わず共和本土防衛隊を尽く撃破し、首都爆撃においては一般市民と共和兵士合わせて8万人以上の人命を奪い去るというデスザウラー以上の悪夢をもたらした。

共和軍は特殊部隊を編成して飛び立つ前にギル・ベイダーを破壊しようと工作を仕掛けたもののこれも失敗。次に共和軍は改造したマッドサンダー師団を暗黒大陸派遣しようとしたが、こちらも渡中にギル・ベイダー部隊の奇襲を受けて全滅の憂きに遭った。

もはやギル・ベイダーに敵う戦くなり、いよいよ追い詰められた共和軍だったが、ロイ・ジー・クルーガ操縦のオルディオスの活躍でギル・ベイダーを1機だけ撃墜に成功。これに乗じた共和軍はこのオルディオスをギル・ベイダーよりも多く配備したという偽の情報を流し、その情報に踊らされたガイロス皇帝中央大陸への攻撃を中止する命を出したため共和は命拾いする事になった。

それ以降はガン・ギャラドと共に専ら本土防衛に当たる事となったが、このギル・ベイダーとガン・ギャラド等を擁する暗師団の存在によりガイロス帝国の防体制はより強固なものとなり、共和軍はこれ以上の進撃が困難になっていた。そこにあのキングゴジュラスが登場し、キングゴジュラス常識外れなによって遂にギル・ベイダーも全な敗北を喫している。

惑星Zi大異変ではレドラー原種以外のゾイド絶滅したのか第二次大陸戦争においては登場せず、デスザウラーと違って再生計画が持ち上がる事もなかった。
(にも関わらずなぜか当時発売されていたゾイドカードゲームには普通に出てきたりする)

アニメ

ゾイドジェネシス』に登場。
と言っても、ギル・ベイダーが登場したのは回想シーンのみで後は全てそのバリエーション機のギルドラゴンである。
どちらも『ゾイド -ZOIDS-』のデスザウラーウルトラザウルスと同じくキット設定よりもかに巨大に描写されており、ホエールキングのような大戦艦的なゾイドになっている。

ギルドラゴンの事を解説するイメージシーンにてギル・ベイダーが登場。ギルドラゴンしい中戦を繰り広げたとされるが、それ以外の詳しい状況は不明。

ギルドラゴンは“々の怒り”と呼ばれる大災害の折、天空に作られた都市ソラティ”に一部の民を載せて輸、彼等の命を救い、その後はギルドラゴンの大半が地中に埋葬されて失われたが、一コトナの故郷であるアイアンロックに保管された個体だけが使用可な状態で現存していた。

ソラティとの取引により対バイオゾイド用のリーオ製徹甲弾の供給が許されたディガルド討伐軍がそれらを持ち帰る事のできる輸送手段の必要に迫られた際、アイアンロックに戻ったコトナの手で再起動させられる事となった。起動後はそのままソラティに赴いて約束通りリーオ製徹甲弾の供与を受けてその運び込みが進められた。

しかし、そこにディガルド軍のソラティ攻撃が開始され、ソラティの防衛網も数で圧倒するディガルド軍には敵わず、あわやソラティは崩落の危機に陥る。そこでルージの判断によりソラティ市民ギルドラゴンに乗せて地上に下ろして保護する事が決定し、ギルドラゴン天空人達も乗せて燃え盛るソラティから飛び立った。

途中ディガルド軍の攻撃でを損傷するも、どうにか不時着に成功。しかし、それ以降は打ち捨てられ使用される事はなかった。

本作においてはビームマッシャーを始めとするその豊富な武装はほとんど使われる事もなく、またキットの説明では“天空の守護”として天空人からは崇められているとされるが、劇中では過去の忌まわしき徴として嫌われているような描写が立った。

その一方で『ゾイド -ZOIDS-』に登場したデスザウラーが“破滅の魔獣”として人間に牙を向き世界を滅ぼそうとした邪悪な存在とされていたのに対してギルドラゴン文字通り“天空救世主”として大勢の人間の命を救った存在として描かれている。


主な機体バリエーション



お絵カキコ


[画像を見る]


関連動画



■sm21626911[ニコ動]

■sm11028288[ニコ動]
■sm4918242[ニコ動]


関連商品


■azB0017I7VXS
■azB000AY1SNE


関連項目



最終更新日: 14/07/08 01:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ