ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クイズダービー


ヨミ: クイズダービー
掲示板をミル!
20カキコ!

倍率ドン!さらに倍!!

クイズダービーとは、TBS系で放送された伝説クイズ番組である。


概要


1976年放送開始。最高視聴率40.8という脅威の数字を叩き出した伝説クイズ番組である。クイズ番組で視聴率40越えを果たしたのは、この番組と「さぁ!書きなさい!」の「クイズ面白ゼミナール」の2番組のみである。

解答者と出場者を分け、解答者を競走馬、出場者をベッターに見立てた、競馬システムを流用したクイズ番組である。この独特なシステムは、会者でもあった大橋巨泉カナダで見たセレブリティ・ステークス」という番組を丸パクリしたものである。
競走馬に見立てられた解答者には倍率が付けられる。正答率が高い、またはこの問題だったら答えられるのではないかという回答者には倍率が低く、その逆には倍率が高く設定される。出場者は解答者に持ち点を賭けて、正解すると「元の賭け点+配当点」(つまり「n+n×倍率」)を獲得できる。

放送開始当初は、さらに競馬らしさを強調しており、が正解するかを予想する予想屋として藤村俊二レギュラー出演しており、これにゲストと巨の3人で、その場で競馬新聞の記号を使って倍率を決めていた。問題数も11問と競馬の一日のレース数に近い数を用意していたが、この頃は視聴率も低迷、競馬色の強いルールは複雑すぎてわかりにくかったという。そこで、単純な「倍率ドン!」のスタイルに変え、問題数も減らして余裕をもたせた。

「上品な成績」篠沢教授、「宇宙人」はらたいら、「三択の女王竹下子、「回答アイドル井森美幸、「たけし兄貴北野という名物解答者も生まれ、巨の巧みなトークも相まって、1970年代後半~1980年代に圧倒的な支持を得た。特に放送されていたTBS土曜ゴールデンタイムまんが日本昔ばなし」「8時だョ!全員集合」「Gメン751970年代後半~1980年代初頭の番組編成。1980年代後半にはこれがまんが日本昔ばなし」「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「世界ふしぎ発見!へと変わる。という人気番組も前後にあり、TBS黄金時代を最も徴する時間帯として君臨していた。

しかし巨セミリタイヤ宣言をして降後、徳光和夫2代目会者になった頃から番組が迷走。そこに裏番組のクイズ番組「平成教育委員会」(フジテレビ)が大ヒット視聴者を奪われ、1992年にその幕を閉じた。

が飛ぶオープニングキャッチでもお染みの、ロート製薬一社提供番組

世界的に見ても最初期にステレオ放送化されたクイズ番組の一つに数えられる。理由は不明であるが、TBSで同時期に放送されていた音楽番組の「ザ・ベストテン」やゲストの歌がある「8時だョ!全員集合」よりもステレオ放送化されているクイズダービー』=1978年10月~ 『ザ・ベストテン』=1981年3月~ 『8時だョ!全員集合』=1980年5月から前半音コントの場合のみ数回、1982年1月より毎回ステレオ放送化。ちなみに当番組と『全員集合』はプロデューサーが同じ人であった。収録は東京赤坂TBS本社内に併設されていたTBSホールにて開録画が行われていた。会の大橋巨泉の意向から録って出し方式での収録が行われており、基本ノーカットで収録されていた。そのため最後の時間が足りずに巨が足に成績紹介と挨拶をバタバタとする事が多かった。

回答表示はフリップではなく当時としてはしいモニターである。しかし当時はタッチペンの技術がないため、ロールに回答を明記し、それを上につけられたカメラから映すというアナログな手法がとられていた。なのでロールに手や頭が見切れると画面にく映り込んでいた。類似の表示システムを「世界ふしぎ発見!」の初期でも採用していたが、こちらはカメラを下から撮影しこれを反転して表示するシステムとなっている。

番組終了後も巨会、はら・竹下の名回答者メンバーで数回復活している。
しかし、2006年のはらたいら逝去、2016年大橋巨泉逝去で、黄金期メンバーによる再現不可能となってしまったのが現状である。


基本ルール


回答者は5名。これに素人参加者3組が得点を賭ける。問題は全8問。

問題は基本一問一答の筆記問題だが2.4.7問は3択問題。5問はとんちやジョークの問題。6問は歌の歌詞当てが基本構成。巨も問題制作に関わっており、新聞や雑誌の暇ネタ地方の話題などの問題も多かった。

参加者の持ち点は3000点(巨は原点と呼んでいた)。これを8問の間に合格点である10万点に増やすのが最終的。

問題が読まれると巨が回答者につけた倍率(1~10倍)が表示され、参加者は正解するであろう1名に100単位で得点を賭ける。

賭けた回答者が正解すると賭け点はそのままに加え、賭け点に倍率をかけた得点獲得。不正解だと賭け点没収。全員不正解だと競走不成立として賭けは全て返還。

これを繰り返して点数を増やしていく。最終問題は倍率が2倍となる。見事10万点を突破するとファンファーレが鳴り座席上のくす玉が割られて吹雪が舞い、男性には女性にはの番組特製ダービーハットがアシスタント女性の手によりプレゼントされる。なお、最終問題の前に10万点を突破するとそこで上がりとなり、残りの問題は見物するだけとなる。

最終的に1点=1円と換算して、持ち点がそのまま賞となる。最高賞は10万円。これは製会社団体の紳士協定により、提供する賞の最高額が10万円までとなっているため。10万点を越えた額はTBSカンガルー全額寄付となる。巨が最後に「12万5000点ですので2万5000円寄付させていただいて、10万円です。」と紹介していた。

年に数度、20万点近い好成績を叩き出す参加者や、最終問題を前に数点しか点が残らなくなった参加者。10万点を狙わずに手堅く数万円を持ち帰ろうとする参加者もいた。最終問題が全員不正解で全て返還となり、全く盛り上がらずに番組が終わる事もままあった。ちなみにとんねるず若山三郎が1問から3000点全て賭けようとして巨に咎められた事がある。


アスキーアート


まさに伝説の番組であり、その中でも特にはらたいらの姿は当時を知る視聴者に深く刻み込まれている。
それ故か、アスキーアートとして彼がこの番組に出演していた時の姿を模したものが2ちゃんねる等で現在でも見ることができる。

     ┏━━━━━━━┓
     ┃ク  イ   ズ    
     ┃                     
     ┃     
     ┗━━━━━━━┛

         ,.-'" ̄ ̄ヽ、
        /ヽ____ゝヽ
        |  } ニ ニ | |
        ヽ_|  /」  |_ノ
         ヽ、-==‐ /
          _}ー‐‐‐'〉、_
        _,.-'< ヽ、  / ゝ ``‐、
      /    ̄ ̄ Y'  ̄    (ニ)=ヽ
 ____|______|______|_ll_
      __________
       l + / ‐ +- |  l /‐
       L o、 つ  |ー レ l つ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


関連動画



■sm8938272[ニコ動]

■sm1341044[ニコ動]


関連商品


■az4309900275
■az4309900429
■azB000J8QSN6


関連項目


TBSテレビ系列 土曜 伝説ラインナップ
昭和50年代前半
まんが日本昔ばなしMBS)|クイズダービー8時だョ!全員集合Gメン'75
昭和60年代前半
まんが日本昔ばなしMBS)|クイズダービー加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ日立 世界ふしぎ発見!

最終更新日: 16/11/10 23:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社