ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クイズ100人に聞きました


ヨミ: クイズヒャクニンニキキマシタ
掲示板をミル!
10カキコ!

ある!ある!ある!ある!

クイズ100人に聞きましたとは、1979年4月2日から~1992年9月28日TBS系で放送された名クイズ番組である。タイトルが長めゆえ、「100人に聞きました」や「クイズ100人」とも略された。


概要


前身番組として1978年4月から日曜14時台にて1年間TBSほか一部地域で放送された「家族対抗クイズ合戦」があり、これを1979年4月月曜19時台前半の全ネットに移動させ、タイトルを変えた上で放送開始したのがこの番組である。

ある特定ジャンル100人に聞いた質問の答えを当てる、視聴者参加クイズ番組。時折芸人によるゲスト大会も行われていた。
毎週5人一組のチーム家族や親類同士)が2チーム登場。勝利チームハワイ旅行を賭けた「トラベルチャンス」に挑戦でき、獲得得点によってハワイに行ける人数が変動し、行けなかった人は「見送り」という三角形の旗を降らされた。勝利チームハワイ旅行に行けないケースもあり、勝者・敗者共に「見送り」旗という寂しい画になってしまったのは言うまでもい。
解答者が解答を述べた後に観客から「ある!ある!ある!」と歓が挙がるのが番組最大の名物となっていた。

会(「進行役」と呼ばれていた)は関口宏。また、「屋根裏のアナウンサー」という肩書で橋本テツヤナレーターを務め、オープニングエンディングナレーションや各種説明を担当していた。
関口が解答を聞く際は解答者席の机にひじを立てて寄りかかるポーズが名物となっており、「下品だ」という視聴者からのクレームも多数寄せられたようだが、番組終了までこのスタイルを崩すことはくやがて定番の風景となった。
あと、太郎という番組独自のマスコットキャラクターがあった。よくイヌなどに間違えられたが、実はホッキョクギツネである。出題時のきパネルには太郎の顔が描かれていたほか、着ぐるみが時々アシスタント的にスタジオに登場していた。また、視聴者プレゼントとして太郎ぬいぐるみプレゼントされていた。

長年に渡り、TBS月曜徴する番組として「ナショナル劇場(『水戸黄門』・『大岡越前』等)」「月曜ロードショー」と共に人気を維持していたが、1992年10月に突如当時の社長の一平日7時台にバラエティ帯番組「ムーブ」を開始することとなったため、7時台の全ての番組が総替えされることとなり、惜しまれながらその13年半に渡る歴史に幕を閉じた。
にも「ムーブ」は歴史的な大失敗をしてしまったのだが、この月曜日担当で引き続き関口宏会をした「関口宏の東京フレンドパーク」は好評を博し、後に独立番組化した。以来、2009年度に「総力報道!THE NEWS」の編成に伴い一度木曜に引っ越した1年間を除き、2011年3月まで続く長寿番組となった。後番組も関口宏会の「世紀のワイドショー!ザ・今はヒストリー」となり、同年10月に同番組が水曜20時に移動するまでの通算31年半もの間TBS月曜の顔として関口宏が君臨していた。

番組終了後も特番やバラエティー番組のワンコーナーとして復活することが何度かあり、特に2000年の年末番組「SAMBA・TV」で復活版を放送した際(関口会をしたのはこの時が最後)に1984年頃のセットを忠実に再現してセットを作り直しており、その後の復活版もそれを再利用していた。


ルール



元ネタ


本番組はアメリカ1976年ABC系列で放送を開始し、途中中断期間はあるものの、現在は放送局単位で購入して放送(シンジケーション番組と呼ばれる)している人気長寿クイズ番組「Family Feud」の番組フォーマットを正式に購入し、日本向けにアレンジしたのがこの番組である。本番組のフォーマット世界50以上に輸出されており、本家と同タイトルで放送されたや、英語圏でもイギリスの「Family Fortunes」のように独自にタイトルを付ける版もあるなど様々である。

1985年まで会を務めた本家初代会者である俳優リチャードドーソンは回答者の家族フレンドリーな感覚で接していたのが大きな特徴で、関口宏の解答席に肘を立てるスタイルも元々は彼が行っていたものである。また、アメリカクイズ番組は進行役と顔を出さず進行役の登場をアナウンスしたり、賞品や出場者の紹介をするナレーターが分かれているスタイルが一般的で、本番組における橋本テツヤや、同様にアメリカの「The Price Is Right」をフォーマット購入したTBS「ザ・チャンス」における小川哲哉などはそのスタイルに倣ったものと推される。

セットの雰囲気も特に初期は「Family Feud」に近くそこからリニューアルを加えていった。しかし、アメリカ本家はじめ、日本以外は番組セットの中央に鎮座する、解答を表示するセットに絵を表示する機は付いておらず、文字だけで正解を表示している。
このシステムは、朝日放送で放送されていたクイズ番組「霊感ヤマカン第六感」のセットヒント日本独自で追加されたものである。制作に当たり、「100人に聞きました」の美術スタッフが「第六感」のセットの作り方を教授してもらったそうである。
また、勝利チームが挑戦するコーナーも、本家アメリカではチームの代表者2人が15(のち20)の制限時間以内に同一の5問に答えて合計得点が200点を越えればボーナスを獲得する形式で、この方式をそのまま使っているが多く、本番組の「トラベルチャンス」は日本独自のオリジナルであるなど、「クイズ100人に聞きました」は較的独自性が多く入っていた。


関連動画



■sm14289322[ニコ動]

■sm9402662[ニコ動]
■sm9405449[ニコ動]


関連商品


番組初期から問題集が毎年のように出版されていたほか、タカラからボードゲームが発売されていた。両者とも較的ネットオークション等でにすることが多い。


関連項目



最終更新日: 20/10/06 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ