ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クジンシー


ヨミ: クジンシー
掲示板をミル!
104カキコ!

クジンシー

クジンシーとは、ゲームロマンシング サ・ガ2』に登場する敵勢七英雄』の一人。


プロフィール


LORD of VERMILIONより抜

他の七英雄からの評価

ダンターグ「はっ、けらが(唾を吐く)」
ボクオーンお前は戦にならん」
ロックブーケ「やめてよ、寄らないでよ(キモイ)」
スービエお前は来なくていい」
ワグナス「君は十分働いた(オブラートに包んだ拒絶)」


経歴


古代では、ボクオーン『ずるがしこい』ダンターグ『暴れ者』という本人の特徴による呼称ではく、何故か『嫌われ者』という第三者からの評価があだ名として定着していた。
追放した古代人どころか、仲間七英雄からも嫌われている。

七英雄は一応、「自分達を追放した古代人に復讐する」という共通した的を抱いているのだが、ボクオーンダンターグ同様、彼もまた古代人への復讐には興味い。
そしてクジンシーは世界征服などと言う、小学生レベルの野望を抱いている。

まず手始めにソーモンの町を占拠。
その後、流し斬り全に入れられたというヴィクトールとそのレオンを殺
遺族のジェラールの恨みを買い、『伝承法』によってソウルスティールを見切られ、倒される。

その後、最終皇帝の代に復活。
わざわざ手紙決闘を挑んでくる。
シカトすると「このオレの挑戦を視したな!後悔させてやるぞ!」
倒すと「ま、また~~。なんでオレだけが2回も~~」
…という、とても英雄らしからぬセリフを言う。

最後は他の6人と協し、最終皇帝に戦いを挑むも敗北
そして御臨終。


評価


上記の経歴を見れば分かるように、物語が始まるきっかけを作った人物であり、最初に戦う七英雄である。
彼はジェラールから要らぬ恨みを買い、七英雄VSバレン帝国という構図を作ってしまった。
そして七英雄的を果たす事なく帝国に敗れ、全滅した。
結果論ではあるが、クジンシーは他の6人の足を引っった事になる。
自分だけ死ぬならまだしも、さすが嫌われ者と言うしかない。


容姿


古代人時代

小林智美画伯の画集『時織人』には、古代人時代の七英雄達が描かれている。

画集にはであるか明記されておらず、長い間、ロックブーケワグナスの間にいるイケメンがクジンシーだと思われていたが、漫画版を見ると、「元を覆ったヘルメットをかぶり、を装備している人物」がクジンシーだと分かる。
(こちらもハッキリと描かれている訳ではないが、3巻の表絵等から推測できる)

おそらく、クジンシーと間違われていたイケメン?のスービエを装備していたため、画集とゲームの武器が逆になり、起こった認識だと考えられる。

しかし、七英雄を描いた小林智美さん自身、古代人時代の七英雄を「誰だか覚えていない」と発言していた。

そもそも漫画版が全て正しい訳ではないので、最終的には好みで良いと思う。

ただ、「嫌われ者」のクジンシーが、イケメンだったとは考えにくいが…。

(劇中における)第一形態

初めてバレン帝国と戦った際の形態。

爬虫類尻尾のような下半身をしており、足はい。
腕は筋々で、顔のついたを所持。
肌はゾンビ色で、マントのみを着用。
が生え、ギョロリとしたはいやらしくんでいる。
口元を押さえている為、顔の下側はい知ることが出来ない。

LORD of VERMILIONゲスト出演した時は、この形態で登場した。

(劇中における)第二形態

最終皇帝と戦った際は顔半分が化した巨大な美女の顔を従えており、よりアンデッドっぽさが増している。
本体の姿はど変わっていないが、顔を押さえていた腕が開かれ、まで裂けた口が見えている。

ラストバトル時

ラストバトルで登場するクジンシーの本体は、やっぱりゾンビ肌。
がハッキリ描かれ、悪魔というより日本のような外見になっている。
ガリガリワグナス程ではい)。


ソウルスティール


『同化の法』では悪魔アンデッド系の魔物を好んで吸収したらしく、容姿やにもその影が出ている。

その頂が「ソウルスティール」である。

のLPを全て奪って即死させ、(ゲームシステム上)復活不能という反則技で、「見切り」がなければ詰む
これを使われたら他の七英雄でも太刀打ち出来ないのではないかとも言われる。
しかしソウルスティールの「見切り」はイベントでアッサリ手に入ってしまう為、ゲーム中では少なくとも雑魚である。

だが『伝承法』がなければ、アバロンもソウルスティールで全滅していた可性もある。
そう考えると、彼がチョッピ大物に見える? それはない?

二戦のクジンシー戦が終わったあと「見切り」を封印してしまい、七英雄との最終決戦の際に覚え直すのを忘れて冷や汗をかいた人も多いのでは?
しかも最終戦では「動くな!」による麻痺→「ソウルスティール」のコンボが決まると見切りを持っていても回避不能! 

でもそんなソウルスティールをクジンシーの専売特許だと思ってる人、実は雑魚敵のミミックも使ってくるよ。

サブフレームリセットによりソウルスティールを味方でも使えるようになった。
消費JP12の体術で対のLPを0にする耐性しの必中技である。
但し習得難度は物理的に困難。


クジンシーとの戦い


※ 「クジンシーとの戦い」も参照のこと。

クジンシーとの初戦で流れるBGMだが、普通中ボスでも使用。
多くのプレーヤーには通常ボス戦用のBGMという印で取られている。
二戦では普通七英雄バトルが流れる為、クジンシー的には復活して格上げされたようなもの。

これを見てクジンシーが「優遇されている」と取るか、「冷遇されている」と取るかはあなた次第。


名前の由来


他の七英雄と同様に、山手線名をひっくり返したもの。

新宿シンジュク→(逆さまにして)→クュジンシ→クジンシー


関連動画



■sm65075[ニコ動]

■sm2898716[ニコ動]
■sm3004280[ニコ動]
■sm34516488[ニコ動]


関連商品


■azB000068HDE
■azB0035JBM82


関連コミュニティ


クジンシーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/05/06 10:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ