ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クマのプー太郎


ヨミ: クマノプータロウ
掲示板をミル!
20カキコ!

クマのプー太郎とは、中川いさみ4コマ漫画及びそれを原作にしたアニメである。

通称「クマプー」。


概要


1990年1994年ビッグコミックスピリッツに連載されていた。コミックスは全5巻。2003年に自選クマのプー太郎バナナチーズがそれぞれ2巻刊行されている。

内容を簡単に紹介すると、主人公プー太郎日常を描いたシュールギャグ漫画といったところだが、プー太郎が出てこないこともしょっちゅうあったため、ただのシュールギャグ漫画と言っても別に問題ない。笑える人は笑えるが分からない人は分からないタイプの人を選ぶ漫画である。

1996年1月13日PSで、同年1996年2月29日GBでそれぞれゲーム化もされている。


アニメ版


1995年4月になぜかアニメ化され、なんと3クール以上も続いた。
原作よりはややシュールさが薄れ、理不尽ギャグに傾いた。
なお、現在までVHSDVDも出ていない。さらには再放送すらされたことがない。
それにも関わらず、ニコニコ動画には本編素材を用いた数点の動画うpされている。

ちなみに、最後のセリフは「再放送も見ろよ!
フジテレビさん、見ますから再放送してください・・・。

水曜19:30からの放送だったが、第19話から金曜17:30に時間が移動した。
余談だが、時間移動後の後番組はるろうに剣心である。

オープニング - 「たいたいづくし」歌:本武
エンディング - 「元気を出して節」歌:本武 


登場人物


原作アニメ共に多数のキャラクターが登場しているが、全部書いたらキリがないので、ここでは度々登場しているレギュラー/準レギュラーキャラのみ記述する。


プー太郎


主人公。一応クマ

原作ではボケツッコミもこなすが、アニメ版では全なツッコミ役となっている。


松村くん


プー太郎の親友でよくお互いのに遊びに行ったりしている。

頭の回転が不規則で基本的にボケキャラであるが、プー太郎暴走したときはツッコミに回ることもある。


ロジャー


魔法のつぼをこすると出てくる何か。

プー太郎が便利に使おうとするが、つぼをこすっている間にしか出てこられない上に長さも微妙なため登場頻度の割に役に立っていない。

それでも懲りずに使われ続けているあたりはそれなりの信頼関係があることが伺える。


しあわせウサギ


幸せを探して30年の野ウサギ。ちょっとしたことで幸せになれる。隙間に挟まるパターンが多い。

プー太郎とのからみはそう多くないのだが、クマプーではしい癒し系キャラのせいか、準レギュラーキャラの中でも屈人気を誇る。


リュー坊


縞模様のTシャツを着た生物

セリフは一切なく、常に下半身を露出している。溶ける。

原作では準レギュラーキャラではあったが、その容姿からアニメ版登場はエンディングのみであった。


まくわうりデカ


マクワウリの形をした刑事

直前の発言に似た音の発言(意味はほとんどない)を返す。
ほとんどの場合事態をややこしくするだけであり、オチで別の刑事に引っ込められるのがパターン

アニメ版では後述するパートナー


車掌


電車。たまにじゃないこともある。

原作では、突然電車に現れて様々な奇行で乗客(プー太郎)を振り回す。

アニメ版ではまくわうりデカのパートナー兼通訳。


ウェイター


レストランウェイター。

様々な奇行で食事をしに来たプー太郎を振り回す、と似たタイプキャラ

店長ウェイトレスもいる。


双子の兄弟


チョンマゲ、ひげブルマー、すべておいの双子

ボケ役でツッコミ役。ツッコミ切れなくなった時は心の中でツッコむ。

アニメ版では21話までよゐこを当てていた。


関連動画



■sm3658061[ニコ動]

 ■sm1539358[ニコ動]
 ■sm868763[ニコ動]
 ■sm908083[ニコ動]

関連商品


■azB00005G5C2
■az4091794823
■az4091794815
■az409179081X

関連項目



最終更新日: 16/11/10 21:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ