ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クリストファー・オードリー


ヨミ: クリストファーオードリー

クリストファー・オードリー(Christopher Awdry)とは、の遺志を受け継ぎ「汽車のえほん」の執筆を受け継いだ児童文学作家である。

職者にして世界鉄オタ鉄道ファンウィルバート・オードリー息子であり、「汽車のえほん(原題:The railway series)」の一番最初の読者であった。


概要


クリストファー・オードリーは1940年、イギリスウィルトシャー州ディヴァイザズにて誕生した。クリストファーが生後5カのころ、オードリー一家バーミンガム近くのキングス・ノートンというに引っ越した。

クリストファーウィルバート・オードリー牧師が著した「汽車のえほん」のいわば初めての読者となるのだが、その話については「ウィルバート・オードリー」の項に任せる。


「汽車のえほん」の執筆


代々オードリーは牧師を務める系であったが、クリストファー職のに入らず雑誌の編集者として働いていた。幼い頃から「汽車のえほん」を聞かされていたこともあってクリストファーも筋入りの鉄オタ鉄道ファンとなっていた。

ある日、クリストファー息子と一緒にネーンバレー鉄道へやって来た。そこで彼はと同じように機関車物語を発想した。

クリストファー物語を書き起こし、オードリー牧師に見せた。当時、汽車のえほん映像化の打診もあったことからオードリー牧師は恵を感じ、クリストファー原作汽車のえほんの再開を決めた。

かくして1983年クリストファーが執筆した汽車のえほん第27巻「Really Useful Engines(本邦未訳)」が出版された。なお、クリストファーが最初に思いついた話は27巻4話の「Triple Header」だという。

既に時代は全に蒸気機関車引退し、保存鉄道でのみ見られるものだった。そんな中でもクリストファー蒸気機関車たちの物語創作し続けた。

1996年、第40巻「New Little Engine(本邦未訳)」まで14冊の絵本を執筆した。しかし、第40巻出版後のオードリー牧師の死去で、「汽車のえほんシリーズ著作権オードリーからTVシリーズ制作会社ブリット・オールロフト社に移りクリストファーは続刊を執筆することができなくなった。

この間、クリストファーは別の鉄道舞台とした物語や、小説を執筆していたようである。

2005年、「汽車のえほん」の権利がブリット・オールロフト社から子供向け番組制作会社「HITエンターテイメント社」に買収された。この年、汽車のえほん出版から60周年ということもあり、HIT社は原作15巻までの新装訂版を出版した。ところが装丁などが不評だったため、HIT社は2007年、旧版の装丁のまま全40巻の再出版を決めた。それに合わせて2007年9月に11年ぶりの新作となる第41巻「Thomas and Victoria」が発売された。

2011年7月には第42巻「Thomas and his Friends」が発売された。「汽車のえほんシリーズは、この巻で最終巻となった。


エピソード



関連動画



■sm13284893[ニコ動]

■sm9775849[ニコ動]


関連商品


汽車のえほん、クリストファー・オードリー執筆分はこちらを参照のこと。

■az1405233087
■az408720538X
■az4591037673
■az4591042146
■az4591042138
■az4591042162
■az4591037665
■az0434927686
■az0434805599


関連コミュニティ


■co28336


関連項目



関連リンク



最終更新日: 11/07/19 17:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ