ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クロスボーン・ガンダムX3


ヨミ: クロスボーンガンダムエックススリー

クロスボーン・ガンダムX3とは、長谷川裕一漫画機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場するモビルスーツMS)である。
表記上は「・」を省略されることが多い。


概要


 CROSSBONE GUNDAM X3 
クロスボーン・ガンダムX3
F97
XM-X3
頭頂高 15.9m
重量 9.5t(本体) 24.8t(全備)
5,280kw
25.000kg×4
(最大:30,000kg×4)
搭乗者 トビア・アロナクス
兵装 バルカン砲×2
胸部ガトリング砲×2
ビームサーベル×2
ヒートダガー×2
ムラマサブラスター×1
Iフィールド・ジェネレーター×2
シザー・アンカー×2

■im2570054(静画)

な搭乗者はトビア・アロナクスカラーリング式番号はXM-X3。

基本性などはクロスボーン・ガンダムX1とあまり変わりないが、様々な実験的装備が積み込まれた実験機としての色が強い機体。本来はエース用の機体だが、受領時のゴタゴタと成り行きでトビアに引き渡された。
胸部に髑髏のレリーフがあり、髑髏の眼の部分はガトリング砲口となっている。

な武装は、ザンバスターの強化版とも言える多用途武装、ムラマサブラスタービームサーベルを14本並べれば強いに違いない、という宇宙世紀トンチキ武器である。

ビームシールドの代わりにIフィールド発生装置を両腕に装備しており、ビームシールドを貫くほどの強ビームすら効化する。
ただし、Iフィールドジェネレーターの展開時間は片腕105に限られており、その冷却に120を要する。従って、両腕で210はIフィールドを展開できるが、冷却時間の関係上どうしても15ビームに対し防備な状態となってしまうという欠点がある。

最終決戦で機体は大破。トビアはコアファイターで脱出している。

なお、この機体は本来は部品取り用の予備機であり実戦投入は想定外であった(Iフィールドハンド実験仕様オプション的要素であるが故)、「本来のX3」は別に存在したが事故により急遽繰り上がって3号機になった経緯がある。(詳細はクロスボーン・ガンダムX-0の記事を参照)


兵装


頭部バルカン砲
ビームサーベル/ビームガン
ヒートダガー
シザーアンカー
X1と共通装備なのでX1の記事を参考のこと。
胸部ガトリング砲
頭部バルカン砲よりも大口径の機関。胸部にあしらわれた髑髏の眼窩部分が口となっている。
ムラマサブラスター
14基のビームサーベルビームガン1門により構成される複合火器。
登場直後はセーフティが設定されていたためビームが発生せず、実体として運用されていた(本来は想定されていない運用法ではあったが、それでも破損しない程度には頑丈な作りになっているようである)。
各種ゲームにおけるトビアの「セーフティ解除!」という台詞はこれに由来する。

関連動画



■sm33811961[ニコ動]

■sm146045[ニコ動]


関連静画


■im2092283(静画)
■im3564537(静画)
■im5386411(静画)
■im7602908(静画)
■im2896679(静画)


関連商品


■azB000FTBLDQ
■azB003AH6ETG


関連コミュニティ


■co223


関連項目



最終更新日: 19/05/31 01:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ