ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クロムウェル


ヨミ: クロムウェル
掲示板をミル!
17カキコ!

クロムウェルとは、英語圏の苗字のひとつである。

海外の姓名の一覧


曖昧さ回避



実在の人物


  1. オリバー・クロムウェル - 17世紀英国の軍人・政治家。清教徒革命の議会軍事導者として名を上げ、議会政権成立後は護卿に就任、事実上の独裁者として辣腕を振るった。該当項目参照。
  2. リチャード・クロムウェル - 1の息子から護卿の地位を受け継ぐ。

人物以外のクロムウェル


  1. クロムウェル(巡航戦車) - オリバー・クロムウェルにちなんだイギリスの巡航戦車この記事で記述。
  2. クロムウェル(護衛駆逐艦) - アメリカ海軍のディーレイ駆逐艦

フィクション作品の登場人物など


  1. 拘束制御術式「クロムウェル」 - 漫画アニメHELLSING」にて吸血鬼アーカードを制御・封印している術式。号から3号まで存在している。
  2. シェリー=クロムウェル - 小説とある魔術の禁書目録』の登場人物。該当項目参照。
  3. ニクソン・クロムウェル - フリーゲームSeraphic Blue』の登場人物。該当項目参照。


概要


第二次世界大戦後半の英国巡航戦車。大戦後期を通じて徐々に良を重ね、最終的には英国巡航戦車としてはバランスのとれた車両に成長している。


開発の経緯


きたるべき大戦の理想的な巡航戦車はこれくらいだろう……と見込んで設計された、巡航戦車カヴェナンター。まあしかしご承知の通りのグダグダでモノにならず、「こりゃいかん」と急遽立ち上がったバックアップ企画である巡航戦車クルセイダーの登場は大戦開始後になってしまう。そしてその半歩の遅れははっきりと性に現れており、クルセイダーは登場の時点でドイツ戦車に一歩も二歩も劣るを露呈してしまっていた。

英国紳士もむろんこれを座視せず、新たな戦車開発計画をメーカー各社に募集をかけたのである。その応募に答えてレイランド社から提案されたのが、クルセイダー巡航戦車の拡大強化版にロールスロイスマーリンエンジン車載を搭載するという提案。スペック的にも問題なく、こんどこそ理想の巡航戦車が手に入ると喜んでいた軍部であったが、現実はそんなに甘くなかったのである。

問題の核となったのは一にも二にもエンジンであった。クルセイダーの設計企業であるナフィールド社は自社がライセンス生産権を持つリバティエンジンの搭載にこだわり、クルセイダーエンジンであるリバティエンジンをこの新戦車に乗っけて「これ使え」と提案してくる挙に出たのである。マーリンエンジン採用の言い出しっぺであるレイランド社も、実のところロールスロイス社の強引な営業に負けて「じゃあ、お宅のマーリンエンジン採用しましょうか」となった経緯があり、実際にマーリンエンジン車載タイプの開発をやってみたところあまりの複雑さに「ウチじゃ理」とさじを投げていた格好。さらに英国軍のエンジンであるマーリンエンジン戦車の安定供給に不安を抱くむきもあり、この行為もすんなり通ってしまったのであった。かくて生まれた戦車がクロムウェルMk.Ⅰ。当然のことながらアンダーパワーはひどく、実戦に投入できるような性はないと判断され生産数のほとんどは訓練用に回されている。

さすがにこりゃああんまりだということでレイランド社は設計のやり直しを開始。メリットブラウン式操向装置や再調整したサスペンションの導入といった手直しを行った結果がクロムウェルMk.Ⅱ。機動性もいくらか向上したが、何より重要なのはエンジン区画の修である。そう、一度は諦めかけていたレイランド社だが、しかし英国紳士は諦めが悪いのが取り柄なのだ。

かくしてとうとう完成した車載マーリンエンジン、「ミーティア」を搭載したのがクロムウェルMk.Ⅲミーティアへの積み替えができるように作られたクロムウェルMk.Ⅱも大半が後に積み替えを行われている。このMk.Ⅲによってクロムウェル巡航戦車はいちおうの完成をみることになったのである。ときに19431月

なお、Mk.Ⅰには「キャバリエ」、Mk.Ⅱには「セントー」という別の名前が与えられ、独立した別戦車として扱われることとなった。


性能


完成当時の戦車、6ポンを搭載。例によってこの時点では榴弾の設定がなかったため、後に榴弾が撃てる75mmに換装されている。

装甲は当初は要仕様通りの前面76mm。上記のとあわせ、1942年あたりまでは優れた戦闘力を持つ車両と呼べたであろう数値である。……しかしさ、この戦車、43年からの製造開始なんだ……。そんなわけで後に増加装甲が施され、最終的には前面101mmまで強化されている。とはいえ増加装甲との合算値であり、一枚よりは差し引いて考える必要あるけど。

ええい気分変えていこう、特筆すべきはその機動。セントーの時点で施された足回りの良は名エンジンミーティアの発揮する600パワーによって価を引き出され、路上最高速度はなんと64km/hにも達する。装軌車両としては異例の域の快速であり、WW2でこれを上回るのは戦車駆逐か戦間期のBT戦車シリーズらい。戦後期の英国軍の戦車としてその快速性は大いに重宝された。


戦史


本格的な参戦は1944年6月ノルマンディー上陸作戦以後。参加した戦いでもっとも著名なのが、ヴィレル・ボカージュの戦いである。1944年6月13日、北部フランスの重要拠点・カーンを、前面に取るSS101戦車大隊を回して攻略しようとした英第七機甲師団。しかしそれを察知して急襲をかけたSSタンクエース、ミハエル・ヴィットマン率いるティーガー部隊の前にフルボッコにされ攻略作戦不可能となった戦い……あれ? これってクロムウェルって単なるやられ役雑魚キャラ?? あれ?? 活躍……???

え、えーっと、後に朝鮮戦争にも使われてですね、そんで中国の「人民志願義勇軍」(っつーか中国軍)に鹵獲されて運用されてたクロムウェルが、初の本格実戦参加となったセンチュリオンの最初の餌食に……あれ? これもまた単なるやられ役雑魚キャラ扱い? あれ?? あれれ???

そもそも1944年6月の時点で、「英国巡航戦車としてはバランスのとれた車両」であっても、もっと全において高いレベルバランスのとれた戦車英国はふんだんに使える状況にありました。はい、レンリースでやってきたM4中戦車でございます。そんなわけでクロムウェルは既に英国巡航戦車としての役の地位を追われており、その居場所は快速を取り柄とした機甲偵察連隊にしか残されていなかったのが実情だったりするのでありました。

クロムウェルくん、不幸


派生車両


というわけで実戦ではさんざんだったクロムウェルだが、大戦後クラスの「まともに使い物になる自製の台」としての価値は大きく、いくつかの車両を生み出している。

体を全体的に拡大し大を搭載したチャレンジャー巡航戦車。軽量化した17ポンを新に搭載したコメット巡航戦車WW2後、当時の戦車センチュリオンの新である20ポンを装備した戦車駆逐車両チャリティア。いずれも投入時期のタイミングが悪く大した戦果を残すことはなかったが、それぞれまとまった数が生産されており、それだけクロムウェルがモノとしては悪いものではなかったことの傍に……なる、といいなあ……。


関連動画



■sm1845633[ニコ動]

解説があんまりなので気分直しにどうぞ。


関連商品


■azB000VTQN5Q
■az4499228824


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/06/30 20:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ