ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クロロフィル


ヨミ: クロロフィル
掲示板をミル!
1カキコ!

クロロフィル(英:Chlorophyll)とは、葉体に含まれる緑色合成色素である。


概要


Chloro(古希:χλωρός)は緑色を、phyll(古希:φύλλον)は葉を、それぞれ意味する。
葉緑素といえば聞きなれた方も多いであろう。

合成の中心的役割を果たすものであり、エネルギーの受容体として作用する。
青色赤色を吸収し、残ったが散乱・反射されるため、には映る。
 

化学的性質

マグネシウムを含み、に溶けにくくアルコールやアセトン等の有機溶媒によく溶ける。
化学構造は、4つのピロールが環を巻いて組み合わさってた構造であるポルフィリン環に、フィトール鎖と呼ばれる長鎖アルコールが結合した構造を持つ。
これは人間血液の血色素であるヘムと良く似ており、ポルフィリン環の中央に配置する金属マグネシウム(クロロフィル)か(ヘム)かの違い以外はほとんど同じである。

生物学的分類

クロロフィルのうち、陸上植物や藻類のような酸素発生合成をおこなう植物シアノバクテリアが持つものをクロロフィル(a、b、c1、c2、c3、d、f)、酸素非発生合成を行う合成細菌が持つものをバクテリオクロロフィル(a、b、c1、c2、c3、d、e、f、g)と呼んで分類されている。
陸上植物に使われるのは緑色のクロロフィルaと黄緑色のクロロフィルbの2つであり、およそ3:1の割合で含まれる。
また、クロロフィルaは合成細菌を除く全ての緑色植物に含まれるもので、生存している藻類の量の標になっている。


関連商品


■azB00W94BA72
■azB007WIWDTE


関連項目



最終更新日: 17/02/03 23:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ