ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グラディウスジェネレーション


ヨミ: グラディウスジェネレーション
掲示板をミル!
37カキコ!

グラディウス ジェネレーション』とは、ゲームボーイアドバンスで発売されたグラディウスシリーズシューティングゲームであり、一部のグラディウスファンネタ的な意味で深くされる作品である。略称は『グラジェネ』。
発売はコナミ、開発はモバイル212002年1月7日に発売された。 

※この記事は本作の一般的評価を覆すことを的とした誇表現が含まれている可性があります。


概要


携帯機向けのグラディウスシリーズとしては『ネメシスII』以来12年ぶりの作品である。
全8面とボリュームはアーケード作品並み。『グラディウスII』のように自機の装備には4タイプ+バリア2種類が用意されている。
また、選択したタイプによって自機のカラーが変わったり、多くの装備に2段階パワーアップが搭載されているなど『グラディウス外伝』の影も色濃い。
ほぼ全にパターンゲーであり、さらに全体的に自機が強いがゆえに難易度はやや低め(ただし初見殺しはそこそこ多い)だが、ゲームバランスは非常によく取られている。
GBA最初期の作品にもかかわらず背景等のグラフィックレベルは高く、GBAの狭い画面の中でありながらグラディウス世界観が見事に表現されている。 

本作の特徴としてはグラディウスシリーズ伝統の「復活パターン」があげられる。
まず、本作には「HINT」というモードが登場しており、全ての復活ポイントからの復活パターンプレイが収録されている。
また、本編コナミコマンドなし・ノーコンティニュー573,000点以上で1周クリアしてハイスコアを登録すると、 本作最大の玉とも言えるモードの一つ「CHALLENGE-A」が登場する。
このモードは2周相当の難易度の中で特定区間の復活プレイに挑戦できるもので、本編中全ての復活地点からのプレイが可。次の復活地点まで事到達すればクリアとなる。過去グラディウスシリーズでも復活プレイというやりこみは存在したが、正式なやりこみゲームモードとして採用したのは本作がシリーズ初である
なお、「A」と言ったからには論「CHALLENGE-B」も存在し、「A」の全ての復活地点をクリアすると解放される。こちらは3周相当の難易度となっており、より難しくなっている。
さらに「B」も全てクリアするとスタッフからの挑戦状とも言える「FINAL CHALLENGE」が解放される。敵要塞脱出直後を舞台にした、このモード専用のファイナルステージに挑戦するのだが、シチュエーションBGMとは裏その難易度は常軌を逸しており隠しコマンドしでクリアするのは極めて困難である死ぬがよい

また、過去コナミゲーからのオマージュが多いことが特徴として挙げられる。グラディウスシリーズMSXパロディウスシリーズを含む)からはもちろんのこと、そのご先祖様に当たる『スクランブル』、その他には『ゼクセクス』や『サンダークロス』、果てにはSTGですらない『モアイくん』など、メジャーどころからマニアックな作品まで幅広く取りえられている。

ゲームとしての完成度は、庭用のグラディウスシリーズ作品としてはトップクラスといえるほどに高いと言える


じゃあ、なんでネタゲー扱いされるの?


本作ほぼ一にして最大の欠点、それはBGMクオリティの恐るべき低さである。ゲームクソなのにBGMは良質、と言ったゲームは多く存在するが、ゲームは良質なのにBGMクソというその逆を行ったゲームというのはなかなか見かけない。
まず何処がおかしいか。 音の選択がおかしいのである。
GBAの音GBの音PCM×2となっているのだが、その2つのPCMを何を血迷ったか効果音ドラムに割り当てるという暴挙。 よってBGMメロディ部分はGB音源と同様の音で作られている
ただこれだけなら、ちゃんと音に合わせてBGMを作ればそこまでクオリティが落ちることはありえない。しかし、本作のBGMはどう考えても視して作成したとしか思えないのである。 
最も有名なのは間違いなく3面のBGM本作のファンには「グラジェネの例の曲」で通じる)。バックで鳴る「ピッピピッピピピピッピッピ」という音には脱させられることうけ合い。

…なのだが、あくまでも音の選択が間違っているだけであるので、ファンによって別音アレンジされた結果「アレ?これ意外と良い曲じゃね?という驚愕事実が…。
また、本作には『グラディウス』1面BGMChallenger 1985)とバブルシステムモーニングミュージックアレンジされて収録されているが、これらのアレンジはなかなか良質なアレンジとなっている。聴くための条件はなかなか厳しいが…。

なお、不評のBGMだが昔から盗作疑惑が噂されている。もしこれが真実なら音世界観を全く考慮していないのはなぜか、という疑問も納得がいく。ハードジャンルの違うゲームからそのまま引っってきたのなら当たり前である。

そして、これらの件をお察し下さいと言わんばかりに、グラディウスありとあらゆる機種・シリーズの楽曲が収録されてた「GRADIUS ULTIMATE COLLECTION」では、この作品の楽曲はどういうわけか一曲も収録されていない。ただし、I~IVまでの楽曲が収録された「GRADIUS ARCADE SOUND TRACK」にはオマケとしてこの作品のメドレーが収録されている。


関連動画


BGM集                              VRC6による全曲アレンジ

■sm13448936[ニコ動]

■sm16996038[ニコ動]

通常のプレイ動画海外版)                  TASさんがやってくれました
■sm3875867[ニコ動]
■sm14428223[ニコ動]

ファイナルチャレンジ(HINTモード動画)        TASさんによる新たな解法
■sm1218463[ニコ動]
■sm14993152[ニコ動]

BGM盗作疑惑                          判断は各々に任せます
■sm7860995[ニコ動]
■sm9195950[ニコ動]


関連商品


■azB00005UKSZ
■azB000BDEJ0I


関連コミュニティ


■co9627


関連項目



最終更新日: 13/04/06 21:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ