ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グラディウスIV -復活-


ヨミ: グラディウスフォーフッカツ
掲示板をミル!
6カキコ!

グラディウスIV -復活-』とは、1999年2月に稼働したコナミ製のアーケードスクロールシューティングゲームである。

庭用移植はされていないが、プレイステーション2グラディウスIII&IV -復活の神話-』(2000年)、プレイステーションポータブルグラディウス ポータブル』(2006年)に本作のアーケード版が収録どちらもバグの修正や、その他多くの調整が施されている。


概要


前作『グラディウスIII-伝説から神話へ-』の正当な続編として製作された。
それまでもグラディウスシリーズ外伝作品はアーケード庭用向けに何作か作ってはいるが、ナンバリングタイトルではじつに10年ぶりのリリースとなる。

当時アーケード市場は「弾幕シューティング」と呼ばれるゲーム人気を高めている時期だった。
そのほか、前作のヒット以後に盛を極めた対戦格闘ゲームや、音楽ゲームなどの新たな試みが行われている中、斜陽期と見られていた横STGを送り出すことで、副題通りの『復活』をアピールしていた。
時代の流れに合わせ、グラフィックフルポリゴンを用いており、2Dながら行きのある映像美麗グラフィック話題になった。一方、大まかなゲームの雰囲気は評価が高かった前々作『グラディウスII -GOFERの野望-』を参考にしている。

しかし、実際の評価は散々なものである。
まずゲームとして新しさがない。上述したグラIIに関しては参考どころか焼き直しに等しい。ある程度オリジナル要素も仕込まれているが、これはゲームバランスの悪化に繋がってしまっている。開発者く「結果としてグラディウスファンに配慮した形になった」。どこをどう配慮した
次に自機がなんかやたらと弱い。選べるウェポンタイプは6種と多いが、その中で実用性があるタイプは少なく、どれで挑むかは自然と限られてきてしまう。
そしてゲームバランスの悪さ。先述のゲージ関係もそうだが、一部ステージ攻略リアルラックが絡んでくるというゲームにあるまじき調整が取られている。開発者く「簡単なパターンゲームにはしたくない」。お前は何を言ってるんだ
これらの悪要素にバグも多く、シリーズファンさえも周回を投げてしまい、結局本作がグラディウスの『復活』を演出することはなかった。

本作より前、『沙羅曼蛇2もっとも沙羅曼蛇の名を冠したことが悪いというところが大きく、一つの横STG作品としては佳作とも言われる。』や『セクシーパロディウスランクゲーと名高いパロディウスシリーズ悪い意味で本気を出してしまった。』も低評価を受けており、コナミの横STG製作が落ち込んでいることが決定的となり、5年後にリリースされるナンバリング新作『グラディウスV』はトレジャー製作の外注タイトルとなった。


ゲームシステム


グラディウスIIの装備タイプと、本作オリジナルの武装を搭載した2タイプを追加した6タイプから選択できる。選択肢は多いが、なぜか多くの武装が著しく弱い。
とりわけレーザー系の性の低さは致命的で、攻略媒体によっては通常ショットでの攻略を推奨されるほど。

A SPEED UP MISSILE DOUBLE LASER OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]

[画像を見る]

or

[画像を見る]

定番の初代装備。
B SPEED UP SPREAD BOMB TAIL GUN LASER OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
正攻法では上方向をカバーできない上、ミサイルまでもが弱体化した本作ぶっちぎりの最弱タイプ
C SPEED UP PHOTON TORPEDO DOUBLE RIPPLE OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
レーザーの強みがないため、実質的にタイプAとたいした差がない。
D SPEED UP 2-WAY TAIL GUN RIPPLE OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
攻撃範囲の広さが売り。火力が低い…と言うところなのだが、その火力を備えたはずの武器が軒並み弱い今作では相対的に安定している。
レーザーが役に立たない分総合タイプFに劣るが、ミサイルが素直なこちらの方が扱いやすさに優れる。
E SPEED UP VERTICAL MINE DOUBLE ARMOR PIERCING OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
を放つミサイルを持つ武装。うまく扱えば下以外も結構カバーできてしまうので、タイプA/Cよりも守備が高い。
レーザーのことは言うな。
F SPEED UP FLYING TORPEDO TAIL GUN TWIN LASER OPTION
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
火力と攻撃範囲を両方備えた、他のタイプべても高性な武装。
扱いやすいとは言えないものの、やはり一強レーザーの存在が大きいため、慣れたらコイツを使った方がクリアしやすいだろう。

装備解説


ステージ


ベースとなったグラIIの構成に1つが加わった全9ステージ


STAGE1 流体金属


人工太陽を流体金属のかたまりに変えたステージ。地形が不定形なので、自機に向かって伸びるように変形してくる。
金属製のが出てくるところまで同じだが、吐き出す弾は3ウェイで必ず1つカプセルが出るので装備は調えやすい。

ボスヨロガドンキメラは三つ首のの形態から、最後にダメージを与えた首の色に合わせて風車触手の形態いずれかに変化する。
強さがはっきり分かれており、とくにの形態に変えてしまうと1面ボスとしては悪な強さに。


STAGE2 植物


々しい植物に覆われたステージ。一応エイリアンステージ下地だが、較的良い雰囲気にアレンジされている。
特に注意すべきは前半のツタの敵で、攻撃に反応して丸まり弱点を覆い、攻め手を緩めるとツタをはじいてはたき殺しにかかってくる。理に壊そうとせず距離を取るのも手だが、バーティカルマインを使うと撃破しやすい。

ボスデンドロディウムデンドロビウムセッコクなどのラン科植物の総称。デンドロビュームとも。
2本の腕でアグレッシブに攻めてくる。腕も壊せるが、周回数を重ねるほど動きが機敏になっていくので気をつけること。


STAGE3 バブル


面構成はほぼII水晶ステージだが、さらにIIIの泡要素を足したステージ
水晶と泡の動作は全にランダムで、衝突して速度をつけるなど思いがけない動きをする。特に水晶が地形に引っかかり、閉じ込められる危険もある。泡は壊せるが駄に頑丈アーマーピアッシング同様、移植EASIEST限定で耐久度が下げられている。で、水晶以上の物量で押し潰してくる。

フル装備でも押されるほどの物量、パターン化ができず攻略に高度なアドリブを要される面仕様、さらにプレイ技術に関わらず詰みに陥りかねない運要素など理不尽な難しさから、上級プレイヤーでもこの面を嫌う人は多い。

ボスバブルコアビッグコアシャボン玉マシーンをくっつけたようなボスだが、ここでも泡の処理に苦しめられ、復活時は面倒くさい。


STAGE4 火山地帯


前半はシリーズおなじみの火山面。
ゴツゴツした岩肌に火山テーブル台地が所狭しとに配置され、ハッチや台を巧妙に遮る天然の要塞である。ひとかたまりで出てくる火山弾が独特。

後半はしくうねるマグマ攻略
流れてくる岩盤間が狭められ、ハッチや敵弾がひしめくところをうまくかいくぐらなくてはならない。展開が忙しいが前後面の悪さからすれば休憩時間。

ボスは巨大なカブトガニギラードル
拡散ショットや子ガニ弾が異様に速い。うまく見切って回避すること。


STAGE5 モアイ



次へ»
最終更新日: 18/10/24 16:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ