ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グラフェン


ヨミ: グラフェン
掲示板をミル!
1カキコ!

グラフェンとは薄さが炭素原子一個分の厚さの薄膜高分子である。


概要


グラファイト)と言えば鉛筆の芯でお染みの物質である。特にシャープペンシルの芯はほぼ純である。このという物質、実は炭素の巣状に結合したグラフェンという物質が弱い分子結合で積層されて出来ている。で字が書けるのはとの摩擦でグラフェン間の弱い結合が剥がれてにこびりつく為である。グラフェンという物質自体の存在はかなり昔から知られていた。だが長い間グラフェン単体のみを取り出したり合成したりするのは困難だった。が柔らかすぎるので物理的に取り出すのが困難であり、また結晶構造が密すぎて従来のPVD法やCVD法(原料を吹きのように飛ばして薄く堆積させるメジャーな薄膜作成法)が使えなかったからだ。

2004年マンチスター大学グループが、意外な方法でグラフェン単体を取り出すことに成功する。それはセロファンテープ(スコッチ社製だった)を貼り付けては剥がし、剥がしたテープに別のテープを貼り付けては剥がしと、これを繰り返すことでついに電子顕微でも観測可なグラフェン単体を取り出すことに成功したのである。これは現在スコッチテープ法と呼ばれ、層状物質を薄く剥がしたいときにとりあえずやってみる方法として定着している。


性質



製造法


たしかに粘着テープを使えばグラフェンを取り出すことはできる。ただしモノとして使うには小さすぎてしかもだらけだ。そこで工業的生産法を確立しようと様々な試みが行われた。

そんなこんな工夫をする内、科学者たちはがグラフェン製造に最適な触媒である事に気付いた。そして2018年MITがロールに巻いた箔を引っり出して熱分解炭素して固溶させ、冷えた箔表面に結晶化したグラフェンごとロールに巻き取る事で可視サイズのグラフェンの量産に成功したのである。


応用



関連動画


代表的なグラフェン製造法「スコッチテープ法」 グラフェンナノリボン化学合成

■sm12355789[ニコ動]

■sm35320062[ニコ動]
英国におけるグラフェン研究の現状 2層グラフェンが条件次第で超伝導体に
■sm22696386[ニコ動]
■sm34361380[ニコ動]

関連商品


■azB01JA9MND8
■az4781301460


関連コミュニティ


グラフェンに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/12/03 21:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ