ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グリーン車


ヨミ: グリーンシャ
掲示板をミル!
36カキコ!

グリーン車とは、

  1. 普通車して乗客1人当たりの占有面積が広く、設備がであるなどの理由で別途の料がかかる特別車両の名称
  2. 文字通り大自然の中を突っ切るのこと
  3. 文字通り緑色車両のこと(京王で使われる表現)

である。


1の概要


JRの一部路線に存在する有料サービス新幹線特急JR東日本東京近郊の快速路線等に存在する。この車両はたとえ立席であってもグリーン券がないとデッキにすら立ち入る事ができない。東京近郊の場合は快速電車に併結されている2階建てオールクロスの2両がこれである。

一部または全部が有料の列車は他社にも広く存在するが、JRの場合は知名度に反してこれらとは異なる物で、グリーン車そのものは座席を保する物ではない。あくまでグリーン車に立ち入る事ができるのみで定席とは異なる為、快速電車においては実質自由席であり、ラッシュ時は既に座席が埋まっている事もしくない。また価格も平日最低770円~と高く、いわゆる「通勤ライナー」に相当する物ではない。

グリーン券は内でも購入可だが、割増になるので乗前に購入するのが望ましい。また平日/休日距離等で料が変動する。なお、実質自由席ではあるが、着席できなかった場合は料に関しては返が可。①実際にグリーン情報が未使用 ②グリーン車内のアテンダントに申し付け明書を貰う ③みどりの窓口で返して貰う、が正規の手順だが、手順の面倒さや告知の不十分さからか、乗客はおろか乗務員ですら知らないケースがあるため注意。また返自体は全額だが、払い戻し手数料220円は掛かるため、立席でも実質220円は必要。

新幹線特急においては、グリーン車は全て同時に定席でもあるので座席は保されている。単に定席の上位互換と考えて良いが、この場合もグリーン車と自由/定席の別はあくまで別物。東北新幹線は更に上位の「グランクラス」が存在する。

等級制の止により登場した車両で、等級制時代の帯・硬券にて使用されていた色が名称の由来。現代の日本列車は有料列車止前の2等、一般通勤列車止前の3等に相当する。1等相当は基本的に継承されておらず、ごく一部の列車だけにしか存在しない(前述のグランクラス内設備やアテンダンサービスは1等相当だが、形式区分はグリーン車の生という位置付けである)。この3等級は「イロハ」で表されており、体のカタカナでその名残を確認できる。例えば通勤電車にはよく「サハ○○○」「モハ○○○」と刻印があるが、この「ハ」がイロハのハ、3等である事を表す。飛行機クラス分け(概ね1等=ファースト、2等=ビジネス、3等=エコノミーに相当)に相当し、前述のグリーン車なのに座席定が保されない件も、2等である事に対価を払っていると考えれば分かりやすい。


関連動画



1.の動画



■sm918855[ニコ動]


2.の動画


■sm14953694[ニコ動]
■sm4589643[ニコ動]


3.の動画


■sm13813206[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/01/14 01:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ