ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グレイ(ボンバーガール)


ヨミ: グレイ
掲示板をミル!
5カキコ!

グレイ(ボンバーガール)とは、ボンバーガールに登場するキャラクターである。担当声優大和田仁美


概要


グレイボンバーマスター後輩タイプボンバーガール
クールを気取っているけど気持ちはホット、先輩であろうと負ける気は一切ありません!

「まったく、やれやれです…よし、決まった。」

趣味アーケードゲーム、かな?(特に音ゲー!だけどり過ぎないようにセーブっと…)
好き:楽しい事と、この世の食材全てです。(って大好きな先輩達が言ってたもんね)
嫌い:自分の弱点をすほどあたしは愚かではありません。(よし、決まった!)
(公式サイトより)

2019年3月20日から実装されたシロやクロの後輩
小物ボムについたデコから、『ボンバーマンMAX』のマックスモデルと思われる。事実SNSの新キャラヒントではマックスだとはっきり言われている。過去ボンバーマンシリーズモチーフの先駆者で、後にボンバーマンジェッターズモチーフシロンが続いた。

アカデミア所属ボンバーガールの例に漏れず制服姿。シロやクロよりも等身数が少なが大きく、小柄な印を受けるが、パーカーに収まりきらないなかなかのBOMBERGIRLである。また、公式Twitterのヘッダー画像ではセンターに収まっている。設定上の年齢では中学生。他のキャラクターより学生としての描写が強いためかマスターの事を「先生」と認識しており、事実彼女ガールランクで手に入る最初の称号も「グレイ先生」になっている。

クールを気取る生意気系と思いきや、心はホット、内心を隠すのが苦手なされ系後輩。上記のプロフィール原文ママであり、後半の括弧で隠している(と本人は思いこんでいる)部分もしっかり相手に伝わる。ゲーム本編でも隠しきれておらず、ボイスで内心まで聞こえることも多い。良くも悪くも先輩達のを強く受けており、誕生日イベントでも先輩達にならいマスターへの抱きつきを敢行した(その後自己嫌悪に陥ったがそれもしっかりマスターには伝わった)。

登場の遅いキャラクター故に水着アイテム実装も遅かったが、2019年8月に待望の専用アイテムが登場した。ビキニの上に胸で結ぶシャツとホットパンツ着用というオシャレな装いになっている。


ゲームにおいて


ステータス HP BOMB(初期 / 最大) FIRE(初期 / 最大) SPEED(初期 / 最大)
2 / 5 1 / 5 2 / 5
スキル スキル1
(使用可レベル)
スキル2
(使用可レベル)
追加スキル1
(使用可レベル)
追加スキル2
(使用可レベル)
ライトニングボム
(Lv3)
ハイパープラズマボム
(Lv5)
ラインボム
(Lv4)

(Lv?)

グレイボマーの中でも、
ハードブロックを貫通するボムスキルを持っているボンバーガール
高い威で広範囲を壊せるボムも持っているので、
ベースタワーを壊しつつ、敵の撃破も狙っていこう!
(公式サイトより)

従来の死からの攻撃を得意とする対ガール戦寄りのボマー

特にライトニングボムボンバーマンシリーズでは例が少ないハードブロックを貫通する特徴があり、工夫次第でゲート攻略ゲート開通前のベースタワーへの攻撃と活用の幅が広がる。逆に言えばスキルをそのまま使うだけでは彼女価は発揮できず、シロやクロ以上にスキルの理解、活用法をめられることになる。グレイ先生と言いれるまでのは遠い。
パプル同様どのスキルも要レベルが高い晩成のため、EXPが少ないマップでは価を発揮するまでに時間がかかる。特に序盤のアイテム掘りでは先輩であるシロに一歩遅れる

相手にするときはその貫通を見誤ると思わぬ一撃をもらうことになる。
シロやクロ、シロンと異なり、設置したボムを移動させるスキルを持たないため、閉じ込められた時の回避策がハイパープラズマボム無敵時間しかない。スキルをチャージしている間は藤崎詩織同様ボマーの本領がめられるため、グレイ相手には無敵回避を気にせずガンガン囲んでいくのが対策の一つ。
追加スキルであるラインボムは当初それほど強スキルとは思われていなかったが、上手く使うと化けるスキルであることが判明した。できるならゲットしておきたい。

ハイパープラズマボム以外のスキルの性ステータスに強く依存する(ライトニング火力数、ラインボムボム数)。対応するステータス最低4以上はないと性を発揮できないといってよく、アイテム集めは積極的に行いたい。


スキル



SNSの漫画において


参戦に先駆けて紹介された回では本人は沈着冷静でな振りを璧にこなしていると思っているが、気持ちがフキダシとなって漏れ出る、アホ毛尻尾が言葉とは裏に素直に反応するなど本心を隠すのが苦手。しかし本人はこの自覚がない。ボマーの中では年少ながら一番の常識人のため、先輩達にツッコミを繰り出すこともあり、結構辛辣な発言をすることも。更に年下のシロンが登場したときは甘やかしてしまっている。

常識人といってもボマーボマーであるのか、アクアステージ化し、ガールたちに襲撃された際は「何を浮かれているんですか先輩方!!ここは遊園地じゃないんですよ!!」と言いつつそのまま自分もエンジョイしていた。ちなみにその時の本音は(ゆうえんちみたいでたのしそおぉおお♪)である。

記事冒頭にある公式サイトプロフィールにも本心がうっすらと書かれている他、あまりにもわかりやすいさまはモモコから『具化』とまで言われる始末。モモコに褒められた時は表面上はポーカーフェイスを装っていたが、本心では叫びながら転がりまわるほどに喜んでいた。それゆえにシロやクロから可がられており、他ブランドキャラクターからも温かく見守られている。2020年正月ではガールを代表して初詣のお願いをしたところいつもの化が発動。あまりにも良い子すぎるお願いにモモコ感動し「欲しいものがあったらキャッシュで買ってあげる」と言われ、こちらも具化でbeatmaniaIIDXコントローラ希望した。

アーケードゲーム、特に音ゲーが好きで、2020年誕生日にはメンバーから前述のコントローラプレゼントされ腕前を披露。DPの腕は不明だが少なくともSPは皆伝レベルであり、BEMANI外のキャラクターではしい上級の音ゲースキルを持つキャラクターとなった。
ゲーム音楽好きで本作のBGMアイテムを気に入っており、音楽好きのウルシと意気投合している。互いにレトロゲーム好きということも発覚、度々ディープすぎるネタを発して周りを困惑させている。この時は本心をしゃべっていることが多いため、具化はあまり出てこない。2020年誕生日イベントでは彼女たっての希望BGMアイテムBEMANIディスクが追加された。イベントスタンプ画面はまんまbeatmaniaIIDXであり、彼女譜面を処理しながらスタンプも進むというものだった。結構なレベルハイスピードオプションをかけている。

パインの登場後密かにアイドルに憧れていることがわかり、ウルシの勧めで配信者デビュー(投稿先はニコニコと思われる)。「ウルシと一緒なら」ということでユニット灰色うるし」を結成。グレイは両目隠しゲーム担当「両ちゃん」として活動している。元々の性格のため初動画の撮中は終始あがりっぱなしであり、この初心っぷりが逆に好評で人気を獲得し始めている。モモコもプライベートで彼女らの動画を見ており、「これはくる」と評価した。後日配信部屋アサギが訪ねてきたことをきっかけに新メンバーとして加入し、「新鮮灰色うるし」となった。漫画内でチャンネルも解説しており、それなりに登録者がいる模様。

本作のキャラポップアップストアがオープンしたときは虚勢をって「ばかばかしいから行かない」と言ってしまったが、内心では行きたくて仕方がなかった。実際SNSでは必死マスターを誘っている。だがこの発言の引っ込みがつかなくなってしまったため、当日は巨大ミンボー着ぐるみダブルサングラスという変装で来店。当然ながらシロどころかクロにも一発でばれたが、本人はばれてないと本気で思いこんでいた(シロく「太ぇ根性しとるな」)。なおストアではグッズを全種類3つずつ購入し、更には売り子だったシロサインめていた


関連動画


良さそうな動画がありましたら掲示板などで推薦をお願いします。


次へ»
最終更新日: 20/08/24 13:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ