ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グレート・ムタ


ヨミ: グレートムタ
掲示板をミル!
12カキコ!

グレート・ムタとは、プロレスラー武藤敬司のもう一つの人格および化身である。 地獄からの使者である。
漢字表記は「愚零闘武多


概要


1989年、当時アメリカWWFWWE)と並んで二大団体として名を馳せていたWCWマットに登場。
顔に々しいペイントを施し、忍者スタイルで妖しげな動きを見せながら戦っていた。
マネージャーがザ・グレートカブキマネージメントも務めていたため、「カブキ息子」という設定が用意されていた。
カブキ同様に用い、また、元々ヘビレスラーであるにもかかわらずスピード麗なテクニックを有していた為、外見・設定頼みにならずに実アピールし、ヒールレスラーながらも現地・アメリカ人から高い人気を得た。
中でも同じくペイントレスラーかつベビーであるスティング現在はTNA所属)とのライバル争いは、
当時のファンの中でもかなり支持の高い組み合わせであった。

アメリカに参戦する機会のくなった今尚、当時を知るアメリカプロレスファンの間の人気・知名度は群を抜いている。

グレート・ムタの名前の由来は、WCWのテレビ中継の誤植が元であるとされている。
本来であればGREAT MUTOとするところを現地テレビ放送のテロップ誤植GREAT MUTAとなってしまい、直してもらおうかと考えていたところ、
武藤MUTA、ムタ、…“ムタ”ってかっこいいよね」(出典:ビデオ「ムタイズム 伝承」内での武藤の回顧)
ということになり、ムタを使用することになったという。

武藤敬司本人の日本凱旋後、ビッグマッチでたびたび登場し日本国内でも非常に高い人気を獲得。プロレスファンの心を鷲掴みにしたほか、全各地の男子中学生ジュース等でのマネをしたりしていた。
その結果、数多くの「模造品」も出現した(模造品の一例:大仁田厚のグレート・ニタや小島聡の愚斗孤士など)。
その中で“正統”とされるものは全日本・アメリカ:TNA所属のKIYOSHI明)のみとされている。(TNAではムタの子と紹介されており、武藤KIYOSHIアメリカでのプロモーションに参加している。また、日本でも「親子タッグ」も結成している)。

”、ザ・グレートカブキとは、カブキの所属してたWAR新日本プロレスとの団体抗争戦の中で対戦が実現。
血みどろの死闘を繰り広げた。
カブキが第一線を引退すると宣言した際には、「パパと戦いたい」と言う“ムタの意向”を武藤が伝え、
「親子タッグ」を結成している。

武藤2018年3月30日に両膝の人工関節手術を受けたためにムタも3月25日DDT両国国技館大会を最後に欠場していたが、2019年4月6日アメリカプロレス団体であるHOGHouse of Groly)NYCホール大会で復帰。その後、同日に新日本プロレスマジソン・スクエア・ガーデン大会の時間差バトルロイヤルにサプライズで登場した。


関連動画



■sm2497093[ニコ動]


関連商品


■azB001QGNQZS
■azB00005G0DA


関連項目



最終更新日: 19/04/08 19:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ